少年柔道には、通常のルールに加え国内における「少年大会特別規程」というものが存在します。

国内における「少年大会特別規程」

代表的なルールとして、両袖を持った状態での技を掛けると反則負け(但し、出足払い、支え釣り込み足等は除く)、逆背負い(いわゆる韓国背負い)は反則負け、無理な巻き込み技は指導、両膝を同時に着く背負投げは指導などがあります。

ケガの防止の観点から、これらのルールは存在しています。

今回の動画は、これらを映像で説明したものになります。
審判をされる方だけでなく、指導者も理解しておく必要がありますね。

このような動画は大変分かりやすいので、ありがたいです。