中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

トレーニング

熱中症対策

先週は、日本各地で40度超えを記録するなど、猛暑と言われる日が相次ぎました。
私も幸か不幸か、3日連続で車の気温計が40度を記録する場面に遭遇しました。

こうなると注意しなければ行けないのが熱中症です。
普段の生活もそうですが、柔道などの格闘技では特に注意しなければいけません。


その熱中症対策について、全日本柔道連盟の重大事故総合対策委員会より「熱中症の予防対策について」という書面が発表されました。

「熱中症の予防対策について」(PDF)

「夏休みの重大事故防止について」(PDF)


神奈川県のスポーツ局からも「熱中症の事故の防止について」(依頼)の文書が神奈川県体育協会事務局長宛に出されています。

「熱中症の事故の防止について」(依頼)



熱中症対策には、あまりにも状況が悪い時は運動を控え、水分補給、休息を十分に取ること、おかしいと思ったら、早目の対処をするのが基本です。

水分補給は、喉が渇く前に定期的に行うのがポイントです。
一気に飲まずに、少しづつ補給することですね。
睡眠不足の状態もよくないですから、稽古前から注意しなければいけませんね。


熱中症になってしまうと大変ですので、体調管理に気を配り稽古をやりたいものです。
また、指導者は参加者の状況をしっかりと把握しておかないといけませんね。

減量対策

格闘技は無差別での戦いもありますが、体重別の戦いが多い競技です。
私のやっている柔道、空手、レスリング、ボクシング、キックボクシング、サンボ、相撲、テコンドー、MMAといずれも体重別の競技が存在します。



恐らく、格闘技以外で体重別で争う競技はないのではないかと思います。
陸上、球技等で体重別の競技はないです。



そんな訳で、減量という試合の戦い以前に克服しないとならないものが、上記の体重別の競技では存在します。



このところ、ボクシングの世界タイトル戦で、体重超過でタイトルを剥奪されるケースが増えています。
以前はほとんど見られませんでしたが、このところ多く見られる気がします。
もちろん過去に全く発生していなかった訳ではありませんので、本当のところの発生頻度は不明ですが。



先日の比嘉選手のタイトルマッチでも、チャンピオンのエルナンデス選手が僅か200gを落とせずに計量を失敗し、タイトルを剥奪されました。

たった200gを減らすことが出来ない状態です。
落とせなかったことは非難すべきですが、限界もありますからね。
減量を経験している者としても、理解できる部分があります。



私も過去に大きな減量を行った経験があります。
当時71キロ級をメインに、65キロ級での試合にも挑んだことがありました。
ある程度一線から離れていたこともあり、75キロ程度まで体重が上がっていました。

そこから、60キロ級に落として国体予選、国体本戦に出場したのです。

この時は過酷な減量でした。

特に国体本戦の時は、神奈川県を代表して試合に出るので、万が一にも計量失敗は許されません。
試合の3週間前程度で67キロ程ありました。
本格的な減量を行い、食事はサラダ(温サラダ含む)や鶏肉、こんにゃく、豆腐等を中心に取り、徐々に落としていきました。
もちろん練習をしながらです。
立ちくらみも頻発していましたね。

これで試合会場に向かう時(計量の4日前)には1.5キロオーバー位まで絞りました。
現地での練習初日で、300gオーバーにまで絞り、多少の食事を取りました。

きゅうりと牛タン、日本酒をコップ2杯程度だったと思うのですが、体重を量ったら驚愕の3キロオーバー。
まったく食べた記憶はないのですが、なぜか体重は増えていました。

ここから、ほぼ飲まず食わず。
喉の乾きは氷を舐めて誤魔化すこと3日間。
何とか体重を落とすことに成功しました。

計量は59.85キロ。
150gアンダーでした。

そこから自販機に一目散に駆け寄り、500mlのスポーツドリンクを一気に飲み干し、続いてコーラの500mlをこれまたほぼ一気に飲み干して一息入れました。


さて、そんな減量ですが、年齢を重ね代謝が落ちることで減り難くなってきています。
このところの減量の方法は、コンビニ等で売っているサラダチキンと生野菜をよく利用します。

朝食は、ご飯、味噌汁、おかず1品等で、昼と、夜はサラダチキンを使ったサラダです。
サラダチキンは、100gで約100キロカロリーで、たんぱく質は豊富です。
お腹持ちも良く、食べられないことのストレスを最小限に抑えることができます。

ドレッシングは使わず、ポン酢やサラダチキンの味だけで食べます。
イメージ的には生野菜がご飯代わりですね。


あとは、運動を行いながら、たまにサウナも利用します。

今は60キロまで落とす無茶はしませんが、66キロまではこんなやり方で落としています。


サラダチキンは味のバリエーションも増え、飽きずに食べられますのでお勧めです。

記事検索
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ