中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

波乱

インターハイ柔道2018

2018年のインターハイ柔道競技が昨日で終了しました。


男子団体戦
天理が国士舘の3冠を阻み、見事に27年ぶり14回目のインターハイチャンピオンになりました。
ベスト8には、国士舘(東京都)、作陽(岡山県)、白鷗大足利(栃木県)、名張(三重県)、九州学院(熊本県)、桐蔭学園(神奈川)、鹿児島情報(鹿児島県)、天理(奈良県)の8校が残りました。

当初の私の予想は、国士舘作陽木更津総合埼玉栄東海大甲府桐蔭学園福井工大福井天理という予想でした。
黒字太字が正解、赤字太字が不正解ということで、正答率50%でした。

今年の木更津総合はまとまった好チームでしたので、勝った白鷗大足利を褒めるべきですね。
木更津総合は、福岡大大濠を3対1、崇徳を2対0で下しています。エースの浅野選手が一本負けしたのが痛かったですね。

地元名張の頑張りも特筆ものでしたね。
埼玉栄は津幡に0対3で敗れ、その津幡を2対2の代表戦で下してのベスト8でした。名張は2回戦で新田も2対2の内容差で下しての進出ですから、しぶといチームです。

九州学院も東海大甲府を4対1の大差で下し、地元四日市中央工とは1対1の内容差で勝っての進出でした。

鹿児島情報はつくば秀英を1対0、福井工大福井を2対1で下してのベスト8。いずれも最少得点差でした。


桐蔭学園は、賀持選手の怪我が痛すぎましたね。
勝負にタラレバは禁物ですが、万全の体勢ならば2連覇も十分ありましたね。

国士舘は安定していました。
決勝も勝ちパターンでした。あの形で負けたのならば仕方ないところです。
先鋒の藤永選手が止められたのが痛かったですね。そして長谷川選手の不調も予定外だったかもしれませんね。
受けの弱い安藤選手を使い続ける選択となり、決勝では植岡選手に得点を許しました。

優勝の天理は、中野選手の活躍はもちろんですが、植岡選手が確実にポイントを挙げていたのが大きかったですね。


女子団体戦
夙川学院が春夏連覇を飾りました。
ベスト8には埼玉栄(埼玉)、桐蔭学園(神奈川)、北海(北海道)、夙川学院(兵庫)、富士学苑(山梨)、藤枝順心(静岡)、熊本西(熊本)、敬愛(福岡)の8校が残りました。

予想では、埼玉栄桐蔭学園鹿児島南夙川学院富士学苑帝京熊本西大成でした。

北海は鹿児島南を2対1で下してベスト8でした。
優勝候補の帝京を1対1の内容差で下した藤枝順心の戦いも素晴らしかったです。0対1で迎えた大将戦での逆転の一本勝ちです。
大将戦での逆転の一本勝ちは、敬愛対大成でも同様でした。

夙川学院は、大将の吉峰選手が頑張りましたね。
特に準決勝の桐蔭学園戦では逆転の一本勝ちですから。
決勝は思いのほか大差がつきました。


男子個人戦
60キロ級、66キロ級、73キロ級は比較的順当な結果でした。

60キロ級の近藤選手(佐賀工)は、椙本選手(東海大相模)との準々決勝がポイントでしたね。
逆転の一本勝ちで勢いに乗りました。

66キロ級の桂選手(長崎日大)は、初戦の松村選手(足立学園)との試合がポイントでしたね。一度敗れた相手にリベンジし、勢いに乗りましたね。決勝は手の内の知れた者同士。これから何度も戦うことになるのでしょう。

73キロ級の内村選手は力強かったですね。決勝の狙い澄ました谷落としは見事でした。
その他の有力選手が途中で脱落した印象です。


81キロ級は、竹市選手(大牟田)と板東選手(木更津総合)の一騎打ちかと思いましたが、押領司選手(足立学園)が素晴らしい試合ぶりで割り込んできましたね。

90キロ級は、村尾選手(桐蔭学園)の独壇場でした。

100キロ級は、団体戦から好調な植岡選手(天理)、団体戦では不本意な結果だった八木選手(崇徳)、藤鷹選手(大成)が活躍しましたが、決勝は皆川選手(千葉経済大付)に敗れました。

100キロ超級は、なんといっても3回戦での斉藤選手(国士舘)と中野選手(天理)の戦いですね。
頭ひとつこの二人が抜きんでていました。


女子個人戦
怪我などで有力選手が欠場するのが目立ちましたね。
48キロ級は選手権2位の村川選手(夙川学院)と3位の渡邉選手が2回戦で潰し合う展開。
渡邉選手は、選手権優勝の芳田選手(比叡山)も下す活躍でしたが、悲願の優勝には届きませんでしたね。
世界ジュニアチャンピオンの久保井選手(京都文教)の敗戦も意外でした。
荒れた試合を制したのは、昨年のチャンピオン古賀選手(南筑)でした。

52キロ級は、阿部選手不在の中、選手権優勝の大森選手(帝京)が準決勝で對馬選手(東北)に敗れ、決勝では藤本選手(敬愛)が對馬選手を破る荒れた展開でした。
對馬選手は選手権に続き悔しい2位でした。

57キロ級は、古賀選手(創志学園)が欠場。選手権優勝の金選手も準決勝で敗れるなど、荒れました。
最後は全日本カデチャンピオンの岡田選手(立命館宇治)が優勝でした。

63キロ級は、結城選手(富士学苑)が欠場、選手権優勝の浦選手(創志学園)も準決勝で敗れ、浦選手を破った壇野選手(星翔)がそのまま勢いに乗って優勝でした。

70キロ級は、全日本カデチャンピオンの朝飛選手がベスト8で多田選手(敬愛)に敗れ、準決勝は瀬戸選手(富士学苑)が不戦敗。多田選手に勝った桑形選手(夙川学院)が優勝しました。

78キロ級は、団体戦でも活躍した長谷川選手(夙川学院)と野澤選手(桐蔭学園)の決勝となり、長谷川選手が優勝。怪我で1年近く実戦を離れていた野澤選手の準優勝は見事でした。

78キロ超級は、選手権無差別級チャンピオンの高橋選手(帝京)が優勝。団体戦の憂さを晴らしました。


こうやって振り返ると、ちょっとしたことで試合の流れは変わるということですね。
改めてメンタルの重要性を感じました。






2017ブタペスト世界柔道選手権 波乱の81キロ級 63キロ級

2017ブタペスト世界柔道選手権4日目ですが、ここまで男子は全階級で優勝。
女子も57キロ級が銀メダルで残りの2階級は金メダルと絶好調です。

[画像:024554dd-s.jpg]


本日は、男子81キロ級と女子63キロ級が実施されます。


男子は世界チャンピオンの永瀬選手(旭化成)。
女子は代表を見送りとなっています。



今日は永瀬選手に期待いたいと思います。
高校時代の恩師も急遽ブタペストまで応援に出かけたようですから、負けられませんね。



男子81キロ級

永瀬選手の組み合わせはある意味悪く、ある意味良い組み合わせです。
準々決勝でオリンピックチャンピオンのハサン・ハルモルザエフ選手(ロシア)と対戦します。

世界チャンピオン同士の戦いは注目です。
お互いに余力もあるでしょうから、激しい戦いとなると思います。
最後は、勝ちたい気持ちが強い方が勝つと思います。
勝ちに執着して頑張って欲しいですね。


初戦の2回戦を順調に一本勝ちでスタートしました。
スロースターターの永瀬選手ですから、幸先がよいですね。
3回戦も一本勝ちしましたが、4回戦で伏兵のボボノフ選手(ウズベキスタン)に足元を掬われました。
試合開始早々に袖口の指導を受け、直後に大内刈りで反撃した際に、膝を痛めたようです。

大内刈りで相手の足を刈り、相手が倒れながら体を捻った際に、着いた足に相手の足が絡まって内側靭帯、前十字靭帯、内側半月板あたりを痛めたのだと思います。
ゴールデンスコアに突入し、指導3の反則負けとなりました。

4回戦での敗戦ため、敗者復活戦にも回れません。
ケガのことを考えれば、敗者復活戦に出られなくて良かったです。

早くケガを治して復活して欲しいものです。

ベストセラー4にはハルモルザエフ選手が残り、他はある意味ノーマークな選手が残ってきました。
81キロ級は世代交代が一気に進んだ感じです。

優勝は準決勝でハルモルザエフ選手を破ったヴィークツェルツァク選手(ドイツ)がそのまま勢いに乗って優勝です。

女子63キロ級

トルステニャク選手(スロベニア)とアグベニュー選手(フランス)との一騎打ちが濃厚なこの階級です。
二人は決勝で戦う組み合わせですが、アグベニュー選手はトルステニャク選手を大の苦手としています。
どのように攻略するか楽しみですね。

両者は順調にベスト4に進出しました。
アグベニュー選手とトルステニャク選手は決勝で戦い、指導3による反則勝ちで優勝しました。


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ