東京オリンピック後、初のグランドスラム大会が、次のオリンピックが開催されるフランス・パリで10月16日~17日の2日間開催されました。
今大会は、東京オリンピックが終わり、3年後のパリオリンピックに向けた新たなスタートで、選手の入れ替わりの可能性が垣間見える大会と言えます。
2日間の大会を、初日、2日目に分けて、独断と偏見で総括したいと思います。


10月16日
男子60キロ級、66キロ級、73キロ級、
女子48キロ級、52キロ級、57キロ級、63キロ級

10月17日
男子81キロ級、90キロ級、100キロ、100キロ超級
女子70キロ級、78キロ級、78キロ超級


日本代表
男子代表
60キロ級 永山竜樹(了徳寺大職)→欠場、古賀玄暉(旭化成)
66キロ級 田中龍馬(筑波大)、藤阪泰恒(パーク24)
73キロ級 橋本壮市(パーク24)、原田健士(ALSOK)
81キロ級 藤原崇太郎(旭化成)、佐々木健志(ALSOK)
90キロ級 村尾三四郎(東海大)、長澤憲大(パーク24)
100キロ級 飯田健太郎(旭化成)
100キロ超級 佐藤和哉(日本製鉄)、小川雄勢(パーク24)

女子代表
48キロ級 古賀若菜(山梨学院大)
52キロ級 武田亮子(コマツ)
57キロ級 舟久保遥香(三井住友海上)
70キロ級 大野陽子(コマツ)、新添左季(自衛隊体育学校)
78キロ級 髙山莉加(三井住友海上)、泉真生(コマツ)



男子
60キロ級
 永山竜樹(了徳寺大職)→欠場、古賀玄暉(旭化成)
優 勝 AGHAYEV,Balabay(AZE)
準優勝 ABDULAEV,Ramazan(RUS)
第三位 ENKHTAIVAN,Ariunbold(MGL)
第三位 VALADIER PICARD,Romain(FRA)
第五位 古賀玄暉(旭化成)
第五位 ENKHTAIVAN,Sumiyabazar(MGL)
第七位 VERGNES,Richard(FRA)
第七位 MERLIN,Maxime(FRA)

永山選手のケガによる欠場は残念でした。
活躍が期待された古賀選手も、勝負どころの試合を落としてしまいました。2021年のブタペスト世界選手権よりもコンディションは良かったと思いますが、このメンバーで勝ち切れなかったのが残念です。
高藤選手、永山選手とはまだ差があると感じたのが正直なところです。
一本を取る勝ちパターンがコレと言うのがないのが弱いように思います。立技、寝技とも変幻自在の柔道が強みですが、逆に言えばストロングポイントがないということです。それを生かす展開を身に付けて欲しいですね。
海外勢も、現状のトップクラスの選手と比較するとまだ差があるかな~と思います。
それだけ、今のトップの選手が充実しているということでしょう。
優勝したAGHAYEV,Balabay(AZE)選手はちょっと面白いかもしれませんね。混戦を勝ち上がるしぶとさがありましたが、これが上位選手に通じるかは疑問ですね。身体能力は高いので、力強さが付けばという感じです。



66キロ級 田中龍馬(筑波大)、藤阪泰恒(パーク24)
優 勝 田中龍馬(筑波大)
準優勝 藤阪泰恒(パーク24)
第三位 KHYAR,Walide(FRA)
第三位 CAZORLA,Orlando(FRA)
第五位 VIERU,Denis(MDA)
第五位 BATTOGTOKH,Erkhembayar(MGL)
第七位 NIETO CHINARRO,Adrian(ESP)
第七位 BAYANMUNKH,Narmandakh(MGL)

田中選手は序盤苦戦しましたが、尻上がりに調子を上げ、準々決勝の2つの技ありを奪った袖釣り込み、背負投げ、決勝の浮腰は見事でした。スタミナもあり、いい戦いぶりでした。組み際の技が上手いのも長所ですね。パワー系の選手に対しても強そうですが、リーチのある選手に対してどうでしょうか。この階級には阿部選手、丸山選手がいますので、この二強に追いつかないといけませんが、十分期待できるのではないでしょうか。
藤阪選手はKHYAR,Walide(FRA)選手戦の大外刈りが印象的です。技も切れスタミナもありますが、勝負所での淡白さが気がかりです。勝利への執着心は明らかに田中選手が上回っていました。初戦からABULADZE,Yago(RUS)選手に勝つのですから、普通ではないのですが、阿部選手、丸山選手相手と考えると、試合展開にもうひとつ、ふたつ工夫が必要に思います。
海外勢ではVIERU,Denis(MDA)選手に期待していましたが、KHYAR,Walide(FRA)選手に上手くやられましたね。


73キロ級 橋本壮市(パーク24)、原田健士(ALSOK)
優 勝 原田健士(ALSOK)
準優勝 RIQUIN,Theo(FRA)
第三位 RAICU,Alexandru(ROU)
第三位 HEYDAROV,Hidayat(AZE)
第五位 MAKHMADBEKOV,Somon(TJK)
第五位 CHAINE,Guillaume(FRA)
第七位 IARTCEV,Denis(RUS)
第七位 PROKOPCHUK,Evgenii(RUS)

橋本選手の状態が気がかりです。本来であれば、絶対に優勝しなければならない試合でした。
1回戦はいつも通りと思ったのですが、IARTCEV,Denis(RUS)選手にはいいようにやられ、負ける時の悪い橋本選手になっていました。やや集中力を欠いていたのでしょうか。
これに対し原田選手は淡々と試合を進め、勝負所を逃さず、罠も張り、原田ワールドを展開していましたね。バチバチの投げの打ち合いになれば、負けることはないのが強みですが、そうならない展開での対応力が課題でしょうか。また、攻撃は最大の防御なりという試合展開なので、安定性も課題かも知れませんね。
今大会の状況だけでは判断できませんが、橋本選手のチャンスも少なくなるかもしれませんね。
海外勢では、HEYDAROV,Hidayat(AZE)選手とMAKHMADBEKOV,Somon(TJK)選手に注目していましたが、どちらももう一歩でした。



女子
48キロ級 古賀若菜(山梨学院大)
優 勝 古賀若菜(山梨学院大)
準優勝 LEGOUX CLEMENT,Melanie(FRA)
第三位 PONT,Blandine(FRA)
第三位 BOUKLI,Shirine(FRA)
第五位 COSTA,Catarina(POR)
第五位 NIKOLIC,Milica(SRB)
第七位 SCUTTO,Assunta(ITA)
第七位 STOJADINOV,Andrea(SRB)

古賀選手の強さが際立った大会でした。以前は、大内刈りが目立つ選手でしたが、今大会では背負い投げが効果的でした。また、組手も強くなり、組み負けるシーンはほぼなく、危なげない試合展開でしたね。寝技も強くなっていましたね。
日本には、渡名喜選手、角田選手という世界チャンピオンがいますので、どれだけレベルが高いことか。そこと比較すると、まだ差はあるかなと思いますが、縮まってきているのではないでしょうか。3強時代ですね。
海外勢は地元BOUKLI,Shirine(FRA)選手も古賀選手に完封され、あまり目立つ選手がいませんでしたね。
もうしばらくは、勢力図にあまり変化はなさそうですが、どうでしょうか。


52キロ級 武田亮子(コマツ)
優 勝 PRIMO,Gefen(ISR)
準優勝 GNETO,Astride(FRA)
第三位 BISHRELT,Khorloodoi(MGL)
第三位 BALLHAUS,Mascha(GER)
第五位 DEVICTOR,Chloe(FRA)
第五位 KUZNETSOVA,Alesya(RUS)
第七位 POLIKARPOVA,Anastasia(RUS)
第七位 DEGUCHI,Kelly(CAN)

武田選手は経験の少なさが出た印象で、もったいない負けでしたね。やや組手が弱かったために、審判の印象が悪く、攻めていない訳ではないのですが指導を先に貰ってしまい、流れを悪くし、断ち切れませんでした。
優勝したPRIMO,Gefen(ISR)選手、2位のGNETO,Astride(FRA)選手も、現在の52キロ級の上位陣とはやや差がある印象は否めませんでしたね。


57キロ級 舟久保遥香(三井住友海上)
優 勝 舟久保遥香(三井住友海上)
準優勝 FRITZE,Caroline(GER)
第三位 LIPARTELIANI,Eteri(GEO)
第三位 LIBEER,Mina(BEL)
第五位 MOKDAR,Faiza(FRA)
第五位 KAJZER,Kaja(SLO)
第七位 FAWAZ,Martha(FRA)
第七位 GNETO,Priscilla(FRA)

舟久保選手が一ランク違う戦いで、圧勝でした。
特に組手が非常に強くなり、安心感が高かったです。
良い組手を早く作り、そこから足技で崩し、寝技ワールドに引きづりこむ。
以前は自身の代名詞である舟久保返しに固執していた感が強かったのですが、決勝戦では変幻自在に好き放題弄んだかのような戦いぶりでした。立ち技のような寝技の展開をしており、相手が対応しきれなくなっています。
欲を言えば、立ち技のパワーがあるLIPARTELIANI,Eteri(GEO)選手との試合を見たかったですね。
ここでも組手で圧倒すれば、世界的にもかなりのものだと思います。
LIPARTELIANI,Eteri(GEO)選手は、決勝まで上がらなければなりませんでしたが、自慢のパワーに頼り過ぎ、組手、攻めが遅い印象です。ここが課題ですね。


63キロ級
優 勝 TIMO,Barbara(POR)
準優勝 RENSHALL,Lucy(GBR)
第三位 DEKETER,Manon(FRA)
第三位 SZYMANSKA,Angelika(POL)
第五位 VALKOVA,Ekaterina(RUS)
第五位 COBAN,Sappho(GER)
第七位 CABANA PEREZ,Cristina(ESP)
第七位 ZACHOVA,Renata(CZE)

この中から、現在のトップクラスを脅かしそうだなという選手は見当たらず。
それだけトップ選手が充実しているとも言えますね。
















ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村