中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

審判

神奈川県柔道連盟春季審判講習会

GW2日目は、神奈川県立武道館で神奈川県柔道連盟春季審判講習会を受講してきました。



このところ、新型コロナの影響でオンデマンド講習でしたが、久しぶりに対面での講習会となりました。

DSC_1556


久しぶりに顔を見る方も多く、懐かしい感じでした。


今回の講師は神奈川県柔道連盟審判部の武田淳子先生。
新ルールの説明を中心に、質疑応答を交えて講習が進みました。

冒頭にはコンプライアンス講習も行われ、無事にこちらも受講済みとなりました。


私が今回疑問に思っていたのは、指導と技のポイントが同時に発生するケースの対応と、下半身への接触についてです。


指導と技の効果が同時に発生する場合、相手の技を受けて両手(両肘)を同時について防御するというケースがあります。
この場合、通常であれば指導と技の効果が与えられますが、ゴールデンスコアで技ありを取っていて技の効果が技ありだった場合、合わせ技を優先し、指導は与えないということです。
同様に相手が指導2の場合で技の効果が技ありだった場合、3つ目の指導で反則負けとなり、技の効果(技ありによる優勢勝ち)よりも結果が上回る(反則勝ちは一本勝ち相当)ため、反則勝ちが優先されるということです。この場合は、技ありの宣告をしないということです。このケースが、全日本選抜体重別の48キロ級の決勝戦です。



下半身への接触は、技の効果に影響がなければ触ってもOKということです。

ちなみに下半身の定義はAライセンスを持っている先生に確認しましたが、帯より下ということです。


ということは、この試合の判定は覆らなきゃおかしくないですかね?

このあたりははっきりとさせてほしいものです。



これ以外には、逆背負い(いわゆる韓国背負い)についての判断の説明がありました。
同じ側の襟を両手で持って掛ける背負投げということになるそうで、通常の背負い投げや袖釣り込み腰が抜ける場合は、指導の対象にならないということです。

いわゆるめくりについては、取の軸足が浮いて、受けを越えるとノーポイントという解釈だそうです。
めくりながらでも小外等で投げる分にはポイントとなるということです。

ヘッドダイブについては、頸椎を痛める形かどうかが判断基準ということで、頭の側面と肩が同時に着くような、少し横に流れた形では問われないという見解でした。


いずれにしても、お互いが攻撃的に組み合って、投げることを目指すようにコントロールするということのようです。


ルールは今年の終わり辺りに見直しが入る可能性があるということです。
審判としても、選手としてもルールを熟知しておかないと、いらぬミスをすることになりますので、注意しつつ勉強したいと思います。


ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

令和4年度神奈川県春季審判講習会

令和4年度の神奈川県春季審判講習会が5月4日に開催されます。



講師は全日本柔道連盟公認Sライセンス審判員の武田淳子先生。

新ルールが導入され、国内でも試合が行われています。
その確認のためにも、しっかりと勉強したいと思います。

DSC_0230
DSC_0816

前回受講したのが2020年の11月。
公益財団法人全日本柔道連盟公認審判員規程では、更新の要件として下記の内容を掲げています。

その他の審判員
審判員研修会を2年間に1回以上受講すること
コンプライアンス講義を年1回以上受講すること
4年間に1度以上試合の審判に携わること
私の場合、更新のタイミングはライセンス取得が令和元年5月26日ですので資格満了が令和4年5月26日の次に来る3月31日ですので、令和5年3月31日となります。

この間に2年に1度の受講、そしてコンプライアンス講義を年1回ということです。
今回の講習はコンプライアンス講習を兼ねるということで、これで満たすことになります。

IMG_20190718_002435





ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ