東京オリンピック前に世界柔道選手が開催される異例の出来ことですが、今週末の6月6日から13日の日程で、ハンガリーのブタペストで開催されます。










.
186558258_2966218346970290_4482710542523276860_n
Photo by 全日本柔道連盟





▶フジテレビ
6月13日(日)各階級ダイジェスト 午後16:05-
男女混合団体戦中継 午前24:30-

▶ジェイスポーツ【JSPORTS2】
6月6日(日) 午後10:30 – 深夜2:00 男子60kg級/女子48kg級
6月8日(火) 午後10:00 – 深夜2:00 男子66kg級/女子52kg級【ハイライト】、男子73kg級/女子57kg級
6月10日(木) 午後10:30 – 深夜2:00 男子81kg級/女子63kg級【ハイライト】、男子90kg級/女子70kg級
6月11日(金) 午後10:30 – 深夜2:00 男子100kg級/女子78kg級
6月12日(土) 午後10:30 – 深夜2:00 男子100kg超級/女子78kg超級
6月13日(日) 午後10:00 – 深夜2:30 男女混合団体戦
※JSPORTS様の方では、通常は会員のみの視聴となっていますが、無料放送をしていただけることになりましたので、テレビでもBSをお持ちの方はご覧いただくことができます。またJSPORTSオンデマンドでも同様に無料視聴が可能です。
※IJFの公式Youtubeチャンネルと、上記プラットフォームにて、予選〜決勝(団体戦の決勝のみジオブロック予定)がご覧いただけます。

地上波、ネットでも放送されます。



6月6日 男子60キロ級 女子48キロ級
6月7日 男子66キロ級 女子52キロ級
6月8日 男子73キロ級 女子57キロ級
6月9日 男子81キロ級 女子63キロ級
6月10日 男子90キロ級 女子70キロ級
6月11日 男子100キロ級 女子78キロ級
6月12日 男子100キロ超級 女子78キロ超級
6月13日 男女混合団体戦

日本代表
男子
60キロ級 永山竜樹(了德寺大学職)、古賀玄暉(旭化成)
66キロ級 丸山城志郎(ミキハウス)
73キロ級 橋本壮市(パーク24)
81キロ級 藤原崇太郎(旭化成)
90キロ級 長澤憲大(パーク24)、村尾三四郎(東海大学)
100キロ級 飯田健太郎(旭化成)
100キロ超級 影浦心(日本中央競馬会)
男女混合団体戦 73キロ級 原田健士(ALSOK)、90キロ級 増山香補(パーク24)、90キロ超級 佐藤和哉(日本製鉄)


女子
48キロ級 角田夏実(了德寺大学職)、古賀若菜(山梨学院大学)
52キロ級 志々目愛(了德寺大学職)
57キロ級 玉置桃(三井住友海上火災保険)
63キロ級 鍋倉那美(所属なし)
70キロ級 大野陽子(コマツ)
78キロ級 梅木真美(ALSOK)
78キロ超級 朝比奈沙羅(ビッグツリー)、冨田若春(コマツ)
男女混合団体戦 57キロ級 舟久保遥香(三井住友海上火災保険)、70キロ級 新添左季(自衛隊体育学校)、70キロ超級 秋場麻優(ALSOK)



IJF大会概要

男子
81キロ級
第1シード CASSE,Matthias(BEL)
第2シード GRIGALASHVILI,Tato(GEO)
第3シード DE WIT,Frank(NED)
第4シード MOLLAEI,Saeid(MGL)
第5シード BOLTABOEV,Sharofiddin(UZB)
第6シード RESSEL,Dominic(GER)
第7シード IVANOV,Ivaylo(BUL)
第8シード LAPPINAGOV,Aslan(RJF)

藤原選手はプールAに配され、2回戦でWIECZERZAK,Alexander(GER)選手と対戦し、ゴールデンスコア7分30秒指導3による反則勝ち。スローなスタートでした。
3回戦はNISKANOVIC,Jovan(SRB)選手と対戦し、国士館返しから崩れ袈裟固めに抑え込み、2分8秒一本勝ち。
4回戦はLAPPINAGOV,Aslan(RJF)選手と対戦し、お互いに指導2となりゴールデンスコアに突入し、意を決した藤原選手が奥襟を叩きがっぷりと組み合い、支え釣り込み足で崩し、すぐさま得意な国士館返しからあっという間に崩れ袈裟固めに抑え込み、5分22秒一本勝ち。
プール決勝はCASSE,Matthias(BEL)選手と対戦し、お互いに指導2となりゴールデンスコアに突入し、CASSE,Matthias(BEL)選手がペースアップし、受けに回った藤原選手に消極的指導が入り、5分7秒反則負け。この試合はこれまでの試合と違い、攻撃していましたが、最後は力尽きました。
敗者復活戦へ回ります。

敗者復活戦
藤原崇太郎(旭化成)〇(4:00 優勢勝ち)△MOLLAEI,Saeid(MGL)
中盤過ぎ、藤原選手の低い左一本背負いが決まり技あり。その後も上手くケアし、MOLLAEI,Saeid(MGL)選手を破る。


準決勝
CASSE,Matthias(BEL)〇(4:00 優勢勝ち)△BOLTABOEV,Sharofiddin(UZB)
GRIGALASHVILI,Tato(GEO)〇(0:23 体落とし)△DE WIT,Frank(NED)

3位決定戦
藤原崇太郎(旭化成)△(GS5:55 反則勝ち)〇DE WIT,Frank(NED)

フィジカルに勝るDE WIT,Frank(NED)選手が組み勝って先手で攻め、それを藤原選手が凌ぐという展開が続き、本戦で指導2まで失う苦しい展開。なかなか打開する術が見つからず、反撃できません。ゴールデンスコアに入っても同様の展開が続くが、スタミナに難があるDE WIT,Frank(NED)選手のペースがやや落ちたところで藤原選手の小内刈りが決まりかけるも腹ばいに逃げノーポイント。ここから反撃するのがいつもの藤原選手ですが、コンディションがよくないのかペースアップがききません。最後は背負投げで手を放してしまい、掛け逃げの指導を失い反則負け。
藤原選手に限らず、新型コロナの影響で稽古が十分に行えず、コンディション不良の選手が多い印象です。

決勝
CASSE,Matthias(BEL)〇(GS4:47 移腰)△GRIGALASHVILI,Tato(GEO)


優 勝 CASSE,Matthias(BEL)
準優勝 GRIGALASHVILI,Tato(GEO)
第三位 DE WIT,Frank(NED)
第三位 EGUTIDZE,Anri(POR)
第五位 BOLTABOEV,Sharofiddin(UZB)
第五位 藤原崇太郎(旭化成)
第七位 CHOUCHI,Sami(BEL)
第七位 MOLLAEI,Saeid(MGL)



女子
63キロ級
第1シード AGBEGNENOU,Clarisse(FRA)
第2シード 鍋倉那美(所属なし)
第3シード LESKI,Andreja(SLO)
第4シード VERMEER,Sanne(NED)
第5シード TRAJDOS,Martyna(GER)
第6シード QUADROS,Ketleyn(BRA)
第7シード FRANSSEN,Juul(NED)
第8シード DEL TORO CARVAJAL,Maylin(CUB)

鍋倉選手はプールCに配され、2回戦で対戦し、BARRIOS,Anriquelis(VEN)選手と対戦し、ゴールデンスコア5分4秒指導3による反則負け。指導2づつでゴールデンスコアに入り、組み負けるシーンが目立ち、有効な攻撃を見せることが出来ず、最後は極端な防御姿勢の指導でよもやの初戦敗退。全く良いところがありませんでした。


準決勝
AGBEGNENOU,Clarisse(FRA)〇(2:28 片手絞め)△VERMEER,Sanne(NED)
BARRIOS,Anriquelis(VEN)△(4:00 優勢勝ち)〇LESKI,Andreja(SLO)

決勝
AGBEGNENOU,Clarisse(FRA)〇(0:00 合わせ技)△LESKI,Andreja(SLO)


優 勝 AGBEGNENOU,Clarisse(FRA)
準優勝 LESKI,Andreja(SLO)
第三位 OBRADOVIC,Anja(SRB)
第三位 VERMEER,Sanne(NED)
第五位 BARRIOS,Anriquelis(VEN)
第五位 QUADROS,Ketleyn(BRA)
第七位 DEL TORO CARVAJAL,Maylin(CUB)
第七位 OZBAS,Szofi(HUN)




ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村