中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

イグナシオ

RISE129

11月17日、両国国技館にて開催されるRISE129にてイグナシオ“EL MISIL”カプロンチ選手とスアキム・PKセンチャイジム選手の対戦が組まれています。

Screenshot_20181115-022024


両者は那須川天心選手に敗れているという共通点があります。

イグナシオ“EL MISIL”カプロンチ選手は、2017年11月に対戦し、3R1分15秒に3度のダウンを奪われTKO負け。

スアキム・PKセンチャイジム選手は、2018年2月に僅差の判定にて那須川選手に敗れています。

この両者の戦いは、間違いなく面白い戦いになると思います。

この他にも、
第7代バンタム級(-55kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R
鈴木真彦 VS 結城将人

第2代ウェルター級(-67.5kg)3分5R無制限延長R
“ブラックパンサー”ベイノア VS 渡部太基

RISE World Series -59kg契約 3分3R延長1R
裕樹 VS ロッタン・ジットムアンノン

-66.5kg契約 3分3R
HIROYA VS 内村洋次郎

フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
森本“狂犬”義久 VS 篠塚辰樹

ライト級(-63kg)3分3R延長1R
北井智大 VS 白鳥大珠

RISE World Series -57.5kg契約 3分3R延長1R
工藤政英 VS 志朗

那須川天心選手と清水賢吾選手も出場予定です。
かなり中身の濃い試合が展開されると思います。

KNOCK OUT SUMMER FES.2018  RISE129

ボクシングが盛り上がりを見せる中、キックボクシングも負けていません。


KNOCK OUT SUMMER FES.2018
先日19日に大田区総合体育館で開催されたKNOCK OUT SUMMER FES.2018では、「KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級(−64キロ)王座決定トーナメント」の決勝戦が行われました。


決勝に勝ち上がったのは、不可思選手と秀樹選手の二人。

初回は不可思選手が前に出てプレッシャーを掛ける展開でしたが、お互いに決めてなくオープンスコアでは3人のジャッジとも10対10。

2回には終盤秀樹選手がパンチを当て、ジャッジ2名が10対9で秀樹選手を支持。

3回は不可思選手が前に出てプレッシャーを掛けながらミドル、ロー、ハイと蹴り分けるも、秀樹選手もパンチを返し、ジャッジはいずれも10対10。

4回に秀樹選手の左ストレートがヒットし、不可思選手は大きくグラつき、ダウン寸前。チャンスとばかりに秀樹選手も詰めますが、必死のクリンチで何とかこのピンチを切り抜け、その後は右のミドルを効かせます。
そして終盤、不可思選手の右クロスで秀樹選手がダウン。
時間も無く、追撃はできませんでしたが、ピンチのラウンドを逆に物にすることに成功しました。

最終の5回は、お互いにダメージもあり気持ちだけの戦いになっているのが映像からも伺えます。
見ていて熱くなりましたね。
ポイントをリードされた秀樹選手は、それまでの距離を取った戦いから、肘を交えた接近戦を指向し当ててきます。不可思選手もこれに下がらず、右ストレート、ミドル、ロー、ハイと蹴りながら応戦。
そして終了のゴング。


判定は、50対49、48対48、49対48の2対0で不可思選手が秀樹選手を振り切りました。


不可思選手を初めて見たのは、2014年12月29日に大田区総合体育館で開催されたBLADE 1-BLADE FIGHTING CHAMPIONSHIP【BLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメント】でした。
(この試合に出場していた選手は、今思うとかなりのメンバーでしたね)
その時から印象深い選手でしたが、階級を上げて強さが増しましたね。



RISE129
11月17日に両国国技館で行われるRISE129では、那須川天心選手を苦しめたスアキムスアキム・PKセンチャイジム選手が参戦し、天心選手と対戦経験のあるRISEフェザー級2位イグナシオ“EL MISIL”カプロンチ選手と対戦が決定したそうです。

スアキム選手と那須川選手との激闘は記憶にも新しいところですが、またあのスアキム選手を見られるのは嬉しいですね。
今回の試合は3Rという事ですから、普段5Rになれているスアキム選手にはちょっと勝手が違うと思います。
イグナシオ選手もかなりの強豪ですから、3Rでの競った戦いが見られるのではないでしょうか。

また、天心選手を一番苦しめたと言われるロッタン・ジットムアンノン選手の参戦についてもオファーしているそうです。
これも参戦となれば盛り上がること間違いなしですね。

そして、前述のようにKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座についた不可思選手にもオファーしているそうです。

非常に興味深い試合が組まれそうですので、注目ですね。

記事検索
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ