中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

増田俊也

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

DSC_0100

このところはまっている本です。

増田俊也さんの「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」です。

七帝柔道をやっていた選手と関わることになり、なぜあんなにも寝技主体の柔道にこだわり、卒業してからも七帝戦にこだわるのかを知りたくなり、七帝柔道記を読んだのが運の尽きでした(^^;

思いっきり、ドップリとはまりましたよ。

読み終わって、続きが読みたくなったのは当然として、それ以外の本も読みたくなりました。

そして現在は、この本です。

まだ、読み始めたばかりですが、色々と奥が深いです。
毎日少しづつ読み進めています。

よろしければ、ぜひ、この世界を体験してみてください。



七帝柔道記

DSC_0053

七帝柔道記です。

七帝柔道とは、北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学の旧帝国大学の柔道部のことです。

この七帝柔道は、高専柔道の流れを汲み、寝技に特化した柔道を行います。


特に、七帝戦といわれる対抗戦が毎年一回行われますが、その熱の入りようは一般の方から見たら異常です。


私がいつも稽古している鎌倉柔道協会錬成会には、この七帝の柔道家がたくさんいます。
その方々から話を聞いて、おおよその話は理解していました。

そして、北海道大学の柔道部だった増田俊也さんが書いた七帝柔道記があるのも聞いていました。

この話は、読んではいけないと私の中で封印封印していたのですが、この著者の増田さんと増田さんの先輩の和泉さんの対談を読んだら、思わず涙ぐんでしまい、無性に読みたくなってしまいました。


鎌倉にも北海道大学のOBが来ており、この対談の中に名前が出でくる方も一緒に稽古しているので、最早他人事ではなくなってしまっているのです。


北海道大学のこの時期には、ヒクソン・グレイシーと戦った中井祐樹さんも在籍しています。
こんなドラマというか半分実話のような小説、読みたくなるというもんです。


そんな訳で、じっくり読みたいと思います。




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ