中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

キックボクシング

「PANCRASE REBELS RING」対戦カード

2019年2月17日に新木場のスタジオコーストにて開催される「PANCRASE REBELS RING」(仮称)の対戦カードが発表されました。

Screenshot_20181212-214626


REBELS 70kg級タイトルマッチ REBELSルール
REBELS 70kg級王者 日菜太 VS ラジャダムナン認定スーパーウェルター級王者 シップムーン・シットシェフブンタム

日菜太選手は3度目の防衛戦ということですが、過去最強のチャレンジャーといっても過言ではないラジャダムナン認定スーパーウェルター級王者のシップムーン・シットシェフブンタムとの対戦です。



57.5kg級 3分3回戦(延長あり) REBELSルール
REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者 KING強介 VS 栗秋祥梧


今大会はPANCRASEとREBELSがグループ化されてから初となるムエタイ・キックボクシングのみの試合として行なわれます。大会は2部構成で行なわれるそうで、第1部は10試合、第2部は6~7試合を予定ということ。
WPMF&ISKA K-1ルール 世界バンタム級王者・小笠原瑛作選手(クロスポイント吉祥寺)の出場も予定されているそうです。
しかも、今大会はTOKYO MXテレビで地上波放送もされ、さらにUFC FIGHT PASSで178の国と地域に放送されるということです。
PANCRASEとREBELSは、以前から色々な取り組みを垣根なく行なっている印象ですね。

日頃から応援している日菜太選手の試合ですから、現地で応援したいですね。



フロイド・メイウェザーVS那須川天心VS武尊

年末のRIZIN.14でフロイド・メイウェザー選手と那須川天心選手が対戦しますが、ルールは未だに二転三転の模様です。

3分3ラウンドのボクシングルールをベースに、グローブは8オンス、ジャッジなし、天心選手もシューズを履くことが濃厚だそうです。

体重差10キロはあるのに、グローブも同じとは、メイウェザー選手は天心選手を相当警戒していますね。
確かに、あの戦いぶりをみたら万が一ということが有り得る危険な存在ですからね。
しかし、体重差は大きいですね。
スピードはどっちがあるんでしょうか。
メイウェザー選手が、天心選手のスピードについていけないと面白いのですがね。


b5fa8ad41876805695aa96c3ee86614765aab3a5_xlarge

RIZIN.14



そんな那須川天心選手との対戦をようやく口にしたのが、先日大阪で行なわれたK-1のスーパーフェザー級チャンピオンの武尊選手。

団体の垣根の問題があり、今までは明言していませんでしたが、ようやくここにきて那須川天心選手との対戦を試合後に話しましたね。

もちろんプロですから、団体の大人の事情に左右され、言えないこともあったと思います。
しかし、以前からこの二人の対戦は期待されていたもの。
格闘家として対戦したい相手がいるのに出来ないというのは気の毒なものです。

ようやくその機運が高まってきたということなのでしょう。
メイウェザー選手と天心選手が対戦することになって、自分との対戦を忘れ去られそうで焦ったのかもしれませんね。


さて、二人が対戦したらどうなるでしょうか。

天心選手はスピードある攻撃が目立ちますが、一番凄いのはディフェンスだと思います。
武尊選手は、多少の被弾をものともせず、パワフルな攻撃が売りです。
天心選手がしっかりとディフェンスをして、スピードある攻撃をしたら完封すら有り得るかもしれませんね。
武尊選手は、今までの相手のように強引に突っ込むと、かわされる可能性が高いです。
当然、そんなことは分かっているでしょうから、如何に自分の間合いで勝負できるかがカギでしょうね。
天心選手の方が間合いが遠くても試合になるような気がしますので、この距離を詰められるかがポイントだと思います。


皆さんはどんな風になると予想しますか?
記事検索
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ