最終日は男女混合団体戦です。






出場国
第1シード 日本
第2シード フランス
第3シード ブラジル
第4シード ロシア柔道協会
韓国
ウズベキスタン
モンゴル
ドイツ
オランダ
イスラエル
イタリア
混合チーム






7月24日から7月31日まで、東京オリンピック2020柔道競技が行われます。

7月24日 男子60キロ級、女子48キロ級
7月25日 男子66キロ級、女子52キロ級
7月26日 男子73キロ級、女子57キロ級
7月27日 男子81キロ級、女子63キロ級
7月28日 男子90キロ級、女子70キロ級
7月29日 男子100キロ級、女子78キロ級
7月30日 男子100キロ超級、女子78キロ超級
7月31日 男女混合団体戦

代表選手
男子
60キロ級 髙藤直寿(パーク24)
66キロ級 阿部一二三(パーク24)
73キロ級 大野将平(旭化成)
81キロ級 永瀬貴規(旭化成)
90キロ級 向翔一郎(ALSOK)
100キロ級 ウルフアロン(了德寺大学)
100キロ超級 原沢久喜(百五銀行)

女子
48キロ級 渡名喜風南(パーク24)
52キロ級 阿部詩(日本体育大学)
57キロ級 芳田司(コマツ)
63キロ級 田代未来(コマツ)
70キロ級 新井千鶴(三井住友海上火災保険)
78キロ級 濵田尚里(自衛隊体育学校)
78キロ超級 素根輝(パーク24)

組み合わせ


1回戦
1-1 ドイツ〇4対0△混合チーム
1-2 モンゴル〇4対1△韓国
1-3 イタリア△3対③(代表戦70キロ級)〇イスラエル
1-4 オランダ〇③対3(代表戦90キロ超級)△ウズベキスタン

2回戦
2-1 日本〇4対2△ドイツ
57キロ級 阿部詩△(反則勝ち 2:47)〇STOLL,Theresa
73キロ級 大野将平△(優勢勝ち 4:00)〇WANDTKE,Igor
70キロ級 新井千鶴〇(合わせ技 1:41)△SCOCCIMARRO,Giovanna
90キロ級 向翔一郎〇(優勢勝ち 4:00)△TRIPPEL,Eduard
70キロ超級 素根輝〇(合わせ技 2:08)△GRABOWSKI,Jasmin
90キロ超級 ウルフアロン〇(GS優勢勝ち 4:22)△FREY,Johannes

阿部選手は階級のパワー差を補えず、指導3による反則負け。
大野選手、腰車に乗ってしまい、痛恨の技ありを失い挽回ならず優勢負け。
新井選手は盤石の試合運びで、小外刈り技あり、そのまま縦四方固めに抑え込み一本勝ち。
向選手は序盤から背負投げ中心に攻勢を掛け、中盤過ぎに左背負い投げで技ありを奪い、そのまま逃げ切り優勢勝ち。メダリストを下します。
素根選手は、開始早々に得意の大内刈りで技ありを奪い、中盤過ぎにも同様の入り方の大内刈りで技ありを奪い合わせ技で一本勝ち。
ウルフ選手は本戦4分で相手のスタミナを奪い、ゴールデンスコア(ウルフタイム)に入りすぐに肩車で技ありを奪い優勢勝ち。
阿部選手、大野選手の敗戦を他の選手がカバーし準決勝進出。
これぞ団体戦です。

2-2 ロシア柔道協会〇4対2△モンゴル
2-3 フランス〇③対3(代表戦70キロ級)△イスラエル
2-4 ブラジル△2対4〇オランダ

ロシア柔道協会とモンゴルの試合、IGOLNIKOV,Mikhail(ROC)選手とMOLLAEI,Saeid(MGL)選手の階級を超えたメダリスト対決がありました。両者とも持ち味を発揮した戦い。じっくり堪能しました。最後の返し方はMOLLAEI,Saeid(MGL)選手ならではだと思います。こんな戦いをまた見たいですね。

敗者復活戦
敗1 ドイツ〇4対2△モンゴル
敗2 イスラエル〇4対2△ブラジル

ドイツ対モンゴルでTRIPPEL,Eduard(GER)選手とMOLLAEI,Saeid(MGL)選手の対戦も。階級差も何のその。むしろ押し気味に試合を進め、とどめはモラエイ(変形肩車)で限りなく一本に近い技あり奪取と、モラエイワールドを再び見ることが出来ました。


準決勝
準1 日本〇対〇ロシア柔道協会
73キロ級 大野将平〇(裏投げ 0:31)△MOGUSHKOV,Musa
70キロ級 新井千鶴〇(合わせ技 3:10)△TAIMAZOVA,Madina
90キロ級 向翔一郎〇(反則勝ち 3:37)△IGOLNIKOV,Mikhail
70キロ超級 素根輝〇(一本背負 2:48)△BABINTSEVA,Aleksandra
90キロ超級 ウルフアロン〇(GS優勢勝ち 4:22)△BASHAEV,Tamerlan
57キロ級 芳田司△(反則勝ち 2:47)〇MEZHETSKAIA,Daria

大野選手、前戦の失態を取り返す豪快な裏投げで一本勝ち。
新井選手は激闘の準決勝の再現となるTAIMAZOVA,Madina(ROC)選手との対戦を、谷落とし技ありから紆余曲折の寝技の攻防を経て上四方固めに抑え込み、合わせ技一本勝ち。
向選手は、IGOLNIKOV,Mikhail(ROC)選手に対して一歩も引かず、最後は根負けしたIGOLNIKOV,Mikhail(ROC)選手が偽装攻撃の指導を取られ終了。
素根選手は淡々と試合を進め、最後はスイッチする一本背負投げで一本勝ち。
強豪ロシア柔道協会を4対0で一蹴。初戦の薬が効いたようです。

準2 フランス〇4対0△オランダ

3位決定戦
ドイツ〇4対2△オランダ
イスラエル〇4対1△ロシア柔道協会

イスラエルとロシア柔道協会の3位決定戦の90キロ級は、MUKI,Sagi(ISR)選手とIGOLNIKOV,Mikhail(ROC)選手がマッチアップ。モンゴルとの試合ではMOLLAEI,Saeid(MGL)選手がIGOLNIKOV,Mikhail(ROC)選手を技ありで下しており、MUKI,Sagi(ISR)選手は何が何でも負けられないと思っていたはず、かどうかは分かりませんが、見事に一瞬の隙を突き小内巻き込みで一本勝ちです。いや~魅せますね~。一番割りを食ったのがIGOLNIKOV,Mikhail(ROC)選手ですね。
この勢いのままイスラエルが銅メダル獲得です。

決勝
日本△1対4〇フランス
70キロ級 新井千鶴〇(合わせ技 3:31)△AGBEGNENOU,Clarisse
90キロ級 向翔一郎〇(反則勝ち 3:37)△CLERGET,Axel
70キロ超級 素根輝〇(一本背負 2:48)△DICKO,Romane
90キロ超級 ウルフアロン〇(GS優勢勝ち 4:22)△RINER,Teddy
57キロ級 芳田司〇(反則勝ち 2:47)〇CYSIQUE,Sarah Leonie
73キロ級 大野将平〇(裏投げ 0:31)△CHAINE,Guillaume

新井選手はAGBEGNENOU,Clarisse(FRA)選手のスピードにややついて行けず、小内刈りで技ありを奪われ、残り30秒で再び小内刈りで技ありを奪われ、合わせ技で一本負け。AGBEGNENOU,Clarisse(FRA)選手、団体戦2勝0敗。強い。
向選手はCLERGET,Axel(FRA)選手と対戦し、早々にお互いに指導2となる。ケガの治療で間が空きゴールデンスコアに突入。最後は痺れを切らした向選手が包み込んで小外に行こうとしたところを隅落としで合わされ5分55秒一本負け。後がなくなりました。
素根選手はDICKO,Romane(FRA)選手と対戦し、ややパワーに戸惑うも大内刈りで技あり。逆転を狙った引き込み技に合わせて横四方固めに抑え込み、3分7秒合わせ技で一本勝ち。
ウルフ選手はRINER,Teddy(FRA)選手と対戦し、上手く組手で対応し、惜しい場面もありましたが小外掛けに内股を合わされ技ありとなり、6分29秒優勢負け。
芳田選手はCYSIQUE,Sarah Leonie(FRA)選手と対戦し、袖釣り込み腰に内股を合わされ技ありを奪われ、挽回できぬまま優勢負け。
この時点で1対4となり、73キロ級の試合はなし。

団体戦は試合の流れが重要ですが、最初の2人が落としたのが痛かった。
新井選手は相性が悪く、向選手は堪えどころで勝負を急いでしまった。
素根選手は流石でした。
ウルフ選手は上手く対応し、これからというところまで追い込んでいましたが、最後は大胆に行く過ぎたかもしれませんね。
芳田選手は勝たなければつながらない試合でしたからある意味仕方ないですが、少々焦り過ぎていたかも。もう少し落ちついて試合を進めたら違った結果になったのではないでしょうか。
結果論ですが、個人戦で悔しい思いをした向選手を使うという選択肢は理解できます。しかし、階級差を苦にしない永瀬選手でも良かったのではと思わずにいられませんでした。特に最初が取られ、嫌な流れを取り戻さなければならない状況でしたから、試合を落ち着かせることができる永瀬選手の方が向いていたと思います。CLERGET,Axel(FRA)選手とはイケイケ同士のバチバチの試合ですから、ハマれば良いのですが、そうならないと今回のような根負けすることも想定できますからね。
残念ですが、こういう時もあります。
個人戦が終わってからの団体戦。特に決勝まで戦った選手は特に大変だったと思います。
お疲れ様でした。


優 勝 フランス
準優勝 日本
第三位 イスラエル
第三位 ドイツ
第五位 ロシア柔道協会
第五位 オランダ
第七位 モンゴル
第七位 ブラジル

団体戦はやっぱり面白い。
普段は自分のために戦う選手がチームメイトの結果に一喜一憂する様は、特に日本人の心に響きます。
ベンチの様子や、ベンチに向かっての選手のアピールが面白いです。
引き分けなしというのが、団体戦としての面白みを削ぐ部分でもありますが、この形式何とか継続して欲しいですね。
選手にとってピークを再び作るのが難しいので、団体戦の選手も認めてあげたいところですね。


ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村