中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

増田俊也

本当の強さとは何か

DSC_0162

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読み終えましたので、続いてはこちらです。

「本当の強さとは何か」
著者の増田俊也氏と中井祐樹氏の対談をまとめたものです。

ゆっくりと読んでいきたいと思います。



3つの柔道部物語

柔道を題材として取り上げた話はいくつかありますが、私の中にはこの3つのお話が非常に強く印象に残っています。


柔道部物語(小林まこと作)
柔道を30年位前にやっていた人で、柔道部物語(1985年~1991年)を読んだことが無かった人は少なかったのではないでしょうか。

特に勉強よりも部活動というように力を入れていた人にとっては、まさに自分たちのことを書いてくれているような代弁者的な漫画であり、非常にリアリティがあった作品でした。


女子柔道部物語(小林まこと作)
そして時を経て2016年からは、恵本裕子さんをモデルにした女子柔道部物語が始まりました。
こちらも、現実のの話がふんだんに盛り込まれ、リアリティの高い作品になっています。

これら2つの作品は、どちらも講道館柔道に則った試合(国際ルール含む)で、一般的に柔道というと、これらの講道館柔道を意味していることが大半です。

しかし、柔道の歴史を紐解くと講道館柔道以外にも様々な柔道(柔術)があったそうです。
そのひとつが、高専柔道と呼ばれる寝技に重心をおいた柔道です。


七帝柔道記(増田俊也作)
この高専柔道は、帝国大学で行なわれ、現在も続いています。
これを舞台にして書かれたのが七帝柔道記で、高専柔道版の柔道部物語といったところです。

こちらのお話も、かなりリアルな内容で、七帝柔道の関係者には人気があるそうです。
私も読んでみましたが、その理由が良く分かりました。


女子柔道部物語、柔道部物語、七帝柔道記、見た目は全く違うように見えますが、その本質は同じですね。





Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ