中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

大野陽子

2021年世界柔道選手権ブタペスト大会 5日目

東京オリンピック前に世界柔道選手が開催される異例の出来ことですが、今週末の6月6日から13日の日程で、ハンガリーのブタペストで開催されます。





.
186558258_2966218346970290_4482710542523276860_n
Photo by 全日本柔道連盟






▶フジテレビ
6月13日(日)各階級ダイジェスト 午後16:05-
男女混合団体戦中継 午前24:30-

▶ジェイスポーツ【JSPORTS2】
6月6日(日) 午後10:30 – 深夜2:00 男子60kg級/女子48kg級
6月8日(火) 午後10:00 – 深夜2:00 男子66kg級/女子52kg級【ハイライト】、男子73kg級/女子57kg級
6月10日(木) 午後10:30 – 深夜2:00 男子81kg級/女子63kg級【ハイライト】、男子90kg級/女子70kg級
6月11日(金) 午後10:30 – 深夜2:00 男子100kg級/女子78kg級
6月12日(土) 午後10:30 – 深夜2:00 男子100kg超級/女子78kg超級
6月13日(日) 午後10:00 – 深夜2:30 男女混合団体戦
※JSPORTS様の方では、通常は会員のみの視聴となっていますが、無料放送をしていただけることになりましたので、テレビでもBSをお持ちの方はご覧いただくことができます。またJSPORTSオンデマンドでも同様に無料視聴が可能です。
※IJFの公式Youtubeチャンネルと、上記プラットフォームにて、予選〜決勝(団体戦の決勝のみジオブロック予定)がご覧いただけます。

地上波、ネットでも放送されます。



6月6日 男子60キロ級 女子48キロ級
6月7日 男子66キロ級 女子52キロ級
6月8日 男子73キロ級 女子57キロ級
6月9日 男子81キロ級 女子63キロ級
6月10日 男子90キロ級 女子70キロ級
6月11日 男子100キロ級 女子78キロ級
6月12日 男子100キロ超級 女子78キロ超級
6月13日 男女混合団体戦

日本代表
男子
60キロ級 永山竜樹(了德寺大学職)、古賀玄暉(旭化成)
66キロ級 丸山城志郎(ミキハウス)
73キロ級 橋本壮市(パーク24)
81キロ級 藤原崇太郎(旭化成)
90キロ級 長澤憲大(パーク24)、村尾三四郎(東海大学)
100キロ級 飯田健太郎(旭化成)
100キロ超級 影浦心(日本中央競馬会)
男女混合団体戦 73キロ級 原田健士(ALSOK)、90キロ級 増山香補(パーク24)、90キロ超級 佐藤和哉(日本製鉄)


女子
48キロ級 角田夏実(了德寺大学職)、古賀若菜(山梨学院大学)
52キロ級 志々目愛(了德寺大学職)
57キロ級 玉置桃(三井住友海上火災保険)
63キロ級 鍋倉那美(所属なし)
70キロ級 大野陽子(コマツ)
78キロ級 梅木真美(ALSOK)
78キロ超級 朝比奈沙羅(ビッグツリー)、冨田若春(コマツ)
男女混合団体戦 57キロ級 舟久保遥香(三井住友海上火災保険)、70キロ級 新添左季(自衛隊体育学校)、70キロ超級 秋場麻優(ALSOK)



IJF大会概要

男子
90キロ級

第1シード SHERAZADISHVILI,Nikoloz(ESP)
第2シード TOTH,Krisztian(HUN)
第3シード SILVA MORALES,Ivan Felipe(CUB)
第4シード GVINIASHVILI,Beka(GEO)
第5シード 長澤憲大(パーク24)
第6シード BOBONOV,Davlat(UZB)
第7シード NYMAN,Marcus(SWE)
第8シード TRIPPEL,Eduard(GER)

長澤選手はプールBに配され、2回戦でSTEWART,Max(GBR)選手と対戦し、2分15秒上四方固めで一本勝ち。
3回戦はMUNGAI,Nicholas(ITA)選手と対戦し、2分33秒内股で一本勝ち。
プール決勝はFEUILLET,Remi(MRI)選手と対戦し、
村尾選手はプールDに配され、1回戦でMOCANU,Iurie(MDA)選手と対戦し、52秒小外掛けで一本勝ち。
2回戦は第6シードのBOBONOV,Davlat(UZB)選手と対戦し、両者指導2でゴールデンスコアに突入。BOBONOV,Davlat(UZB)選手の大腰を潰し、残っていた腕を十字固めに取ろうとしたところ、それを嫌って隅落としに近い状態になり、主審は村尾選手に技ありを宣告。しかし、審議が入り、立ち姿勢で肘関節を極めたということで、村尾選手に指導が与えられ、指導3による反則負け。
この裁定はおかしいと感じます。そもそも立ち技で関節を極めたのであれば一発で反則負けです。ところが今回は指導です。主審のゼスチャーは肘を押さえてから指導を与えましたので、肘関節を極めたことによる移動であるのは明白です。相手は両膝、片手を着き寝姿勢の状態です。ここで関節を極めるのは反則ではないはずです。


これらは有効なアクションであり、「指導」は与えられない。

立ち姿勢の動きが終わり、両選手が明らかに寝技に移行した場合に限り脚を掴ん

でもよい。

受が寝技のポジションなので、立ち姿勢の取は関節技や絞技を施すことができる。

ちょっとすっきりしない判定でした。
2020IJFレフリー&コーチセミナー動画での説明でも、指導ではないと説明されています。

参考動画(15 Kansetsu from Tachi waza Shido)内の121a 、121bが同様のケースです。

参考例では、受けの選手が右片手で右袖釣り込み腰を掛け、そのまま両膝を着き、左手を畳に着いた状態で、取りの選手が受けの選手の右手の肘関節を取りに行っていますが、指導ではないという見解になっています。
明らかに誤審だと思うのですが、どうなんでしょうか?
違う見解もあるのであれば、聞いてみたいです。



準決勝
SHERAZADISHVILI,Nikoloz(ESP)〇(2:56 釣腰)△長澤憲大(パーク24)
TOTH,Krisztian(HUN)△(4:00 優勢勝ち)〇BOBONOV,Davlat(UZB)

3位決定戦
NYMAN,Marcus(SWE)〇(GS4:19 優勢勝ち)△長澤憲大(パーク24)

組手争いから先手で攻めるのは長澤選手というような展開が続くも、やや厳しい掛け逃げ指導を貰い、指導数1対2でゴールデンスコアに突入。奥襟を引き付けられ、隅返しに入られると、一瞬耐えたものの強引に回されてしまい技あり。

決勝
SHERAZADISHVILI,Nikoloz(ESP)〇(GS5:49 大内刈り)△BOBONOV,Davlat(UZB)


優 勝 SHERAZADISHVILI,Nikoloz(ESP)
準優勝 BOBONOV,Davlat(UZB)
第三位 NYMAN,Marcus(SWE)
第三位 TOTH,Krisztian(HUN)
第五位 GANTULGA,Altanbagana(MGL)
第五位 長澤憲大(パーク24)
第七位 BOZBAYEV,Islam(KAZ)
第七位 FEUILLET,Remi(MRI)



女子
70キロ級
第1シード GAHIE,Marie Eve(FRA)
第2シード VAN DIJKE,Sanne(NED)
第3シード 大野陽子(コマツ)
第4シード POLLERES,Michaela(AUT)
第5シード SCOCCIMARRO,Giovanna(GER)
第6シード PORTELA,Maria(BRA)
第7シード TIMO,Barbara(POR)
第8シード BUTKEREIT,Miriam(GER)

大野選手はプールDに配され、2回戦でCHYSTIAKOVA,Nataliia(UKR)選手と対戦し、相手の浮技を潰しそのまま横四方固めに抑え込み、1分56秒一本勝ち。
3回戦はHOWELL,Gemma(GBR)選手と対戦し、ゴールデンスコア5分51秒内股で一本勝ち。
プール決勝はPORTELA,Maria(BRA)選手と対戦し、2分39秒片手絞めで一本勝ち。今日の大野選手は強いです。


準決勝
MATIC,Barbara(CRO)〇(GS7:37 優勢勝ち)△POLLERES,Michaela(AUT)VAN DIJKE,Sanne(NED)△(GS6:52 横四方固)〇大野陽子(コマツ)

開始早々に不用意に相手の大外刈りを受け、技ありを失います。一本と言われても仕方ない投げられ方でしたが、主審から遠い側に投げられたこともあり、やや判定は甘かったです。九死に一生を得た大野選手の反撃が素晴らしかった。前進を止めず、プレッシャーを掛け続け、場外指導、消極的指導と追い込みます。そして残り30秒ほどのところでついに内股で押し込んで技ありを取り返します。ゴールデンスコアに入り、相手の歯が手に当たったとアピールしますが、逆に消極的な指導を貰います。ここから気合を入れ直し、再び前進開始。VAN DIJKE,Sanne(NED)選手の隅返しに乗じて横四方固めに入ると、参った。見事な逆転の一本勝ちで決勝進出です。

決勝
MATIC,Barbara(CRO)〇(4:00 優勢勝ち)△大野陽子(コマツ)

MATIC,Barbara(CRO)選手が先に攻め、それを潰して大野選手が寝技で攻める展開が続き、やや消極的な大野選手に指導。次いで片襟の指導が相手に与えられます。大野選手が徐々にプレッシャーを強め、内股に入ろうと左足を差し込んだタイミングで小外掛けを受け、これが決まり技あり。そのまま逆転を狙い片手絞めで攻めるもタイムアップ。

優 勝 MATIC,Barbara(CRO)
準優勝 大野陽子(コマツ)
第三位 POLLERES,Michaela(AUT)
第三位 VAN DIJKE,Sanne(NED)
第五位 BUTKEREIT,Miriam(GER)
第五位 FLETCHER,Megan(IRL)
第七位 COUGHLAN,Aoife(AUS)
第七位 PORTELA,Maria(BRA)




ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

2018年世界柔道選手権大会 男子90キロ級 女子70キロ級

9月20日から27日の日程で、アゼルバイジャンの首都バクーで2018年世界柔道選手権大会が開催されます。

2018wcbaku01
(Photo by 全日本柔道連盟

会場は、National Gymnastics Arena

アゼルバイジャンと日本の時差は5時間です。(日本時間が5時間早い)

19日に個人戦と団体戦の組み合わせが行われ、20日に男子60キロ級、女子48キロ級が行われ、以下1日に人階級づつ行われます。

最終日の27日に、男女混合の団体戦が行われます。

個人戦の試合は10時から始まり、準決勝以上は16時(いずれも現地時間)から行われるようです。
(日本時間15時ころから、ファイナルブロックは21時ころから開始)
団体戦は9時から始まるようです。


日程
19日 組み合わせ抽選
20日 男子60キロ級(高藤直寿選手、永山竜樹選手)、女子48キロ級(渡名喜風南選手)
21日 男子66キロ級(阿部一二三選手)、女子52キロ級(志々目愛選手、阿部詩選手)
22日 男子73キロ級(橋本壮市選手)、女子57キロ級(芳田司選手)
23日 男子81キロ級(藤原崇太郎選手)、女子63キロ級(田代未来選手)
24日 男子90キロ級(長澤憲大選手)、女子70キロ級(大野陽子選手、新井千鶴選手)
25日 男子100キロ級(ウルフ・アロン選手)、女子78キロ級(濱田尚里選手)
26日 男子100キロ超級(原沢久喜選手、小川雄勢選手)、女子78キロ超級(朝比奈沙羅選手)
27日 男女混合団体戦(73キロ級 立川新選手、90キロ級 向翔一郎選手、57キロ級 玉置桃選手、70キロ超級 素根輝選手)

組み合わせ
男子90キロ級 長澤憲大選手
世界ランキング9位の長澤選手はシード外。
第1シードはKUKOLJ, Aleksandar選手(SRB)、第2シードはGVINIASHVILI, Beka選手(GEO)、第3シードはSHERAZADISHVILI, Nikoloz選手(ESP)、第4シードがGWAK, Donghan選手(KOR)となっています。
長澤選手は、プールAの2回戦でFINESSE, Nantenaina選手(SEY)と対戦します。同じプールには第1シードのKUKOLJ, Aleksandar選手(SRB)、第8シードのGANTULGA, Altanbagana選手(MGL)がおり、3回戦で第8シードのGANTULGA, Altanbagana選手(MGL)と対戦する組み合わせです。

長澤選手の初戦は、FINESSE, Nantenaina選手(SEY)と対戦し、相手が中途半端に潰れようとしたタイミングを逃さずま捲り返して技ありを奪い、そのまま上四方固めに抑え込んで1分16秒合わせ技で一本勝ち。
3回戦は、第8シードのGANTULGA, Altanbagana選手(MGL)と対戦し、24秒袖釣り込み腰で一本勝ち。
4回戦は、MARGIANI,Ushangi選手(GEO)と対戦し、密着したい相手に対し距離を取りたい長澤選手が上手くコントロールし、内股などで攻めますが決めきれません。流れは長澤選手ですが、ゴールデンスコアに突入。お互いに指導1の状態から、長澤選手が攻勢を強め、消極的指導が相手に与えられます。最後は密着して小外掛けを狙ったMARGIANI,Ushangi選手ですが、これがベアハグとなり指導が与えられ、6分26秒反則勝ち。
準々決勝は、SILVA MORALES,Ivan Felipe選手(CUB)と対戦し、本戦はお互いに譲らず指導1のみ。ゴールデンスコアに入り消耗戦の模様。お互いに指導1を追加され、後の無くなった状態で、最後は長澤選手の背負い投げが掛け逃げと見なされ指導3による反則負け。敗者復活戦へ。


敗者復活戦
長澤憲大選手対USTOPIRIYON,Komronshokh選手 (TJK)

長澤選手が終了間際に大腰で技ありを奪い優勢勝ち。3位決定戦へ。

準決勝
SILVA MORALES,Ivan Felipe選手(CUB)対CLERGET,Axel選手 (FRA)
SILVA MORALES,Ivan Felipe選手が2分24秒一本勝ち。

TOTH,Krisztian選手(HUN)対SHERAZADISHVILI,Nikoloz選手(ESP)
ゴールデンスコアに入り、SHERAZADISHVILI,Nikoloz選手が6分17秒技ありを奪い優勢勝ち。

3位決定戦
長澤憲大選手対TOTH,Krisztian選手(HUN)
長澤選手が片手の内股で技ありを先制するも、前の技にいくフェイントから小外掛けで技ありを取り返される。本戦では決着付かず、ゴールデンスコアに突入。準々決勝同様消耗戦となる。7分43秒長澤選手が相手の中途半端な巻き込みを捲り返して技ありを奪い合わせ技で一本勝ち。個人戦初出場で銅メダル獲得。

TRIPPEL,Eduard選手(GER)対CLERGET,Axel選手 (FRA)
TRIPPEL,Eduard選手が技ありを先制するも、CLERGET,Axel選手 が2分3秒逆転の一本勝ち。

決勝
SILVA MORALES,Ivan Felipe選手(CUB)対SHERAZADISHVILI,Nikoloz選手(ESP)
本戦で技ありを取り合い、ゴールデンスコアに突入。6分18秒、SHERAZADISHVILI,Nikoloz選手が内股で技ありを奪い合わせ技で逆転の一本勝ち。

優 勝 SHERAZADISHVILI,Nikoloz(ESP)
準優勝 SILVA MORALES,Ivan Felipe(CUB)
第3位 長澤憲大
第3位 CLERGET,Axel (FRA)


女子70キロ級 大野陽子選手、新井千鶴選手
世界チャンピオンの新井選手は世界ランキング6位で第5シード、大野選手は世界ランキング12位でシード外です。
第1シードはPORTELA, Maria選手(BRA)、第2シードはGAHIE, Marie Eve選手(FRA)、第3シードはBERNHOLM, Anna選手(SWE)、第4シードがVAN DIJKE, Sanne選手(NED)となっています。
新井選手は、プールCの2回戦でAGONO WORA, Karene選手(GAB)とHOWELL, Gemma選手(GBR)の勝者と対戦です。同じプールには第4シードのVAN DIJKE, Sanne選手(NED)がいます。
大野選手は、プールDの1回戦でMATNIYAZOVA, Gulnoza選手(UZB)と対戦します。2回戦では、第3シードのBERNHOLM, Anna選手(SWE)と対戦する組み合わせです。同じプールには第6シードのNIANG, Assmaa選手(MAR)がいます。
新井選手は第1シードのPORTELA, Maria選手(BRA)と第8シードのZUPANCIC, Kelita選手(CAN)の勝者と、大野選手は第2シードのGAHIE, Marie Eve選手(FRA)と第7シードのCONWAY, Sally選手(GBR)の勝者と準決勝で対戦する組み合わせです。

大野選手の初戦は、MATNIYAZOVA, Gulnoza選手(UZB)と対戦し、相手の技を潰し、すかさず後ろについて股から手を入れひっくり返し横四方固めに入り2分13秒一本勝ち。
2回戦は、第3シードのBERNHOLM, Anna選手(SWE)と対戦し、本戦は寝技で攻勢を掛けるも仕留められずゴールデンスコアに突入。ややスタミナ切れになったか指導2まで追い込まれるが、ようやく寝技の攻防で抑え込み、8分19秒横四方固めで一本勝ち。
3回戦は、RODRIGUEZ,Sara選手(ESP)と対戦し、前半はお互いによく攻め合い、終盤に差し掛かり相手の袖釣り込みを返すも不十分。しかし、そこから寝技に入り、上四方固めに抑え込み3分3秒一本勝ち。
準々決勝は、NIANG,Assmaa選手 (MAR)と対戦し、中盤に小外掛けを受け1分56秒一本負け。敗者復活戦へ。

新井選手の初戦は、HOWELL, Gemma選手(GBR)と対戦し、引手をしっかりと持つものの釣り手を持てず、内股で攻勢を掛けるが決めきれません。やや相手が疲れた終盤、ようやく釣り手を確保し内股で技ありを奪い、そのまま袈裟固めに抑え込んで2分53秒合わせ技で一本勝ち。
3回戦は、SCOCCIMARRO,Giovanna選手(GER)と対戦し、お互いに内股を掛け合う一進一退の攻防が続きます。全体的な流れは新井選手ながらも決めきれません。ゴールデンスコアに入り、中途半端な大内刈りを返して技ありを奪い優勢勝ち。
準々決勝は、ALVEAR,Yuri選手(COL)と対戦し、相手が右の小外掛けに来たところを隅落としで切り返し技あり。寝技のチャンスは逃してしまうが、そのまままとめて優勢勝ち。


敗者復活戦
CONWAY,Sally選手 (GBR)対大野陽子選手
ゴールデンスコアに入り、4分53秒大野選手が内股で技ありを奪い優勢勝ち。3位決定戦へ。

準決勝
PEREZ,Maria選手(PUR)対新井千鶴選手
新井選手が3分4秒内股から大内刈りに変化し一本勝ち。

GAHIE,Marie Eve選手(FRA)対NIANG,Assmaa選手 (MAR)
GAHIE,Marie Eve選手が2分13秒一本勝ち。

3位決定戦
ALVEAR,Yuri選手(COL)対NIANG,Assmaa選手 (MAR)
ALVEAR,Yuri選手が2分6秒一本勝ち。

大野陽子選手対PEREZ,Maria選手(PUR)
ゴールデンスコアに入り、大野選手が4分45秒指導3による反則勝ち。初出場で銅メダル確保。

決勝
新井千鶴選手対GAHIE,Marie Eve選手(FRA)
開始早々、中途半端な内股を相手に小外掛けで返され技あり。新井選手が内股で技ありを奪い、そのまま縦四方固めに抑え込み2分31秒合わせ技で逆転の一本勝ち。二連覇達成!

優 勝 新井千鶴
準優勝 GAHIE,Marie Eve(FRA)
第3位 ALVEAR,Yuri(COL)
第3位 大野陽子


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ