中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

速報

令和元年全国高等学校総合体育大会柔道競技男子団体戦

8月9日から13日の5日間、鹿児島県の鹿児島アリーナ(鹿児島県鹿児島市永吉1丁目30番1号)にて、令和元年全国高等学校総合体育大会柔道競技が行なわれます。
男女ともに三冠が掛かる大会です。

2019ih02
Photo by 全国高等学校体育連盟

大会日程
8月9日 9時開始
開会式 
男子団体戦 3回戦まで

8月10日 9時開始
男子団体戦 4回戦から決勝まで 
男子個人戦 60キロ級、66キロ級
表彰式

8月11日 9時開始
男子個人戦 73キロ級、81キロ級、90キロ級、100キロ級、100キロ超級
表彰式
15時
女子開会式
女子団体戦 2回戦まで

8月12日 9時開始
女子団体戦 3回戦から決勝まで
表彰式
女子個人戦 48キロ級、52キロ級、57キロ級
表彰式

8月12日 9時開始
女子個人戦 63キロ級、70キロ級、78キロ級、78キロ超級
表彰式
閉会式




男女ともに各都道府県の代表1校(開催県の鹿児島県のみ2校)の48校のトーナメント戦で争われます。
男子団体戦は体重無差別の5人の点取り試合で、オーダーは固定です。
女子団体戦は体重無差別の3人の点取り試合で、オーダーは固定です。

競技規則
 (1) 国際柔道連盟試合審判規定による。
 (2) 「優勢勝ち」の判定基準
 ア 団体試合は、「技あり」又は「僅差」(「指導」差2)以上とする。チームの内容が同
等の場合は、代表選手を任意に選出して代表戦を行う。
代表戦で得点差がない場合は、ゴールデンスコア方式の延長戦を行う。
延長戦は、「技あり」以上の得点があった時点、又は「指導」の数に差が出た時点で
試合終了とする。
 イ 個人試合は、「技あり」又は「僅差」(「指導」差2)以上とする。試合終了時に得点
差がない場合は、ゴールデンスコア方式の延長戦を行う。
延長戦は、「技あり」以上の得点があった時点、又は「指導」の数に差が出た時点で
試合終了とする。
 (3) 試合時間は、団体試合、個人試合とも4分間とする。但し、延長戦(ゴールデンスコ
ア)は、時間制限を設けない。 

競技方法
(1) 団体試合(男子・女子、点取り試合) 
- 3 -
ア 試合は、トーナメント戦とする。
イ トーナメント戦の勝敗の決定は次による。
 (ア) 判定基準
 a 選手対選手それぞれの試合の勝敗は、「技あり」又は「僅差」以上とする。
 b 「僅差」は、指導差が2とする。
 (イ) 「技の内容」と「指導」の重み
【一本勝ち=反則勝ち>技あり>僅差】の順とする。
 (ウ) 団体試合のチーム対チームの勝敗の決定
 以下の項目に従って勝敗を決定する。
 a 勝ち数の多いチームを勝ちとする。
 b aで同等の場合は、「一本」による勝ち数の多いチームを勝ちとする。
 ※ 但し、一本勝ちと反則勝ちは同等とする。
 c bで同等の場合は、「技あり」による勝ち数の多いチームを勝ちとする。
 d cで同等の場合は、代表戦を行う。
 代表戦は、その対戦に出場した選手の中から任意に選出して行う。
 e 代表戦で「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、ス
コアをリセットして、ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、勝敗を決する。
延長戦で、「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、
スコアをリセットして、再度ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、必ず勝敗を
決する。
このことは、1回戦から決勝戦までのすべての試合に適用する。
 (2) 個人試合(男子・女子)
ア 体重別試合とする。
イ 試合は、トーナメント戦とする。
※ 「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、スコアをリセッ
トして、ゴールデンスコア方式の延長戦において、勝敗を決する。
延長戦で、「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、スコ
アをリセットして、再度ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、必ず勝敗を決する。
このことは、1回戦から決勝戦までのすべての試合に適用する。 


実施要綱

男子団体戦
東海大相模はプールCに入り、1回戦で沖縄尚学(沖縄)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は新田(愛媛)と対戦。
3回戦は延岡学園(宮崎)、大成(愛知)、東海大大阪仰星(大阪)の勝者と対戦です。

プールAには国士舘(東京)、プールBには崇徳(広島)、埼玉栄(埼玉)、鹿児島情報(鹿児島)プールCには大牟田(福岡)、木更津総合(千葉)、福井工大福井(福井)、プールCには北海(北海道)、田村(福島)、作陽(岡山)が配されています。
プールCはかなり厳しい組み合わせになった印象です。

国士舘が高校選手権、金鷲旗に続きインターハイも制、三冠達成するかが最大の注目点です。
抜き勝負で最大の効果を発揮する各チームのエースも1点しか上げることができません。全員のレベルが問われる点取り試合形式なので、オーダーによりかなりの差がつきます。
国士舘は斉藤選手、藤永選手、道下選手の3人が安定しています。追いかける大牟田は森選手、服部選手、竹市選手が計算できますので、お互いに4人目、五人目の選手が誰と当たるかが重要になります。
誰と対戦しても得点が期待できる選手がいるチームが有利なのに変わりありませんが、その選手以外の奮闘が一番のカギとなるのがインターハイ団体戦ですから、そのあたりに注目したいと思います。


プールA
注目は全国高等学校柔道選手権を制した国士舘(東京)。
対抗は前橋商業(群馬)、神戸国際大附(兵庫)の勝者か。しかし、いずれも国士舘とのチーム力の差があり、国士舘は順当にベスト4に進出しそうです。

1回戦
① 開星(島根)〇 4対1 △高田(大分)
② 国士舘(東京)〇 5対0 △青森北(青森)
③ 高松商業(香川)△ 0対4 〇九州学院(熊本)
④ 神戸国際大附(兵庫)〇 4対0 △名張(三重)

2回戦
⑤ 天理(奈良)〇 3対0 △開星(島根)
⑥ 東海大諏訪(長野)△ 0対5 〇国士舘(東京)
⑦ 高川学園(山口)△ 1対4 〇九州学院(熊本)
⑧ 前橋商業(群馬)△ 1対4 〇神戸国際大附(兵庫)

3回戦
⑨天理(奈良)△ 0対4 〇国士舘(東京)
⑩九州学院(熊本)△ 1対2 〇神戸国際大附(兵庫)




プールB
崇徳(広島)がやや頭ひとつ抜け出した存在の感も、絶対的ではなく埼玉栄(埼玉)、鹿児島情報(鹿児島)、つくば秀英(茨城)、長崎日大(長崎)、京都学園(京都)、津幡(石川)などが僅差で追います。混戦模様で、オーダー次第でどこにでもベスト4進出のチャンスがあると思います。

1回戦
① 鹿児島情報(鹿児島)△ 1対3 〇津幡(石川)
② 柴田(宮城)〇 ②対2(代表戦) △つくば秀英(茨城)
③ 崇徳(広島)〇 4対0 △岡豊(高知)
④ 京都学園(京都)〇 3対0 △盛岡大附(岩手)

2回戦
⑤ 加藤学園(静岡)〇 3対1 △津幡(石川)
⑥ 阿波(徳島)△ 2対3 〇柴田(宮城)
⑦ 長崎日大(長崎)△ 0対2 〇崇徳(広島)
⑧ 埼玉栄(埼玉)〇 1対0 △京都学園(京都)

3回戦
⑨加藤学園(静岡)〇 4対1 △柴田(宮城)
⑩崇徳(広島)△ 0対2 〇埼玉栄(埼玉)


プールC
全国高等学校柔道選手権2位の大牟田(福岡)とベスト8の木更津総合がいきなり初戦で対戦し、その勝者が恐らく福井工大福井(福井)と対戦。
反対からは東海大相模(神奈川)と延岡学園(宮崎)、大成(愛知)の勝者が勝ち上がってくると思われ、今大会一番の激戦区です。

1回戦
① 福井工大福井(福井)〇 5対0 △大曲農業(秋田)
② 大牟田(福岡)〇 3対2 △木更津総合(千葉)
③ 東海大相模(神奈川)〇 3対0 △沖縄尚学(沖縄)
④ 大成(愛知)△ 1対2 〇東海大大阪仰星(大阪)

2回戦
⑤ 鳥取東(鳥取)△ 1対3 〇福井工大福井(福井)
⑥ 瀬田工業(滋賀)△ 0対5 〇大牟田(福岡)
⑦ 新田(愛媛)△ 1対2 〇東海大相模(神奈川)
⑧ 延岡学園(宮崎)△ 1対2 〇東海大大阪仰星(大阪)

3回戦
⑨福井工大福井(福井)△ 1対3 〇大牟田(福岡)
⑩東海大相模(神奈川)〇 ①対1(内容) △東海大大阪仰星(大阪)



プールD
全国高等学校柔道選手権ベスト4の作陽の勝ち上がりが濃厚ですが、田村(福島)、國學院栃木(栃木)、北海(北海道)、佐賀商業(佐賀)も追いかけます。

1回戦
① 東海大甲府(山梨)△ 0対1 〇北海(北海道)
② 羽黒(山形)〇 ②対2(代表戦) △箕島(和歌山)
③ 國學院栃木(栃木)〇 3対1 三角大垣日大(岐阜)
④ 開志国際(新潟)△ 0対3 〇作陽(岡山)

2回戦
⑤ 明桜館(鹿児島)△ 1対3 〇北海(北海道)
⑥ 小杉(富山)〇 4対1 △羽黒(山形)
⑦ 田村(福島)〇 4対1 △國學院栃木(栃木)
⑧ 佐賀商業(佐賀)△ 0対2 〇作陽(岡山)

3回戦
⑨北海(北海道)〇 4対1 △小杉(富山)
⑩田村(福島)△ 1対2 〇作陽(岡山)


プールAは国士舘は相手にも比較的恵まれ、青森北5対0、東海大諏訪5対0、天理4対0と圧勝でベスト8に進出です。反対からは接戦となると思われた前橋商戦を4対1でクリアした神戸国際大附が九州学院を2対1で振り切り進出。

プールBは津幡3対1、柴田4対1と混戦を抜け出した加藤学園と、京都学園1対0、崇徳を2対0で下した埼玉栄がベスト8に進出。

一番の激戦区となったプールCは、大牟田が初戦で木更津総合を中堅までの3連勝(3対2)で試合を決め、続く瀬田工は5対0、福井工大福井は3対1で下してベスト8進出。
反対からは、東海大相模が沖縄尚学3対0、新田2対1、東海大大阪仰星1対1の内容と、ややもたつきながらもベスト8に駒を進めました。

プールDは初戦の東海大甲府を1対0で下し、明桜館を3対1、小杉を4対1と尻上がりに調子を上げベスト8に勝ち上がりました。
反対からは作陽が開志国際に3対0、佐賀商に2対0と失点ゼロで勝ち上がりましたが、3回戦の田村に中堅戦で一本負けし先制され、副将戦で僅差の勝ちで追いつくも内容差では負け。大将戦で高橋選手が鈴木選手からやや幸運な技ありを奪い、逆転でベスト8に進みました。


準々決勝
国士舘(東京)〇 3対0 △神戸国際大附(兵庫)
加藤学園(静岡)△ 1対3 〇埼玉栄(埼玉)
大牟田(福岡)〇 1対2 △東海大相模(神奈川)
北海(北海道)△ 0対1 〇作陽(岡山)

準決勝
国士舘(東京)〇 3対0 △埼玉栄(埼玉)
先鋒岡田  (引き分け)  松本
次鋒道下 〇(優勢勝ち)△ 松崎
中堅林   (引き分け)  枡井
副将藤永 〇( 大腰 )△ 田川
大将斉藤 〇(大内刈り)△ 山野井

国士舘は順当に得点を積み重ね、決勝に進出です。先鋒の岡田選手の動きが今一つなのが気がかりです。試合は引き分けたものの、技ありをを奪われるなど安定感を欠きます。

大牟田(福岡)〇 3対1 △作陽(岡山)
先鋒竹市  〇(袖釣込腰)△ 笠原
次鋒石本   (引き分け)  半田
中堅森   〇(合わせ技)△ 高橋(寛)
副将服部  〇(合わせ技)△ 嵐
大将久保田 △( 腰車 )〇 高橋(翼)

大牟田は得点を挙げるべき選手が確実にポイントを挙げ、作陽の狙う大将勝負になるまえに決着をつけました。

決勝
国士舘(東京) ②対2(代表戦) 大牟田(福岡)
先鋒 岡田 △( 巴投 )〇 竹市
次鋒 道下 △( 足車 )〇 石本
中堅 林   (引き分け)  森
副将 藤永 〇( 内股 )△ 服部
大将 斉藤 〇( 足車 )△ 久保田
代表 斉藤 〇(大外刈り)△ 森

大牟田は狙い通りに先鋒の竹市選手が一本を奪い(当初主審は技あり宣告も、画像確認の結果一本)、続く石本選手も流れに乗って一本勝ちと最高の出だし。
中堅戦は大牟田エースの森選手と国士舘は林選手。結果的にこの試合が勝敗を分けることになりました。先に指導を受けた森選手が中盤から組手で圧倒し、林選手が守勢に回ります。途中指導が与えられても良い場面が何度かありましたが、主審は与えず指導2止まり。森選手も無理をしない形で引き分け。
副将戦は藤永選手と服部選手という組み合わせで、左の相四つ。相四つが苦手な藤永選手ですが、何が何でも一本勝ちをしなければならない状況。対する服部選手は引き分ければ勝ちという状況。
最初の組み合いからこの両者の意気込みの違いが見られ、藤永選手が攻勢をかけ、服部選手は安全に守ろうとする意識がありあり。藤永選手が奥をがっぷりと持ち、内股に飛び込むと服部選手は受けきれず一本。
大将戦では斉藤選手が、今大会もいまひとつ調子の出ない久保田選手を足車で一蹴してタイに追いつき、代表戦に突入。
代表戦では森選手が何とかしようと試みるも、斉藤選手の牙城は高く、組み止められて大外刈りで一本負け。
大牟田としては、勝てる試合を落とした感じです。
先鋒の1勝は予定通りだと思いますが、次鋒の一本勝ちは予定外だったと思います。その結果、中堅の森選手が取りに行かず引き分けでもOKという試合展開となり、最初から引き分け狙いの副将服部選手は藤永選手に飲み込まれてしまいました。
この展開しか勝てないという展開でしたが、次鋒の一本勝ちで勝てるという思いが強くなり過ぎ、安全策を選択したように感じます。その結果、中堅が引き分け流れが傾きました。
国士舘としては、絶体絶命のピンチを5番手の林選手が大牟田のエース森選手と引き分けるということで、流れを取り戻しました。
オーダーを見たとき、大牟田が勝つには先鋒、中堅で2勝し、大将は取られても2対1という形を予想していましたが、それを上回る内容で2試合が終わり、大牟田が勝つと思いました。
しかし、ちょっとの隙で試合の流れは大きく変わってしまいますね。


優 勝 国士舘(東京)
準優勝 大牟田(福岡)
第三位 埼玉栄(埼玉)
第三位 作陽(岡山)
第五位 神戸国際大附(兵庫)
第五位 加藤学園(静岡)
第五位 東海大相模(神奈川)
第五位 北海(北海道)


団体戦結果初日詳細

団体戦結果2日目(準々決勝以降)詳細

ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

第44回関東中学校柔道大会男女個人戦

8月9日から10日の2日間、第44回関東中学校柔道大会が栃木県大田原市の栃木県立県北体育館にて開催されました。

大会要綱

Screenshot_20190806-225514
大会ホームページ

大会日程
8月9日
9時00分 開会式 
9時45分 男女個人戦

8月10日
9時00分 男女団体戦


男子個人戦は50キロ級、55キロ級、60キロ級、66キロ級、73キロ級、81キロ級、90キロ級、90キロ超級の8階級。
女子個人戦は40キロ級、44キロ級、48キロ級、52キロ級、57キロ級、63キロ級、70キロ級、70キロ超級の8階級。


男子個人戦組み合わせ
50キロ級
神奈川県代表
1位 山元惇暉(茅ヶ崎一)
2位 久能桐馬(大野北)
3位 内田迅(北陽)

神奈川県大会1位の山元惇暉選手(茅ヶ崎一)は、2回戦で藤井慶悟選手(茨城・総和南)と対戦し、内股で一本負け。

神奈川県大会2位の久能桐馬選手(大野北)は、1回戦で今村竜太選手(埼玉・田島)と対戦し、技ありを奪われ優勢負け。

神奈川県大会3位の内田迅選手(北陽)は、1回戦で馬渡武待選手(東京・修徳)と対戦し、合せ技で一本負け。

優 勝 近藤耀聖(千葉・山武)
準優勝 馬渡武待(東京・修徳)
第三位 鈴木陽斗(栃木・足利第一)
第三位 佐藤星衣(東京・日本学園)


55キロ級
神奈川県代表
1位 井上航(相洋)
2位 梅津竜人(錦台)
3位 西山倖生(桐蔭学園)

神奈川県大会1位の井上航選手(相洋)は、2回戦で鈴木航大選手(茨城・阿見)と対戦し、指導2による僅差の優勢勝ち。
準々決勝は石井吟平選手(群馬・大泉北)と対戦し、僅差の優勢勝ち。
準決勝は鎌倉啓太郎選手(千葉・蘇我)と対戦し、大内刈りで一本負け。

神奈川県大会2位の梅津竜人選手(錦台)は、1回戦で三木隼人選手(東京・第三亀戸)と対戦し、裏投げで一本勝ち。
2回戦は小林弥祐選手(埼玉・埼玉栄)と対戦し、反則負け。

神奈川県大会3位の西山倖生選手(桐蔭学園)は、1回戦で町川竜平選手(千葉・御滝)と対戦し、反則勝ち。
2回戦は若菜春樹選手(栃木・栃木大谷南)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準々決勝は坪井蓮矢選手(茨城・大久保)と対戦し、ゴールデンスコアで僅差の優勢勝ち。
準決勝は小林弥祐選手(埼玉・埼玉栄)と対戦し、技ありを奪われ優勢負け。

優 勝 鎌倉啓太郎(千葉・蘇我)
準優勝 小林弥祐(埼玉・埼玉栄)
第三位 西山倖生(桐蔭学園)
第三位 井上航(相洋)


60キロ級
神奈川県代表
1位 猪熊天(茅ヶ崎一)
2位 畠山悠青(相原)
3位 中村帆希(相洋)

神奈川県大会1位の猪熊天選手(茅ヶ崎一)は、2回戦で荒川琉正選手(東京・足立学園)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準々決勝は秋山悟大選手(千葉・市川第七)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準決勝は清水福虎選手(茨城・常北)と対戦し、合せ技で一本負け。

神奈川県大会2位の畠山悠青選手(相原)は、1回戦でテルプゴフ・ザハル選手(山梨・小淵沢)と対戦し、技ありを奪われ優勢負け。

神奈川県大会3位の中村帆希選手(相洋)は、1回戦で菊田創選手(茨城・土浦第四)と対戦し、ゴールデンスコアで技ありを奪われ優勢負け。

優 勝 小野日向(東京・足立学園)
準優勝 清水福虎(茨城・常北)
第三位 猪熊天(茅ヶ崎一)
第三位 磯野隆太郎(埼玉・埼玉栄)


66キロ級
神奈川県代表
1位 服部辰成(東海大相模)
2位 飯塚康太(六角橋)
3位 湯澤慎也(横浜南)

神奈川県大会1位で昨年の全中60キロ級2位の服部辰成選手(東海大相模)は、2回戦で板東新選手(埼玉・田島)と対戦し、小外刈りで一本勝ち。
準々決勝は奥村匠美選手(栃木・黒磯)と対戦し、ゴールデンスコアで僅差の優勢勝ち。
準決勝は川端倖明選手(千葉・船橋旭)と対戦し、ゴールデンスコアで僅差の優勢勝ち。
決勝は大松﨑彪貴選手(茨城・結城)と対戦し、ゴールデンスコアで僅差の優勢勝ち。
接戦をものにして、苦しみながらも優勝です。

神奈川県大会2位の飯塚康太選手(六角橋)は、1回戦で岩﨑祐斗選手(群馬・群馬南)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
2回戦は大松﨑彪貴選手(茨城・結城)と対戦し、合せ技で一本負け。

神奈川県大会3位の湯澤慎也選手(横浜南)は、1回戦で菊地鷹選手(千葉・御滝)と対戦し、合せ技で一本負け。

優 勝 服部辰成(東海大相模)
準優勝 大松﨑彪貴(茨城・結城)
第三位 永井希(東京・足立学園)
第三位 川端倖明(千葉・船橋旭)


73キロ級
神奈川県代表
1位 木原彗登(東海大相模)
2位 久能秀馬(大野北)
3位 武内忍苑(南下浦)

神奈川県大会1位で昨年の全中66キロ級ベスト16の木原彗登選手(東海大相模)は、2回戦で石塚隼多選手(東京・修徳)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準々決勝は杉野瑛星選手(埼玉・埼玉栄)と対戦し、ゴールデンスコアで反則勝ち。
準決勝は伊澤直乙斗選手(千葉・山武)と対戦し、反則負け。

神奈川県大会2位の久能秀馬選手(大野北)は、1回戦で木下尚選手(山梨・上野原)と対戦し、体落としで一本勝ち。
2回戦は内藤智選手(栃木・足利第一)と対戦し、ゴールデンスコアで僅差の優勢勝ち。
準々決勝は赤澤飛龍選手(東京・足立谷)と対戦し、ゴールデンスコアで僅差の優勢負け。

神奈川県大会3位の武内忍苑選手(南下浦)は、1回戦で三崎大和選手(千葉・東海大浦安)と対戦し、合せ技で一本負け。

優 勝 伊澤直乙斗(千葉・山武)
準優勝 三崎大和(千葉・東海大浦安)
第三位 木原彗登(東海大相模)
第三位 赤澤飛龍(東京・足立谷)


81キロ級
神奈川県代表
1位 小泉孝介(六角橋)
2位 田中良尚(早渕)
3位 田所大和(大沢)

神奈川県大会1位の小泉孝介選手(六角橋)は、2回戦で東川伯選手(千葉・東海大浦安)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
準々決勝は片山涼選手(栃木・國學院栃木)と対戦し、大外刈りで一本勝ち。
準決勝は笠川智史選手(東京・明大中野)と対戦し、僅差の優勢負け。

神奈川県大会2位の田中良尚選手(早渕)は、1回戦で黒川拓真選手(茨城・石下)と対戦し、横四方固めで一本勝ち。
2回戦は長谷川環選手(群馬・新治)とし、技ありを奪われ優勢負け。

神奈川県大会3位の田所大和選手(大沢)は、1回戦で鈴木拳斗(東京・国士舘)と対戦し、大内刈りで一本負け。

優 勝 長谷川環(群馬・新治)
準優勝 笠川智史(東京・明大中野)
第三位 小泉孝介(六角橋)
第三位 粂田和樹(埼玉・埼玉栄)


90キロ級
神奈川県代表
1位 田中詩音(東海大相模)
2位 小田優雅(六角橋)
3位 大石雄郎(横浜西)

神奈川県大会1位の田中詩音選手(東海大相模)は、2回戦で島田陽翔選手(茨城・神栖第二)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
準々決勝は長田虎次郎選手(東京・国士舘)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
準決勝は新井道大選手(埼玉・埼玉栄)と対戦し、ゴールデンスコアで反則負け。

神奈川県大会2位の小田優雅選手(六角橋)は、1回戦で髙橋翔選手(埼玉・田島)と対戦し、優勢勝ち。
2回戦で遠藤大城選手(千葉・市川第七)と対戦し、内股で一本勝ち。
準々準決勝はカフレ・ガブリエル選手(茨城・土浦第四)と対戦し、技ありを奪われ優勢負け。

神奈川県大会3位の大石雄郎選手(横浜西)は、1回戦で横張友樹(山梨・勝沼)と対戦し、払い腰で一本勝ち。
2回戦は齋五澤凌生選手(栃木・足利第一)と対戦し、内股で一本負け。

優 勝 齋五澤凌生(栃木・足利第一)
準優勝 新井道大(埼玉・埼玉栄)
第三位 田中詩音(東海大相模)
第三位 カフレ・ガブリエル(茨城・土浦第四)


90キロ超級
神奈川県代表
1位 金杉元太(東海大相模)
2位 多賀谷一輝(金目)
3位 三村悠晟(保土ヶ谷)※小原颯太(富士見)の代替出場

神奈川県大会1位の金杉元太選手(東海大相模)は、2回戦で井田翔大選手(埼玉・田島)と対戦し、支え釣り込み足で一本勝ち。
準々決勝は唐木康大選手(東京・国士舘)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準決勝は菊池晏至選手(群馬・みずき)と対戦し、送り足払いで一本勝ち。
決勝は坂口稜選手(埼玉・埼玉栄)と対戦し、技ありを奪われ優勢負け。

神奈川県大会2位の多賀谷一輝選手(金目)は、1回戦で田邉琉星選手(千葉・鴨川)と対戦し、払い腰で一本負け。

神奈川県大会3位の三村悠晟選手(保土ヶ谷)は、1回戦で芹澤泰弥(群馬・榛名)と対戦し、支え釣り込み足で一本負け。

優 勝 坂口稜(埼玉・埼玉栄)
準優勝 金杉元太(東海大相模)
第三位 藤井達也(茨城・古河第二)
第三位 菊池晏至(群馬・みずき)


男子個人戦結果詳細



女子個人戦組み合わせ
40キロ級
神奈川県代表
1位 伊與田ねね(金目)
2位 青木陽香(橘)

神奈川県大会1位で昨年も関東大会に出場している伊與田ねね選手(金目)は、1回戦で遠藤弥空選手(山梨・駿台甲府)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
準々決勝は福元稲穂選手(埼玉・田島)と対戦し、反則勝ち。
準決勝は平塚月碧選手(栃木・姿川)と対戦し、ゴールデンスコアで反則負け。


神奈川県大会2位の青木陽香選手(橘)は、1回戦で野上言佳(茨城・那珂湊)と対戦し、反則負け。

優 勝 野上言佳(茨城・那珂湊)
準優勝 平塚月碧(栃木・姿川)
第三位 伊與田ねね(金目)
第三位 村田花梨(埼玉・大砂土)


44キロ級
神奈川県代表
1位 上水緒久実(金目)
2位 平林加暖(有馬)

神奈川県大会1位の上水緒久実選手(金目)は、1回戦で浅野月架選手(群馬・宮郷)と対戦し、払い腰で一本勝ち。
準々決勝は森田心優選手(埼玉・安行)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
準決勝は高木由有選手(東京・淑徳)と対戦し、大外刈りで一本負け。

神奈川県大会2位の平林加暖選手(有馬)は、1回戦で半田百花(栃木・協和)と対戦し、送り襟絞めで一本負け。

優 勝 宮木果乃(東京・修徳)
準優勝 高木由有(東京・淑徳)
第三位 荒木喜ツ花(埼玉・田島)
第三位 上水緒久実(金目)


48キロ級
神奈川県代表
1位 井桁美優(大正)
2位 飛田美緒(旭が丘)

神奈川県大会1位の井桁美優選手(大正)は、1回戦で馬竹柑奈選手(千葉・東海大浦安)と対戦し、技ありを奪われ優勢負け。

神奈川県大会2位の飛田美緒選手(旭が丘)は、1回戦で渡邉愛夏(山梨・下吉田)と対戦し、合せ技で一本負け。

優 勝 池田湖音選(埼玉・田島)
準優勝 最上蒔芽(栃木・清原)
第三位 丹羽夏鈴(東京・淑徳)
第三位 大竹詩穂梨(東京・淑徳)


52キロ級
神奈川県代表
1位 青木心音(金目)
2位 布施咲也加(浜岳)

神奈川県大会1位で昨年関東大会2位の青木心音選手(金目)は、1回戦で國分ひなた選手(栃木・足利第一)と対戦し、反則勝ち。
準々決勝は新井心彩選手(埼玉・東松山北)と対戦し、僅差の優勢負け。

神奈川県大会2位の布施咲也加選手(浜岳)は、1回戦で伊藤優(山梨・竜王)と対戦し、僅差の優勢負け。

優 勝 新井心彩(埼玉・東松山北)
準優勝 宝本陽(千葉・東海大浦安)
第三位 関口凜(群馬・箕郷)
第三位 増渕さくら(栃木・清原)


57キロ級
神奈川県代表
1位 杉山凛(茅ヶ崎一)
2位 中島明夏(大磯)

神奈川県大会1位の杉山凛選手(茅ヶ崎一)は、1回戦で後藤唯選手(栃木・足利第一)と対戦し、反則勝ち。
準々決勝は小澤あゆ選手(山梨・山梨大学附属)と対戦し、大外返しで一本勝ち。
準決勝はトーレス・カミラ選手(群馬・佐野)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
決勝は山本妃菜子選手(千葉・市川第七)と対戦し、払い巻き込みで一本勝ち。
全試合一本勝ちで優勝です。

神奈川県大会2位の中島明夏選手(大磯)は、1回戦で蚊口雪乃(東京・上板橋第三)と対戦し、ゴールデンスコアで技ありを奪われ優勢負け。

優 勝 杉山凛(茅ヶ崎一)
準優勝 山本妃菜子(千葉・市川第七)
第三位 戸﨑はんな(茨城・大野)
第三位 トーレス・カミラ(群馬・佐野)


63キロ級
神奈川県代表
1位 佐藤彩葉(茅ヶ崎一)
2位 望月歌乃(六角橋)

神奈川県大会1位の佐藤彩葉選手(茅ヶ崎一)は、1回戦で小林杏遙選手(栃木・栃木大谷南)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
準々決勝は葛西桃香選手(千葉・葛飾)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準決勝は水間仁子選手(埼玉・田島)と対戦し、大外刈りで一本負け。

神奈川県大会2位の望月歌乃選手(六角橋)は、1回戦で青田れもん選手(茨城・下妻)と対戦し、小外刈りで一本負け。

優 勝 水間仁子(埼玉・田島)
準優勝 横山七海(千葉・大原)
第三位 青田れもん(茨城・下妻)
第三位 佐藤彩葉(茅ヶ崎一)


70キロ級
神奈川県代表
1位 竹下綾香(金目)
2位 川口彩絵(茅ヶ崎一)

神奈川県大会1位の竹下綾香選手(金目)は、1回戦で栗原あづ選手(群馬・宮郷)と対戦し、崩れ袈裟固めで一本勝ち。
準々決勝は鈴木莉緒選手(茨城・結城)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準決勝は山本海蘭選手(山梨・富士学苑)と対戦し、技ありを奪われ優勢負け。

神奈川県大会2位の川口彩絵選手(茅ヶ崎一)は、1回戦で森静玖(埼玉・田島)と対戦し、払い腰で一本負け。

優 勝 山本海蘭(山梨・富士学苑)
準優勝 城代恵美(群馬・太田西)
第三位 小林絆(千葉・市川第七)
第三位 竹下綾香(金目)


70キロ超級
神奈川県代表
1位 酒井類(金目)
2位 佐藤蓮(金目)

神奈川県大会1位の酒井類選手(金目)は、1回戦で本川怜奈選手(東京・藤村女子)と対戦し、ゴールデンスコアで僅差の優勢負け。

神奈川県大会2位の佐藤蓮選手(金目)は、1回戦で岡葉月(栃木・足利第一)と対戦し、合せ技で一本勝ち。
準々決勝は鹿島楓選手(埼玉・田島)と対戦し、技ありを奪い優勢勝ち。
準決勝は斉藤美優選手(東京・帝京)と対戦し、反則負け。

優 勝 斉藤美優(東京・帝京)
準優勝 本川怜奈(東京・藤村女子)
第三位 大鷹夏美(茨城・美浦)
第三位 佐藤蓮(金目)


女子個人戦結果詳細
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ