えひめ国体柔道競技3日目は女子団体戦です。

東京都は、少年、成年と制し、女子も取れば完全制覇となります。



神奈川県は2回戦から登場し、熊本県を2対1で下した広島県と対戦です。


神奈川対広島

[画像:4c867f66-s.jpg]

先鋒、中堅、副将の高校生が頑張り、それぞれ1本勝ちし、3対0で快勝。
ベスト8に進出です。

東京都も2対1で鹿児島県を下し、ベスト8に進出です。

その他のベスト8には、滋賀県を4対0で下した愛知県、大阪府を3対1で下した埼玉県、山梨県を1対1の内容差で下した地元愛媛県、長崎県を4対1で下した兵庫県、静岡県を2対1で下した千葉県、北海道を2対2の代表戦で下した福岡県が進出です。



準々決勝は
①福岡対千葉
②愛媛対兵庫
③神奈川対埼玉
④東京対愛知
となりました。


神奈川対埼玉

[画像:3b65e3f7-s.jpg]

次鋒は埼玉に先制されましたが、中堅、副将、大将と神奈川が連勝し、逆転で準決勝進出です。

福岡対千葉は、4対1で福岡が圧勝。

愛媛対兵庫は、2対2の内容差で愛媛の勝ち。

東京対愛知は、2対1で愛知の勝ち。
東京都の完全制覇の夢は途切れました。


準決勝は、
①福岡対愛媛
②神奈川対愛知
となりました。

準決勝第1試合
福岡対愛媛


[画像:22d0b76d-s.jpg]

地元愛媛が先鋒から副将まで4連勝で福岡を圧倒し、決勝進出です。


準決勝第2試合
神奈川対愛知

[画像:dd0d6d47-s.jpg]

先鋒が引き分けの後、次鋒は愛知 石川選手が1本勝ち。
中堅は、神奈川 渡邉選手が反則勝ちですぐさま追い付きます。
副将、大将は引き分けに終わり、代表戦に突入。
規定により、引き分けた試合の中から抽選で代表戦の試合が決まります。
今回は、先鋒同士の試合となりました。

代表戦は神奈川 三浦選手が優勢勝ち。

神奈川が、決勝に進出です。


3位決定戦
福岡対愛知

[画像:76311ffe-s.jpg]

次鋒、副将と愛知が取り、2対1で愛知が福岡を下し、3位入賞です。


決勝
神奈川対愛媛


先鋒は、神奈川 三浦選手、愛媛児玉選手、どちらま譲らず引き分け。

次鋒は、愛媛 宇高選手が神奈川 栗田選手に組み勝ち、プレッシャーを掛け追い込みます。栗田選手が小和外刈り技ありで先制。
残り10秒余りのところで、宇高選手が栗田選手の大外刈りを起死回生の小外掛けで切り返し執念の1本勝ち。
貴重な先制点を奪います。

中堅は、神奈川 渡邉選手が愛媛 中矢選手に組み勝ち、攻め込みますが決め手に欠け、指導2までいくものの引き分け。

副将は、神奈川 朝飛選手、愛媛 立川選手。
どうしても1本勝ちが欲しい朝飛選手はしっかり組み止めてから攻めます。
立川選手は何とか引き分けようと、組み際を狙います。
指導を立川選手が受け、残り時間約1分意を決して片襟で大内刈りに飛び込み、持ち直し追い込もうとした瞬間、朝飛選手が大内返しで技ありを奪い、そのまま袈裟固めで1本勝ち。
神奈川がタイに追い付きます。


大将は、神奈川 山口選手、愛媛 井上選手。
山口選手は階級が下のため、一回り以上体が小さいです。
井上選手は引き手で襟を持ち、払い巻き込みを狙いますが、上手く山口選手は捌きます。
組み際の大外刈りで横倒しにするなど、健闘しましたが、残り時間46秒、ついに井上選手の払い巻き込みが炸裂。

地元愛媛が2対1で神奈川を下し、見事に優勝を飾りました!

[画像:bd79cc06-s.jpg]

神奈川は惜しくも準優勝でしたが、よく頑張りました!

お疲れ様でした!