9月20日から27日の日程で、アゼルバイジャンの首都バクーで2018年世界柔道選手権大会が開催されます。

2018wcbaku01
(Photo by 全日本柔道連盟

会場は、National Gymnastics Arena

アゼルバイジャンと日本の時差は5時間です。(日本時間が5時間早い)

19日に個人戦と団体戦の組み合わせが行われ、20日に男子60キロ級、女子48キロ級が行われ、以下1日に人階級づつ行われます。

最終日の27日に、男女混合の団体戦が行われます。

個人戦の試合は10時から始まり、準決勝以上は16時(いずれも現地時間)から行われるようです。
(日本時間の15時ころから、ファイナルブロックは21時ころから開始)
団体戦は9時から始まるようです。


日程
19日 組み合わせ抽選
20日 男子60キロ級(高藤直寿選手、永山竜樹選手)、女子48キロ級(渡名喜風南選手)
21日 男子66キロ級(阿部一二三選手)、女子52キロ級(志々目愛選手、阿部詩選手)
22日 男子73キロ級(橋本壮市選手)、女子57キロ級(芳田司選手)
23日 男子81キロ級(藤原崇太郎選手)、女子63キロ級(田代未来選手)
24日 男子90キロ級(長澤憲大選手)、女子70キロ級(大野陽子選手、新井千鶴選手)
25日 男子100キロ級(ウルフ・アロン選手)、女子78キロ級(濱田尚里選手)
26日 男子100キロ超級(原沢久喜選手、小川雄勢選手)、女子78キロ超級(朝比奈沙羅選手)
27日 男女混合団体戦(73キロ級 立川新選手、90キロ級 向翔一郎選手、57キロ級 玉置桃選手、70キロ超級 素根輝選手)

組み合わせ
男子81キロ級 藤原崇太郎選手
世界ランキング8位の藤原選手は第7シード。
第1シードはMOLLAEI, Saeid選手(IRI)、第2シードはDE WIT, Frank選手(NED)、第3シードはKHALMURZAEV, Khasan選手(RUS)、第4シードがOTGONBAATAR, Uuganbaatar選手(MGL)となっています。
藤原選手は、プールCの2回戦でZOLOEV, Vladimir選手(KGZ)と対戦します。同じプールには第2シードのDE WIT, Frank選手(NED)がいます。
準決勝では、第3シードのKHALMURZAEV, Khasan選手(RUS)と第6シードのRESSEL, Dominic選手(GER)の勝者と対戦になりそうです。

藤原選手の初戦は、ZOLOEV, Vladimir選手(KGZ)と対戦し、小内刈り、体落としで攻めると相手に指導。次いで高い左一本背負いで大きく飛ばし技あり。続いて、2分低い左の片襟背負いで押し込んで技あり合わせて一本。
3回戦では、DJALO,Alpha Oumar選手(FRA)と対戦し、激しい組手争いの中、片襟が長かった藤原選手に指導。奮起した藤原選手は、早い動きから小内刈りで崩し、背負い落とし気味に潜り込み、強引に返して技あり。その後は上手く組手を捌き、終了間際に片襟指導を受けるが優勢勝ち。
4回戦は、CHOUCHI,Sami選手(BEL)と対戦し、お互いに組み合わない指導を受けるも、その後も組手に妥協せずなかなかいい形になれません。しかし状況を打開しようと藤原選手が攻勢に出ると、守勢に回った相手に指導。残り8秒相手の中途半端な大外刈りを返し技ありを奪い優勢勝ち。
準々決勝は、 SZWARNOWIECKI,Damian選手(POL)と対戦し、組手でプレッシャーを掛けつつ、内股で崩し得意の国士舘返しから崩れ袈裟固めに抑え込んで3分26秒一本勝ち。


準決勝
MOLLAEI, Saeid選手(IRI)対ALBAYRAK,Vedat選手 (TUR)
ゴールデンスコア2分23秒MOLLAEI, Saeid選手が技ありを奪い優勢勝ち。

藤原崇太郎選手対RESSEL, Dominic選手(GER)
一進一退の攻防が続き、あっという間に本戦終了。ゴールデンスコアに入り藤原選手が隅返しで技あり優勢勝ちかと思いきや取り消し。気を取り直し2分29秒支え釣り込み足で一本勝ち。

3位決定戦
WIECZERZAK,Alexander選手 (GER)対RESSEL, Dominic選手(GER)
WIECZERZAK,Alexander選手が一本背負投げで技ありを奪い、優勢勝ち。

SZWARNOWIECKI, Damian選手 (POL)対ALBAYRAK,Vedat選手 (TUR)
1分11秒ALBAYRAK,Vedat選手が小内返しで一本勝ち。

決勝
MOLLAEI, Saeid選手(IRI)対藤原崇太郎選手
肩車で技ありを先に奪われた藤原選手が技ありを大外刈りで取り返しましたが、ゴールデンスコア16秒、密着して裏投げを狙い勝負にいったところを払い巻き込みで合わせられ技あり合わせて一本。無念の一本負け。
勝てる試合だったと思いますが、世界選手権デビューとしては上出来です。
次が楽しみですね。国内争いは永瀬選手との争いがありますが、切磋琢磨して磨いて欲しいですね。

優 勝 MOLLAEI, Saeid選手(IRI)
準優勝 藤原崇太郎
第3位 WIECZERZAK,Alexander (GER)
第3位 ALBAYRAK,Vedat (TUR)


女子63キロ級 田代未来選手
世界ランキング4位の田代選手が第3シード。
第1シードはAGBEGNENOU, Clarisse選手(FRA)、第2シードはTRSTENJAK, Tina選手(SLO)、第4シードがLESKI, Andreja選手(SLO)となっています。
田代選手は、プールDの2回戦でSUELLEN, Silva選手(LBN)と対戦します。同じプールには第6シードのFRANSSEN, Juul選手(NED)がいます。
準決勝では、第2シードのTRSTENJAK, Tina選手(SLO)と第7シードのUNTERWURZACHER, Kathrin選手(AUT)の勝者と対戦になりそうです。

田代選手の初戦は、SUELLEN, Silva選手(LBN)と対戦し、相手が巻き込んで潰れたところを、両足で相手の両足を挟み込んで返し、縦四方固めに抑え込んで1分2秒一本勝ち。
3回戦は、TREMBLAY,Stefanie選手(CAN)と対戦し、組み際に大内刈りに飛び込んで技ありを先制。相手が背負いで潰れると、すかさず片手絞めで極め2分17秒一本勝ち。
準々決勝は、FRANSSEN,Juul選手(NED)と対戦し、小外掛けで崩し、すかさず国士舘返しから肩固めに抑え込み、55秒一本勝ち。


準決勝
AGBEGNENOU, Clarisse選手(FRA)対 TRAJDOS,Martyna選手(GER)
組み際の大内刈りでまずは技ありを奪い、さらに31秒AGBEGNENOU, Clarisse選手が大外刈りに入りあっという間の一本勝ち。

TRSTENJAK, Tina選手(SLO)対田代未来選手
田代選手が得意の大内刈りで技ありを奪い優勢勝ち。今日の田代選手は気合の入り方も、技の切れ味も、寝技のしつこさも抜群です。

3位決定戦
DEL TORO CARVAJAL,Maylin選手 (CUB)対TRSTENJAK, Tina選手(SLO)
3分41秒TRSTENJAK, Tina選手が一本勝ち。

FRANSSEN,Juul選手(NED)対TRAJDOS,Martyna選手(GER)
ゴールデンスコア1分49秒、FRANSSEN,Juul選手が技ありを奪い優勢勝ち。

決勝
AGBEGNENOU, Clarisse選手(FRA)対田代未来選手
本戦は両者ともよく攻めて、よく守りました。ゴールデンスコア50秒AGBEGNENOU, Clarisse選手が払い巻き込みで一本勝ち。田代選手が大内刈りに入るタイミングを上手く捉えました。さすが63キロ級の女王アグベニュー選手。
田代選手惜しい銀メダルですが、次に繋がる試合だったと思います。


優 勝 AGBEGNENOU, Clarisse(FRA)
準優勝 田代未来
第3位 TRSTENJAK, Tina(SLO)
第3位 FRANSSEN,Juul(NED)