中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

全日本柔道選手権

令和4年全日本柔道選手権大会

4月29日に日本武道館で令和4年全日本柔道選手権大会が行われます。
1回戦から決勝までを独断と偏見と希望をもって行った予想と、現実の試合結果を比較しながら見たいと思います。




R4全日本ポスター-thumb-autox452-9063
2022_jjc_bnr
Photo by 講道館

組み合わせ

大会速報


推薦
太田彪雅(旭化成)
羽賀龍之介(旭化成)
影浦心(日本中央競馬会)
向翔一郎(ALSOK)
大野将平(旭化成)
髙藤直寿(パーク24)
原沢久喜(長府工業)

北海道予選
優 勝 相木飛磨(北海道警察)
準優勝 横田雄斗(北海道警察)

東北予選
優 勝 阿部拓馬(山形県警察)
準優勝 佐々木輝(秋田県警察)

関東予選
優 勝 前田宗哉(自衛隊体育学校)
準優勝 熊代佑輔(国際武道大教)
第三位 千野根有我(筑波大)
第四位 野々内悠真(京葉ガス)
第五位 関根聖隆(日本エースサポート)
第六位 尾方寿應(神奈川県警察)

東京都予選
優 勝 斉藤立(国士舘大)
準優勝 松村颯祐(パーク24)
第三位 石村健真(日本大)
第三位 中西一生(国士舘大)
第五位 小川雄勢(パーク24)
第五位 王子谷剛志(旭化成)
第五位 小原挙哉(パーク24)
第五位 佐藤和哉(日本製鉄)欠場→石山潤平(パーク24)
第九位 一色勇輝(日本中央競馬会)
第十位 香川大吾(ALSOK)

北信越予選
優 勝 中村拓郎(大阪府警察)
準優勝 五十嵐遼介(新潟県警察)

東海予選
優 勝 小林悠輔(渡邉電設)
準優勝 田中大勝(アドヴィックス)

近畿予選
優 勝 中野寛太(天理大)
準優勝 西尾徹(大阪府警察)
第三位 上田轄麻(日本製鉄)
第三位 田中源大(日本製鉄)
第五位 黒岩貴信(日本製鉄)
第五位 小川竜昂(日本製鉄)

中国予選
優 勝 福本翼(広島県警察)
準優勝 上川大樹(広島刑務所)

四国予選
優 勝 高木育純(香川県警察)
準優勝 阿河夢斗(愛媛県警察)

九州予選
優 勝 垣田恭兵(旭化成)
準優勝 尾原琢仁(旭化成)
第三位 山本悠司(旭化成)
第三位 中園史寛(福岡県警察)
第五位 川田修平(旭化成)
第五位 笠原大雅(福岡県警察)

1回戦
1-1 福本翼(広島県警察)△(1:56  内股)〇千野根有我(筑波大)
1-2 山本悠司(旭化成)〇(GS4:11 優勢勝ち)△尾方寿應(神奈川県警察)
1-3 向翔一郎(ALSOK)〇(1:57 小外掛け)△阿部拓馬(山形県警察)
1-4 小原挙哉(パーク24)〇(GS6:22 反則勝ち)△田中源大(日本製鉄)
1-5 高木育純(香川県警察)△(1:26 大外刈り)〇中西一生(国士舘大)
1-6 小林悠輔(渡邉電設)〇(2:23 大外刈り)△西尾徹(大阪府警察)
1-7 石村健真(日本大)△(GS4:20  優勢勝ち)〇熊代佑輔(国際武道大教)
1-8 中野寛太(天理大)〇(2:54 内股)△上川大樹(広島刑務所)
1-9 関根聖隆(日本エースサポート)〇(GS6:53 反則勝ち)△中村拓郎(大阪府警察)
1-10 前田宗哉(自衛隊体育学校)〇(4:00 優勢勝ち)△大野将平(旭化成)
1-11 田中大勝(アドヴィックス)〇(1:12 十字固め)△髙藤直寿(パーク24)
1-12 黒岩貴信(日本製鉄)〇(3:13 大外刈り)△野々内悠真(京葉ガス)
1-13 中園史寛(福岡県警察)〇(4:00 優勢勝ち)△石山潤平(パーク24)
1-14 松村颯祐(パーク24)〇(2:27 横四方固)△尾原琢仁(旭化成)
1-15 香川大吾(ALSOK)〇(1:45 払腰)△横田雄斗(北海道警察)

2回戦
2-1 太田彪雅(旭化成)〇(GS5:39 反則勝ち)△小川竜昂(日本製鉄)
2-2 笠原大雅(福岡県警察)△(4:00 優勢勝ち)〇千野根有我(筑波大)
2-3 小川雄勢(パーク24)〇(2:57 体落とし)△山本悠司(旭化成)
2-4 五十嵐遼介(新潟県警察)△(1:02 体落とし)〇向翔一郎(ALSOK)
2-5 垣田恭兵(旭化成)△(3:31 巴投)〇小原挙哉(パーク24)
2-6 相木飛磨(北海道警察)〇(GS4:22 優勢勝ち)△中西一生(国士舘大)
2-7 影浦心(日本中央競馬会)〇(4:00 優勢勝ち)△小林悠輔(渡邉電設)
2-8 川田修平(旭化成)〇(4:00 優勢勝ち)△熊代佑輔(国際武道大教)
2-9 羽賀龍之介(旭化成)〇(GS5:29 送襟絞め)△中野寛太(天理大)
2-10 一色勇輝(日本中央競馬会)〇(GS6:36  小内刈り)△関根聖隆(日本エースサポート)
2-11 斉藤立(国士舘大)〇(GS5:12 内股)△前田宗哉(自衛隊体育学校)
2-12 上田轄麻(日本製鉄)〇(4:00 優勢勝ち)△田中大勝(アドヴィックス)
2-13 王子谷剛志(旭化成)〇(0:59 腕緘)△黒岩貴信(日本製鉄)
2-14 佐々木輝(秋田県警察)〇(3:33 合わせ技)△中園史寛(福岡県警察)
2-15 原沢久喜(長府工業)〇(1:03 内股)△松村颯祐(パーク24)
2-16 阿河夢斗(愛媛県警察)△(2:49 大外刈り)〇香川大吾(ALSOK)


3回戦
3-1 太田彪雅(旭化成)〇(1:36 横四方固)△千野根有我(筑波大)
3-2 小川雄勢(パーク24)〇(2:20 隅落とし)△向翔一郎(ALSOK)
3-3 小原挙哉(パーク24)〇(0:29 横四方固)△相木飛磨(北海道警察)
3-4 影浦心(日本中央競馬会)〇(GS5:57 肩固)△川田修平(旭化成)
3-5 羽賀龍之介(旭化成)△(GS5:07 反則勝ち)〇一色勇輝(日本中央競馬会)
3-6 斉藤立(国士舘大)〇(GS4:26 反則勝ち)△上田轄麻(日本製鉄)
3-7 王子谷剛志(旭化成)〇(3:56 反則勝ち)△佐々木輝(秋田県警察)
3-8 原沢久喜(長府工業)〇(GS7:47 反則勝ち)△香川大吾(ALSOK)


準々決勝
4-1 太田彪雅(旭化成)△(GS10:01 反則勝ち)〇小川雄勢(パーク24)
4-2 小原挙哉(パーク24)△(GS8:46 横四方固)〇影浦心(日本中央競馬会)
4-3 一色勇輝(日本中央競馬会)△(2:08 合わせ技)〇斉藤立(国士舘大)
4-4 王子谷剛志(旭化成)△(GS4:53 縦四方固)〇原沢久喜(長府工業)

準決勝
5-1 小川雄勢(パーク24)△(GS8:57 反則勝ち)〇影浦心(日本中央競馬会)
5-2 斉藤立(国士舘大)〇(GS9:56 反則勝ち)△原沢久喜(長府工業)


決勝
影浦心(日本中央競馬会)△(GS14:21 優勢勝ち)〇斉藤立(国士舘大)

優 勝 斉藤立(国士舘大)
準優勝 影浦心(日本中央競馬会)
第三位 小川雄勢(パーク24)
第三位 原沢久喜(長府工業)
第五位 太田彪雅(旭化成)
第五位 小原挙哉(パーク24)
第五位 一色勇輝(日本中央競馬会)
第五位 王子谷剛志(旭化成)


優勝は期待の大器、斉藤立(国士舘大)選手。
怪我による稽古不足が懸念されましたが、想像以上に強くなっていました。
原沢久喜(長府工業)選手、影浦心(日本中央競馬会)選手とオリンピック、世界選手権のメダリストを破っての優勝ですから価値があります。
影浦選手はもう一歩でしたが、課題であった相四つの組手が進歩していました。
原沢選手も辛抱強く戦っていました。

初優勝が期待された小川雄勢(パーク24)選手は、準々決勝で連覇を目指した太田彪雅(旭化成)選手を破り、戦いぶりも以前と違う積極的な展開が目立ちました。準決勝の影浦選手との戦いは、不用意なピストルグリップによる指導が痛かったですね。

太田選手は小川選手のようなタイプに課題が残りました。世界で戦うにはあのようなタイプに対応しないと勝てません。組手の強さを感じていただけに、ちょっと意外な脆さでした。

今大会のMIPは、間違いなく小原挙哉(パーク24)選手。
81キロ級の選手ながら超級の選手に勝ち、曲者垣田恭兵(旭化成)選手を巴投で放り投げ、ベスト8進出ですから見事です。

大野将平(旭化成)選手と前田宗哉(自衛隊体育学校)選手の戦いは、力が入りましたね。
大外刈りの打ち合いは、見ている方も力が入りました。

今年の全日本も面白かったですね。

















ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村




令和4年全日本柔道選手権大会展望 3回戦~決勝

4月29日に日本武道館で令和4年全日本柔道選手権大会行われます。
1回戦から決勝までを独断と偏見と希望をもって予想してみたいと思います。




R4全日本ポスター-thumb-autox452-9063
2022_jjc_bnr
Photo by 講道館

組み合わせ

大会速報


推薦
太田彪雅(旭化成)
羽賀龍之介(旭化成)
影浦心(日本中央競馬会)
向翔一郎(ALSOK)
大野将平(旭化成)
髙藤直寿(パーク24)
原沢久喜(長府工業)

北海道予選
優 勝 相木飛磨(北海道警察)
準優勝 横田雄斗(北海道警察)

東北予選
優 勝 阿部拓馬(山形県警察)
準優勝 佐々木輝(秋田県警察)

関東予選
優 勝 前田宗哉(自衛隊体育学校)
準優勝 熊代佑輔(国際武道大教)
第三位 千野根有我(筑波大)
第四位 野々内悠真(京葉ガス)
第五位 関根聖隆(日本エースサポート)
第六位 尾方寿應(神奈川県警察)

東京都予選
優 勝 斉藤立(国士舘大)
準優勝 松村颯祐(パーク24)
第三位 石村健真(日本大)
第三位 中西一生(国士舘大)
第五位 小川雄勢(パーク24)
第五位 王子谷剛志(旭化成)
第五位 小原挙哉(パーク24)
第五位 佐藤和哉(日本製鉄)欠場→石山潤平(パーク24)
第九位 一色勇輝(日本中央競馬会)
第十位 香川大吾(ALSOK)

北信越予選
優 勝 中村拓郎(大阪府警察)
準優勝 五十嵐遼介(新潟県警察)

東海予選
優 勝 小林悠輔(渡邉電設)
準優勝 田中大勝(アドヴィックス)

近畿予選
優 勝 中野寛太(天理大)
準優勝 西尾徹(大阪府警察)
第三位 上田轄麻(日本製鉄)
第三位 田中源大(日本製鉄)
第五位 黒岩貴信(日本製鉄)
第五位 小川竜昂(日本製鉄)

中国予選
優 勝 福本翼(広島県警察)
準優勝 上川大樹(広島刑務所)

四国予選
優 勝 高木育純(香川県警察)
準優勝 阿河夢斗(愛媛県警察)

九州予選
優 勝 垣田恭兵(旭化成)
準優勝 尾原琢仁(旭化成)
第三位 山本悠司(旭化成)
第三位 中園史寛(福岡県警察)
第五位 川田修平(旭化成)
第五位 笠原大雅(福岡県警察)

1回戦
1-1 福本翼(広島県警察)△(0:00 )〇千野根有我(筑波大)
 どちらも一本を取れる技を持った大型選手同士の対戦です。ケンカ四つということで期待を込めて千野根選手を推します。

1-2 山本悠司(旭化成)〇(0:00 )△尾方寿應(神奈川県警察)
 中量級同士の対戦です。地元神奈川の尾方選手を推したいところですが、山本選手が1枚上でしょうか。

1-3 向翔一郎(ALSOK)〇(0:00 )△阿部拓馬(山形県警察)
 同じ90キロ級ということで、向選手は絶対に負けられない戦いです。東北大会を制した阿部選手の勢いがどこまで通用するかが楽しみな一戦です。

1-4 小原挙哉(パーク24)〇(0:00 )△田中源大(日本製鉄)
 大型選手を苦にしない力強い組手の小原選手と、足技の巧い田中選手の対戦。左の相四つということで、普通ならば田中選手のパワーが生きますが、小原選手の組手も一級品です。小原選手が組み勝って押し切ると読みます。

1-5 高木育純(香川県警察)△(0:00 )〇中西一生(国士舘大)
 ほぼ同体格の2人ですが、中西選手の勢いが勝ると思います。

1-6 小林悠輔(渡邉電設)〇(0:00 )△西尾徹(大阪府警察)
 前回大会の小林選手の安定感は素晴らしかったです。西尾選手も強い選手ですが、小林選手が上回ると思います。

1-7 石村健真(日本大)△(0:00 )〇熊代佑輔(国際武道大教)
 若い石村選手が、超ベテラン熊代選手に挑む一戦。比較的柔道が素直な石村選手が、勢いで熊代ワールドを攻略できるでしょうか。

1-8 中野寛太(天理大)〇(0:00 )△上川大樹(広島刑務所)
 若手有望株の中野選手が、ベテラン上川選手に挑みます。実績では上川選手ですが、ここ数年スタミナに難があります。対する中野選手は昇り調子。ここは中野選手が押し切ると思います。

1-9 関根聖隆(日本エースサポート)△(0:00 )〇中村拓郎(大阪府警察)
 一本背負い、一本大外と攻めまくる関根選手と昨年に続き出場の中村選手の対戦。ケンカ四つの対戦です。上背のある中村選手がやや有利か。関根選手は何とか懐に潜り込みたいところですが、相性的にはもうひとつかもしれません。

1-10 前田宗哉(自衛隊体育学校)△(0:00 )〇大野将平(旭化成)
 相四つ得意の前田選手とオリンピックチャンピオン大野選手の注目の一戦。お互いに右組で、大外刈りが得意な両者。真っ向から大外刈りの打ち合いになるのを見たいです。大野選手のカギは巴投げと読みますが、どうでしょうか。重量級にも引けをとらない体の強さを持つ大野選手ですので、前田選手もうかつには行けないと思います。

1-11 田中大勝(アドヴィックス)〇(0:00 )△髙藤直寿(パーク24)
 オリンピックチャンピオンの高藤選手が再び全日本に挑みます。田中選手は90キロ級の選手で、左の相四つ。捕まると厳しいと思います。高藤選手が勝つには、捕まらずに足技で勝負だと思いますが、どうでしょうか。

1-12 黒岩貴信(日本製鉄)〇(0:00 )△野々内悠真(京葉ガス)
 大型の黒岩選手に90キロ級の野々内選手が挑みます。野々内選手は捕まらずに動きながら勝機を見出したいところです。体格差がかなりありますので、最後は黒岩選手が押し切る展開か。

1-13 中園史寛(福岡県警察)△(0:00 )〇石山潤平(パーク24)
 内股得意な81キロ級の中園選手が左、100キロ級の石山選手が右のケンカ四つ。体重差はありますが、中園選手が密着戦で勝機を見出せるか。

1-14 松村颯祐(パーク24)〇(0:00 )△尾原琢仁(旭化成)
 大型選手同士の好カードです。ケンカ四つとなりますが、尾原選手が攻め込めるでしょうか。松村選手は器用ですので、思いもよらぬ技で投げる可能性も。

1-15 香川大吾(ALSOK)〇(0:00 )△横田雄斗(北海道警察)
 このところ強さが際立つ香川選手。自分より小さな選手と戦うのが上手いですから、ここは順当勝ちだと思います。

2回戦
2-1 太田彪雅(旭化成)〇(0:00 )△小川竜昂(日本製鉄)
 前年度の全日本王者太田選手に小川竜選手選手が挑む一戦です。小川竜選手も全日本の常連と言って良い選手ですが、このところの充実度の高い太田選手の相手は荷が重そうです。

2-2 笠原大雅(福岡県警察)△(0:00 )〇千野根有我(筑波大)
 体格差のある戦いですが、小柄な選手を取るのが上手い千野根選手が優位ではないかと思います。

2-3 小川雄勢(パーク24)〇(0:00 )△山本悠司(旭化成)
 この試合も体格差のある対戦となります。小川選手の圧力を山本選手が逃がし続けるのは至難の業。

2-4 五十嵐遼介(新潟県警察)△(0:00 )〇向翔一郎(ALSOK)
 五十嵐選手右、向選手左のケンカ四つ。向選手が担げるかがポイントとなりそうです。五十嵐選手は辛抱して向選手が雑になるところに付け入りたいです。

2-5 垣田恭兵(旭化成)〇(0:00 )△小原挙哉(パーク24)
 曲者同士の対戦です。両者とも組手に自信を持っており、どちらが優位に運べるかで試合の流れが決まりそうです。垣田選手は大型選手を捌くのは上手いのですが、同階級以下にはやや弱さを見せますので、小原選手にも十分チャンスはあると思います。

2-6 相木飛磨(北海道警察)△(0:00 )〇中西一生(国士舘大)
 右の相四つの対戦ですが、中西選手の勢いが上回りそうです。

2-7 影浦心(日本中央競馬会)〇(0:00 )△小林悠輔(渡邉電設)
 注目の一戦です。両者左の相四つです。組手は小林選手が一枚上手かもしれませんが、影浦選手から具体的にポイントを奪うのは難しい気がします。小林選手が組手で先手を取り、指導を先行すれば面白い展開になると思いますが、影浦選手も奮起してくると思いますので、影浦選手を推します。

2-8 川田修平(旭化成)△(0:00 )〇熊代佑輔(国際武道大教)
 川田選手は左、熊代選手は基本左。勢いでは川田選手ですが、それを包み込む包容力が熊代選手にはあります。勢いで押し切らないと、熊代選手の術中に嵌ってしまう予感です。

2-9 羽賀龍之介(旭化成)〇(0:00 )△中野寛太(天理大)
 この試合も注目の一戦です。羽賀選手の組手は芸術の域ですが、それを中野選手の圧力で突破できるかがポイント。羽賀選手が下がらざるを得ない展開に持ち込めば、チャンスありです。

2-10 一色勇輝(日本中央競馬会)△(0:00 )〇中村拓郎(大阪府警察)
 右の相四つの本格派重量級の対戦です。圧力では中村選手が上回る予感ですが、一色選手はそれを捌きつつチャンスを伺いたいところです。勢いで中村選手が上回ると予想します。

2-11 斉藤立(国士舘大)〇(0:00 )△大野将平(旭化成)
 これぞ全日本の醍醐味と言える組み合わせです。選抜体重別で太田選手と両者反則負けとなったものの、実力的には日本でトップクラスといって過言ではない斉藤選手と、オリンピック2連覇のレジェンド大野選手の対戦。斎藤選手は距離を詰めて、大外、体落とし、大内で追い詰めるのが安全策です。対する大野選手は、斉藤選手を焦らせて前に出てくるところを内股、大腰で回したいところ。真っ向勝負を宣言している大野選手がどんな戦い、戦術で挑むのかが楽しみです。

2-12 上田轄麻(日本製鉄)〇(0:00 )△田中大勝(アドヴィックス)
 ケンカ四つの両者ですが、体格に上回る上田選手が有利だと思います。

2-13 王子谷剛志(旭化成)〇(0:00 )△黒岩貴信(日本製鉄)
 大型選手同士の対戦は王子谷選手右、黒岩選手左のケンカ四つ。ケンカ四つ苦手な王子谷選手ですが、どうでしょうか。王子谷選手の支えつり込み足がカギを握ると思います。

2-14 佐々木輝(秋田県警察)△(0:00 )〇石山潤平(パーク24)
 両者右の相四つですが、体格で佐々木選手が大きく上回ります。石山選手は中途半端な技では返されますので、しっかりと崩して入りたいところです。

2-15 原沢久喜(長府工業)〇(0:00 )△松村颯祐(パーク24)
 オリンピック代表の原沢選手と次世代のホープ松村選手の対戦です。両者右の相四つですが、上背では原沢選手が上回ります。普通に組んだら原沢選手が上ですが、松村選手も器用なところがありますので、何か仕掛けて来そうです。

2-16 阿河夢斗(愛媛県警察)△(0:00 )〇香川大吾(ALSOK)
 小柄な阿河選手が大型の香川選手に挑む一戦。香川選手は小柄な選手を捌くのが上手いので、阿河選手は厳しい戦いを強いられそうです。

3回戦
3-1 太田彪雅(旭化成)〇(0:00 )△千野根有我(筑波大)
 右の相四つの両者ですが、太田選手が組手で1枚も2枚も上手。その牙城を千野根選手が超えるのは至難の業。

3-2 小川雄勢(パーク24)〇(0:00 )△向翔一郎(ALSOK)
 両者左の相四つということで、小川選手の圧力をまともに受けると向選手はたまりません。組み際で勝負したいところですが、なかなかハードルは高いです。

3-3 垣田恭兵(旭化成)〇(0:00 )△中西一生(国士舘大)
 これも注目の一戦です。垣田選手左、中西選手右のケンカ四つ。組手の巧みさでは垣田選手が一枚上か?中西選手は何とか潜り込みたいところですが、なかなか許されそうにありません。

3-4 影浦心(日本中央競馬会)〇(0:00 )△熊代佑輔(国際武道大教)
 両者左の相四つで、熊代選手がプレッシャーを掛ける展開となりそうです。しかし、3試合目ということで、スタミナに課題があると思います。影浦選手は何としても勝たないとならない試合です。

3-5 羽賀龍之介(旭化成)〇(0:00 )△中村拓郎(大阪府警察)
 羽賀選手左、中村選手右のケンカ四つ。圧力では中村選手ですが、羽賀選手は巧みな組手でそれをずらすはずです。まともに組ませてもらえず、最後は羽賀選手が押し切るか。

3-6 斉藤立(国士舘大)〇(0:00 )△上田轄麻(日本製鉄)
 両者左の相四つですが、体格で上回る斉藤選手の優位は動きそうにありません。

3-7 王子谷剛志(旭化成)〇(0:00 )△石山潤平(パーク24)
 両者右の相四つ。相四つ得意で、体格で上回る王子谷選手が優位な対戦です。まともに行けば石山選手は不利ですので、何かしらの策が必要です。

3-8 原沢久喜(長府工業)〇(0:00 )△香川大吾(ALSOK)
 原沢選手右、香川選手左のケンカ四つ。普通の勝負をしたら、原沢選手が1枚上手ですが、器用な香川選手が意表を突く展開に持ち込めば勝機が見い出せるのではないでしょうか。カギは肩車と読みます。

準々決勝
4-1 太田彪雅(旭化成)〇(0:00 )△小川雄勢(パーク24)
 太田選手右、小川選手左のケンカ四つ。小川選手は釣り手を上から持ってプレッシャーを掛けたいところですが、組手の巧みな太田選手がそれをまともに受けるとは思えません。技出しの速さでは太田選手ですので、太田選手が押し切る展開が妥当です。

4-2 垣田恭兵(旭化成)〇(0:00 )△影浦心(日本中央競馬会)
 昨年も準々決勝で対戦した両者。その際は組手で封じた垣田選手が反則勝ちを収めましたが、影浦選手が組手を進化させない限り、同じ展開に陥ると思います。前回から時間も余り経過していないので、今回も同様の経過を辿ることが濃厚。

4-3 羽賀龍之介(旭化成)△(0:00 )〇斉藤立(国士舘大)
 両者左の相四つ。羽賀選手としては、体格に劣るだけにかなりやりにくい相手だと思います。斎藤選手は選抜体重別で影浦選手を吹っ飛ばしたように、この戦いは有利。勝敗の分かれ目は、羽賀選手の組手に対応できるか否かです。組み止めるシーンが後半になるとあると思いますので、そうなると斉藤選手が優位だと思います。

4-4 王子谷剛志(旭化成)△(0:00 )〇原沢久喜(長府工業)
 両者右の相四つ。何度も死闘を繰り広げた両者です。真っ向勝負が繰り広げられると思いますが、最初は組手争いも熾烈でしょう。最後は精神面も含めたスタミナの勝負になると思います。

準決勝
5-1 太田彪雅(旭化成)〇(0:00 )△垣田恭兵(旭化成)
 太田選手右、垣田選手左のケンカ四つ。垣田選手の組手も上手いですが、太田選手も非常に上手い。ここで優位に立った方が、試合を流れを掴めるはずです。太田選手の圧力が、徐々に垣田選手を追い込む予感です。

5-2 斉藤立(国士舘大)〇(0:00 )△原沢久喜(長府工業)
 斉藤選手左、原沢選手右のケンカ四つ。体格では斉藤選手が上回り、その圧力を原沢選手が凌ぐ展開となりそうです。原沢選手のカギを握るのは、スタミナと小内刈りと読みます。ズルズルと押される展開が続くと、斉藤選手の圧勝もあり得るかもしれません。 

決勝
太田彪雅(旭化成)△(0:00 )〇斉藤立(国士舘大)
 前回選抜体重別での対戦は、両者反則負け。しかし、前半の流れは斉藤選手が優位に進めていた印象です。どちらかというと、太田選手の方がやり難そうにしております。組手争いに付き合うと、同様の展開も見られると思いますが、同じ轍は両者踏まないでしょう。斎藤選手が最後は押し切るのではないかと予想します。



このところの全日本柔道選手権大会は、非常に見応えのある試合が多いですが、今年も同じ。
特に、斉藤選手の成長は目を見張るものがあります。
斉藤選手の優勝を予想しましたが、これは身体的なアドバンテージを考えてのもの。心技体の「技」、「体」においては既にトップクラスだと思います。
問題は「心」。
いくら「技」、「体」が優れていても、それをコントロールする「心」が伴わなければ、実力が発揮できません。
その点、斉藤選手の対戦相手はこのバランスが優れた選手が多いです。
この「心」を整えられたら、しばらく斉藤選手を上回る選手は現れないのではと思うほど。
逆に言えば、斉藤選手と対戦する選手は、この「心」を揺さぶる試合展開が求められるということ。
ここに付け入る隙があると思います。


さて、勝手な予想をしてみましたが、皆さんの予想はどうでしょう。

これを書いた時点で、eJudoの座談会は読んでいません。
どんな読みがあるか、こちらも楽しみです。
















ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ