中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

ルール改正

IJFルール改正 審判ゼスチャー

オリンピックの終了とともに見直しが入るIJFルール(国際柔道試合審判規定)ですが、今回はイレギュラーなタイミングでのオリンピックとなったので、見送り方針ということでしたが、一転して改正が発表されました。






主審が反則を取る際のゼスチャーです。

モデルは天野先生。




私なりに解釈してみました。各項目には動画リンクを貼っておきます。
間違っている場合は、ご指摘ください。

投げ技のスコア、ノースコアの変更①
投げ技を施した際に、投げられた選手が着地後一旦止まった場合、そこからさらに押し込まれてもノースコア。(従来はスコア)
技の継続がない場合は、スコアにならないということのようです。これは良い改正だと思います。

投げ技のスコア、ノースコアの変更②
投げられた選手の体側が着地すればスコア(技あり)。体側が着かなければノースコア。
従来はうつ伏せ気味でもスコアとなるケースがありましたので、その点が厳格になったという感じです。体側が畳に対して90度以上であればスコア、90度以下であればノースコアということです。
肘が背中側に抜けていればノースコアのようです。

投げ技のスコア、ノースコアの変更③
投げられた選手の肩が体の前に入ってしまうとスコア(技あり)。

・投げ技のスコア、ノースコアの変更④
投げられた選手が肘、手を衝いた場合(例えば大内刈り等で後ろに投げられ、手や肘で背中が衝くのを防いだ場合)、技ありと指導が与えられるようです。
技ありは良いと思いますが、流れの中で意図的ではない形もあると思いますので、指導まで与えるのは厳しい判定です。

投げ技のスコア、ノースコアの変更⑤
内股、払い腰等を隅落とし(いわゆる捲り)で返す場合、ノースコアになるということです。
全ての返し方がノースコアとなるのかは不明ですが、少なくとも一旦止まった形ではノースコアです。
映像では、一連の流れで返したケースもノースコアのものがありましたので、投げ技として認めない方針なのではないでしょうか。
投げたと言えないケースでスコアになった場合も多く、この変更には賛成です。

投げ技のスコア、ノースコアの変更⑥
いわゆる韓国背負いがノースコアとなり、指導も与えられるということです。
変更点④同様に指導を与えるのは行き過ぎの気がしますが、韓国背負いのノースコアには賛成です。
そもそも投げ技は、相手をコントロールしているということが前提ですので、反対側に抜け落ちる韓国背負いは、この前提を満たしていないケースが多いと思います。(もちろん上手くコントロールしているケースもありますが)
映像を見る限り、仕掛けた時点で指導のようです。偶然抜けてしまった場合の扱いが気になります。
また、反対側に落ちなくても同様の判定になるようですので、釣り手側の襟を両手で握って掛ける背負投げは全て対象なのだと思います。

投げ技のスコア、ノースコアの変更⑦
従来は下半身へのいかなる攻撃も認められていませんでしたが、今回の改正で投げる途中にフォローする程度は認められるようです。
映像では右払い巻き込みを取り上げていましたが、相手の足を左手で払いあげていますが、スコアということです。ただし、投げ技が一旦止まれば寝技となるということですから、ノースコアとなります。
同様のケースとして、袖釣り込み腰(いわゆる丸山スペシャル)の場合がありますが、投げ技の手助けをするの場合は除外ということですので、認められないようです。

組手①(両襟)
両襟での組手(奥襟と首横を持つような場合)が紹介されていましたが、攻撃していればブロッキングではないということのようです。

組手②(異例)
通常の襟と袖を持つ組手以外のバリエーションを紹介していました。
この場合は、すぐに攻撃しないと指導が与えられます。

組手③(組手切り)
組手を切った場合、すぐに組みに行かなければ指導が与えられるということです。

柔道着を直す、髪を直す
審判の指示なく帯を解いて服装を直す行為、髪の毛の結い直しは1試合1度までで、2度目から指導。

ヘッドダイビング
内股等で頭を畳に衝きつつ投げる反則が厳密に取られるようになり、一発反則負けとなります。
従来は、額や頭頂部、側頭部辺りであれば見逃されていましたが、今後は全て反則負けとなるようです。大野選手の内股も反則負けとなるケースがありそうです


個人的には意図しないケースでの指導(韓国背負い、手、肘衝き)が適切なのかが気がかりですが、他は概ね適正な改正だと思います。

改正は2021年のワールドツアー初戦となるグランプリ・オディヴェーラス(1月28日~30日)から施工されるということです。
国内の扱いがどうなるかも気がかりなポイントですね。
日本ベテランズ国際柔道大会は、2月開催なので新ルールとなるのだと思います。
組手切りの指導にも注意が必要ですね。





ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

令和4年関東柔道選手権大会

令和4年関東柔道選手権大会が、3月6日(10時開会式)に群馬県ALSOKぐんま武道館アリーナで開催されます。

全日本柔道選手権の予選を兼ねている大会で、関東各地区の代表者(男子6名、女子7名)が出場権(男子6名、女子7名)を掛けて争います。


組み合わせ抽選は、2月5日に関東柔道連合会組合せ委員会が行ないます。


審判規定は、最新の国際柔道連盟試合審判規定で行われ、技の効果は有効以上、寝技の場合10秒で有効、15秒で技ありという、IJFルールと講道館ルールのミックスルールです。


大会は、残念ながら無観客時合として行われます。



個人的に、このルールについては見直しをしてもらいたいと思っています。
今回の主たるルールに採用されているIJFルールは、同体重の者が競技することを想定し作られており、その点ではよく考えられたものだと思います。

しかし、全日本柔道選手権のような体重無差別の大会においては、体重の軽い選手に不利なルールが多いのも事実です。
無理やり有効を追加するぐらいならば、講道館ルールでやった方がすっきりします。
その方が、体重無差別の醍醐味が増すのではないでしょうか?


ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ