中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

柔道

稽古初め

本日が鎌倉柔道協会錬成会の稽古初め。

時間もなかったので、寝技の研究から寝技一本、立ち技一本やりました。

image


12月は何かと忙しく、満足に稽古できていませんでした。
ワールドマスターズゲームス2021にアーリーエントリーもしたことですし、心機一転頑張りたいと思います。


そして明日は第42回全国高校柔道選手権の神奈川県予選個人戦が開催されます。
新チームとなって初の全国へ繋がる大会です。
私も応援に行ってきます。

それに先立ち先日、1月5日には母校の稽古の見学に行ってきました。
試合に向けて追い込んでいる時です。
これまで積み重ねた成果を思う存分発揮して欲しいですね。

神奈川県以外でもこの週末には群馬県、山梨県、埼玉県、千葉県、愛知県、長野県、京都府、島根県、香川県、高知県、宮崎県などで行なわれます。
各地で代表が徐々に決まってきますね。


柔道部物語(高校編)⑫

インターハイの団体戦の予選が終わり、国体予選が行われます。

DSC_0337
写真は平成2年の国体予選のパンフレット

当時の国体は、男子の少年と成年の2つだけでした。
階級も少年は55キロ級、60キロ級、71キロ級、86キロ級、86キロ超級の5階級。
成年は60キロ級、71キロ級、86キロ級、86キロ超級、、無差別級の5階級でした。

そして少年はインターハイ予選で決勝に勝ち残った2名が二次予選にシードされ、残りの2枠を二つのトーナメントの優勝者が得られるという形式でした。

少年の各階級の出場枠は各校2名。
私の高校には71キロ級に選手が多く、同級生で4名、一つ下にも3名ほどいたと思います。
当時の私の心境としては、インターハイ予選の個人戦で負け、失意のどん底。
精神的に不安定な状況でした。

そして代表選手を選ぶ部内予選ではあっけなく敗れ、代表権を取れませんでした。
インターハイ予選の部内予選でも敗れ、その時は救済されましたが2度目はありません。

他の階級もインターハイ予選に出場したにも関わらず、出場できない選手がいました。
確か、原田、坪井の2名も出場できなかったと思います。(両名とも団体戦のレギュラーです)
と、ここまでの流れではこのまま終了ですが、出場予定の選手が直前で怪我をして出場できなくなり、私に出番が回ってきました。


会場は東海大学の武道館です。
順調に勝ち上がり、ベスト8で関東大会の無差別級個人戦のベスト16で対戦した榊原啓三選手(磯子工)と対戦。前回は開始早々に内股で一本勝ちでしたが、強いイメージがありました。今回は一本を奪えず、有効を2つほど取って優勢勝ちでした。
余談ですが彼とは40代後半で再会することができました。彼は柔道からサンボに転向し、全日本チャンピオンに上り詰めていました。時々稽古を一緒にしていますが、未だに現役にこだわり、取り組んでいる姿は素晴らしいです。その彼から、ライバルとして思っていたと言われたのは、嬉しいものですね。

そして準決勝は芹沢選手(横須賀学院)と対戦し、有効、技ありを奪い優勢勝ち。彼とは中学時代(確か1年生の時)に対戦し、負けた記憶がありますので、リベンジ成功です。

決勝は東海大相模の福田選手。
インターハイ予選で優勝候補で第1シードだった松崎選手(武相)勝ち、3位に入った選手です。
開始早々に私のプレッシャーを感じてかスルスルと下がり、そのまま場外に出てしまいます。これで場外注意を受け、私がリードします。
その後も私が優位に進め、そのまま優勢勝ちし、一次予選を通過することができました。

反対からは松崎選手が順当に勝ち上がり、後日インターハイ予選優勝の濱田選手(桐蔭学園)、宮本選手(桐蔭学園)の2名と4人で対戦することになりました。
この時、どちらかが嫌な二人が残ったなと言ったのを記憶しています。
宮本選手は中学時代に湘南地区大会の決勝で対戦し、県大会の決勝で待っていると言われ、私はベスト16で敗退。彼は決勝に進出。
高校でもインターハイ予選で決勝に進出しましたが、私はベスト8で敗退と約束を果たせていませんでした。今回、あと一歩までのところまできました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ