7月24日から7月31日まで、東京オリンピック2020柔道競技が行われます。

7月24日 男子60キロ級、女子48キロ級
7月25日 男子66キロ級、女子52キロ級
7月26日 男子73キロ級、女子57キロ級
7月27日 男子81キロ級、女子63キロ級
7月28日 男子90キロ級、女子70キロ級
7月29日 男子100キロ級、女子78キロ級
7月30日 男子100キロ超級、女子78キロ超級
7月31日 男女混合団体戦

代表選手
男子

60キロ級 髙藤直寿(パーク24)
66キロ級 阿部一二三(パーク24)
73キロ級 大野将平(旭化成)
81キロ級 永瀬貴規(旭化成)
90キロ級 向翔一郎(ALSOK)
100キロ級 ウルフアロン(了德寺大学)
100キロ超級 原沢久喜(百五銀行)

女子
48キロ級 渡名喜風南(パーク24)
52キロ級 阿部詩(日本体育大学)
57キロ級 芳田司(コマツ)
63キロ級 田代未来(コマツ)
70キロ級 新井千鶴(三井住友海上火災保険)
78キロ級 濵田尚里(自衛隊体育学校)
78キロ超級 素根輝(パーク24)


初日は男子60キロ級と女子48キロ級です。

男子60キロ級
第1シード MSHVIDOBADZE,Robert(ROC)
第2シード 髙藤直寿(パーク24)
第3シード SMETOV,Yeldos(KAZ)
第4シード GARRIGOS,Francisco(ESP)
第5シード LUTFILLAEV,Sharafuddin(UZB)
第6シード KIM,Won Jin(KOR)
第7シード CHKHVIMIANI,Lukhumi(GEO)
第8シード YANG,Yung Wei(TPE)

高藤選手はプールCに配され、2回戦でVERSTRAETEN,Jorre(BEL)選手と対戦でし、内股で技ありを先制と思ったら取消。その後、二本しっかり持って再度の内股で3分45秒一本勝ち。順調なスタートです。
プール決勝では世界選手権東京大会優勝のCHKHVIMIANI,Lukhumi(GEO)選手との対戦が濃厚です。このプール決勝が一番の山場かもしれません。

準々決勝
TSJAKADOEA,Tornike(NED)△(崩上四方固 3:04)〇YANG,Yung Wei(TPE)
MKHEIDZE,Luka(FRA)〇(合わせ技 1:50)△LESIUK,Artem(UKR)
髙藤直寿(パーク24)〇(GS反則勝ち 7:37 )△CHKHVIMIANI,Lukhumi(GEO)
SMETOV,Yeldos(KAZ)〇(合わせ技 2:28)〇KIM,Won Jin(KOR)

プールAからはYANG,Yung Wei(TPE)選手が好調。このまま決勝に勝ち上がりそうな予感です。
プールBからは伏兵MKHEIDZE,Luka(FRA)選手が勝ち残りました、国内予選でKHYAR,Walide(FRA)選手を逆転してオリンピック出場ですから、地力は高いはずです。
高藤選手は最初の寝技の攻防で優位に立ったのが後々効いてきた印象です。危ない場面も多々ありましたが、決定的な場面を作らせず、組手でコントロールしていました。最後は勝負に出たCHKHVIMIANI,Lukhumi(GEO)選手がベアハグの指導を取られ、累積3枚により反則勝ちです。
SMETOV,Yeldos(KAZ)選手は、肩車と出足払いの2つで難敵KIM,Won Jin(KOR)選手を合わせ技で下しました。


準決勝
YANG,Yung Wei(TPE)〇(GS三角固め 9:22)△MKHEIDZE,Luka(FRA)
髙藤直寿(パーク24)〇(GS優勢勝ち 11:02)△SMETOV,Yeldos(KAZ)

高藤選手が全体的な流れをコントロールしながらゴールでスコアに突入。お互いに手の内を知り尽くしているため、不用意な技がない。死力を尽くした勝負の結果、最後は密着戦を挑んできたタイミングで、小内刈りを決め優勢勝ち。11:02に渡る死闘に決着。
もうひとつの準決勝はスタミナに勝るYANG,Yung Wei(TPE)選手が、立ち技、寝技で攻め立て、MKHEIDZE,Luka(FRA)選手を削り、最後は三角固めで仕留めました。


3位決定戦
TSJAKADOEA,Tornike(NED)△(GS優勢勝ち 4:47)〇SMETOV,Yeldos(KAZ)
KIM,Won Jin(KOR)△(GS反則勝ち 7:15)〇MKHEIDZE,Luka(FRA)

決勝
YANG,Yung Wei(TPE)△(GS反則勝ち 7:40)〇髙藤直寿(パーク24)

お互いに組み合わない指導を貰い、その後YANG,Yung Wei(TPE)選手に消極的指導が与えられ、1対2でゴールデンスコアに突入。徐々に疲労の色が濃くなる高藤選手に対し、YANG,Yung Wei(TPE)選手は衰えずに徐々に攻勢を強めます。7分を越え、組み勝った高藤選手が試合の流れを止めると、主審はYANG,Yung Wei(TPE)選手に防御姿勢の指導を与え、反則勝ち。
投げに拘らず、何が何でも勝つということに重点をおいた、泥臭い柔道で、いつもの高藤選手のような華麗な技も見られませんでしたが、ようやく掴んだ金メダル。
これがオリンピックという試合展開でした。


優 勝 髙藤直寿(パーク24)
準優勝 YANG,Yung Wei(TPE)
第三位 SMETOV,Yeldos(KAZ)
第三位 MKHEIDZE,Luka(FRA)
第五位 TSJAKADOEA,Tornike(NED)
第五位 KIM,Won Jin(KOR)
第七位 LESIUK,Artem(UKR)
第七位 CHKHVIMIANI,Lukhumi(GEO)



女子48キロ級
第1シード 
KRASNIQI,Distria(KOS)
第2シード BILODID,Daria(UKR)
第3シード 渡名喜風南(パーク24)
第4シード MUNKHBAT,Urantsetseg(MGL)
第5シード FIGUEROA,Julia(ESP)
第6シード PARETO,Paula(ARG)
第7シード COSTA,Catarina(POR)
第8シード DOLGOVA,Irina(ROC)

渡名喜選手はプールDに配され、2回戦でCSERNOVICZKI,Eva(HUN)選手と対戦し、一本背負いで技ありを奪い、そのまま崩れ袈裟固めに抑え込み3分38秒合わせ技で一本勝ち。いつにも増して凛々しい渡名喜選手も好調なスタート。
プール決勝ではオリンピックチャンピオンのPARETO,Paula(ARG)選手と対戦です。

優勝候補のBILODID,Daria(UKR)選手の初戦の2回戦はBOUKLI,Shirine(FRA)選手と対戦かと思われましたが、初戦で敗退し、NIKOLIC,Milica(SRB)選手に優勢勝ち。


準々決勝
KRASNIQI,Distria(KOS)〇(大外刈り 0:19)△LIN,Chen-Hao(TPE)
MUNKHBAT,Urantsetseg(MGL)〇(十字固め 2:04)△RISHONY,Shir(ISR)
BILODID,Daria(UKR)〇(GS三角固め 5:28)△COSTA,Catarina(POR)
渡名喜風南(パーク24)〇(十字固め 1:54)△PARETO,Paula(ARG)

KRASNIQI,Distria(KOS)選手は絶好調!このまま勝ち上がりそうな勢いです。
MUNKHBAT,Urantsetseg(MGL)選手も流石です。この両者が戦う準決勝は注目の一戦です。
BILODID,Daria(UKR)選手は懸念されたスタミナも今回は大丈夫そう。得意の三角固めで振り切りました。
渡名喜選手は国士館返しからいったんは抑え込むも、逃げられた際に十字固めで極め切り一本勝ち。


準決勝
KRASNIQI,Distria(KOS)〇(優勢勝ち 4:00)△MUNKHBAT,Urantsetseg(MGL)
BILODID,Daria(UKR)△(GS横四方固 7:00)〇渡名喜風南(パーク24)

釣り手から抑えるというセオリーに反する組手は、奥襟を叩いたタイミングでウルフ選手のような大内刈りに飛び込む作戦でした。これにより奥襟を叩けなくなり手詰まり気味になったBILODID,Daria(UKR)選手。徐々にスタミナを失います。最後は中途半端な払い巻き込みが仇となり、釣り手を離さなかった渡名喜選手が腕を極めつつ、横四方固めにガッチリと入り、返す気力の尽きたBILODID,Daria(UKR)選手を抑えきりました。
KRASNIQI,Distria(KOS)選手は、引手で襟を押さえ、その引手に被せるような片襟の大外刈りにタイミングよく飛び込み技あり。そのまま逃げ切り、MUNKHBAT,Urantsetseg(MGL)選手を振り切る。
決勝は本命の2人が勝ち残りました。

3位決定戦
RISHONY,Shir(ISR)△(崩袈裟固め 4:00)〇BILODID,Daria(UKR)
COSTA,Catarina(POR)△(十字固め 3:06)〇MUNKHBAT,Urantsetseg(MGL)

決勝
KRASNIQI,Distria(KOS)〇(優勢勝ち 4:00)△渡名喜風南(パーク24)

試合全般を通し、組手でも先に組み、コントロールしていたのは渡名喜選手でした。良い形も多く、ポイントを取るのではと思われるシーンもありましたが、最後の一瞬だけ引手が伸びてしまいました。内股で大きく回され技ありを奪われます。挽回するには6秒はあまりにも短かった。調子が良かっただけに残念な敗戦です。


優 勝 KRASNIQI,Distria(KOS)
準優勝 渡名喜風南(パーク24)
第三位 BILODID,Daria(UKR)
第三位 MUNKHBAT,Urantsetseg(MGL)
第五位 RISHONY,Shir(ISR)
第五位 COSTA,Catarina(POR)
第七位 LIN,Chen-Hao(TPE)
第七位 PARETO,Paula(ARG) 




ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村