中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

つぶやき

高校3年生へ 力必達(つとむればかならずたっす)

今年の高校3年生は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で、多くの主要な大会が中止となってしまいました。

仕方のないことだけど、当事者にとってはとても辛く、悔しいと思います。

自分自身の高校時代を振り返ってみると、全国高校柔道選手権は団体戦のみだったので、個人戦での目標はインターハイと国体の2つだけでした。
それ以外には無差別級の個人戦となる関東予選がありましたが、これはそこまで思い入れはありませんでした。

国体は本戦が団体戦ということもあり、インターハイ一本に絞って稽古を積んでいました。
結果は2週間前に8秒で一本勝ちした選手にリベンジを許し、ベスト8で終了。
国体予選もベスト4止まり。
ラッキーにも全日本ジュニアには出場できましたが、おまけのような印象でした。
それだけインターハイに懸ける思いが強かったということです。
試合に負けた日から、腑抜けのような状態で、稽古にも身が入らなかった記憶があります。

大学からの誘いもありましたが、神奈川県を取れない選手が大学で大成するわけないと思い込み、丁重にお断りしてしまったのです。
それだけ、インターハイに懸けていたんですね。
それまでは、大学でも柔道を続ける気満々でしたから、そのショックが如何に大きかったか(笑)


これは、試合をして負けたからの感覚ですが、今年の3年生はこの戦うことすら許されませんでした。

本当に悔しいと思います。
目標を見失い、何をしていいのか分からなくなるかもしれません。
柔道を続ける気力も失せるかもしれません。

私も試合で負け、今年の3年生とは少し違いますが、一線からは身を引き、趣味の延長で柔道を続けていましたが、専門学校時代に運よく国体の代表選手に選ばれました。
そして、その数年後28歳ころから全く柔道衣に袖を通さなくなりました。

そこから再び袖を通したのは、17年後。
45歳になっていました。

柔道を大学で続けなかったことを、まったく後悔していないかと言えば嘘になります。
続けていたらどうなっていたんだろうと考えることもあります。

インターハイは大きな目標でしたが、それはゴールではありません。
そのことに気づいたのは、柔道を再開した時なのかもしれません。

大会が無くなり、自暴自棄に陥りそうになっていると思いますが、これまで積み上げてきたことは嘘をつきません。
そして、この先にその成果が表れる瞬間が必ず来ます。

本来であれば、今年ひとつの成果を残せる予定でしたが、それが少し先に延びただけの話です。
(そうは言ってもなかなか理解できないと思いますが)
どうか、これで柔道を止めないで、どんな形でも続けて欲しいと思います。
力必達です。


最後に、私の高校時代の恩師から言われた言葉です。
「アマチュアに引退はない」

もちろん一線から退くことはあっても、柔道そのものを止める訳ではないので、引退というのはおかしいじゃないかということです。
今、考えると良く分かります。
生涯柔道にぜひチャレンジして欲しいと思います。
こんな経験をしたことが、生きる機会が必ずあるはずです。
これは、この経験をした方にしかできないことです。

この経験を生かして欲しいと思います。


DSC_0153
高校選手権の関東大会の入場行進 前から4人目が私です。




粋な計らい



COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響は世界的に続き、アメリカでは世界一の感染数と死者数(4/13現在 感染者数586,941人 死者23,640人)を記録しています。

そのアメリカで、プロレスリングのWWEの開催許可をフロリダ州で出したということです。
もちろん、観客を集めてということではなく無観客での開催ですが、何ともアメリカらしい判断だなと感じます。

フロリダ州でも非常事態宣言が出され、4月30日まで自宅待機令が出ているということです。
そのような中でも、重要なビジネスということで開催が許可されました。

難しい判断ですが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)は感染しやすいものの重症化しにくく、重症化する方は60歳以上の高齢者や肥満、喫煙、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等),透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方等)のある方ということですから、経済の停滞も避けたいというギリギリの判断で許可されたのだと思います。

4月13日時点で、世界では約77億の人口のうち1,923(千人)の感染が確認されています。感染率は0.025%で約4,000人に一人感染していることになります。
重症化した方は51,747人で死者は119,618人ですので、症状が悪化した方は171,365人で重症化率は感染した方の8.9%です。人口に対し約45,000人に一人が重症化する確率です。
感染して死亡する確率は6.22%で、人口から見ると約64,400人に一人です。

日本では、人口約1.26億人のうち7,618人が感染し、感染率は0.006%で、約16,500人に一人の感染です。
重症化した方は135人で死者は143人ですので、症状が悪化した方は278人で重症化率は感染した方の3.6%です。人口に対し約453,600人に一人が重症化する確率です。
感染して死亡する確率は1.88%で、人口から見ると約881,800人に一人です。

日本の状況は世界に比べ非常によく抑えられていると感じます。
検査結果が少ないからだという指摘もあるようですが、重症化した方や死者数に変わりはないはずですので、検査が増えると感染者数も増えますが重症化(死者含め)する方の確率は下がります。
そうなると、インフルエンザの死亡率と大差ないか下回るのではないかという予測も出ています。

医療現場の破壊を防ぐためにも、爆発的な感染拡大は防がなければなりませんが、必要以上に規制を強化し経済を疲弊させても、その先には健康な方までもが生活が成り立たなくなる状況に陥ります。
そうなっては、日本という国が滅んでしまいかねません。
どちらが優先という事ではなく、どちらも重要なことなのです。

恐らく、ある程度長い期間での自粛にならざるを得ないと思いますが、感染確率の低いものについては、自粛の緩和も必要な気がします。
その意味では、柔道はなかなか難しいかもしれませんが、明けない夜はありませんので、精力善用、自他共栄、力必達で日々がんばりたいと思います。

DSC_0385

そしてついにこんな記事も


現時点でインターハイ開催は目指しているということですが、北海道の陸上予選は中止になるそうです。
なんとも言えないですね。




ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ