中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

ルール

国際柔道連盟試合審判規定の解釈について(補足)

2018年1月1日から新しい国際柔道連盟試合審判規定が施行され、適用されていますが、いまひとつ不明瞭だった寝技なのか立ち技なのかの解釈の補足説明がIJFより2019年1月31日付けで発表され、即日適用となりました。


国際柔道連盟試合審判規定(2018年1月1日より適用)


立ち技から一方が膝を着き従来ならば寝技と解釈されていたような状態でも、一方が立ち姿勢ならば立ち技として認められ、技のポイント計上が認められます。
昨年行なわれた世界選手権や国際大会でもこのシーンは良く目にしましたが、やや判定が不明瞭だと感じる場面もありました。

特に相手が両膝を着いている場合、引き込み返しなどで返した場合も技のスコア対象になっており違和感を感じていましたが、今回の補足説明ですっきりしました。


国際柔道連盟試合審判規定2019年1月31日付け(補足)


一方の選手が両肘、両膝が着いた状態は寝技と見なされるということです。
ここでは投げられてもスコアには反映されず、下半身を触っても反則となりません。

一方の選手だけが、片膝もしくは両膝をついた状態の時は立った状態の選手が投げ技で投げるとスコアになります。
この場合、膝を着いている選手が下半身に触れた場合、指導が与えられます。
立った状態の選手が、直ちに攻めない場合は待てとなります。

同じような形として、一方が四つんばいであっても、一方の選手が立っていれば立ち技継続と見なされます。(寝姿勢は、両肘、両膝が着いた状態)
従来は、四つんばい=寝技という解釈だったと思いますが、違うということです。
ここで立ち姿勢の選手が技を施し、投げればスコアになります。
ここは癖が残るところだと思いますので、特に注意が必要ですね。


競技をする選手もルールはしっかりと把握しなければいけませんし、そのルールに対応しなければなりません。
審判もルール変更に対応し、選手を泣かすような審判にならないようにしないといけませんね。


ジュニアカテゴリーの階級変更

今までジュニアのカテゴリーは男子が55キロ級、60キロ級、66キロ級、73キロ級、81キロ級、90キロ級、100キロ級、100キロ超級の8階級、女子が44キロ級、48キロ級、52キロ級、57キロ級、63キロ級、70キロ級、78キロ級、78キロ超級の8階級でしたが、これを最軽量クラスの男子55キロ級と女子44キロ級を廃止するというニュースが入ってきました。


 JUDOINSIDE.COM


いつから変更されるかは明記されていませんが、この結果国内の大会でも階級変更が行われると思います。
カデカテゴリーについては、そのままのようです。

IJF、全柔連からは正式な発表はまだのようですが、どうなるのでしょうか。
記事検索
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ