中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

七帝柔道

七帝柔道記その後



七帝柔道記は、増田俊也氏が自身の経験を元に書かれた自叙伝ともいえる小説です。
読み始めると、その熱量にページをめくる手が止まりませんでした。

しかし、終わり方は増田俊也氏が卒業する前の時点で終わり、この後どうなるのかが気になるところでした。

そんなある日、こんな映像を発見。

まさか、続編?!

大いに期待したいと思います。

余談ですが、この北大対東北大の戦いで、先鋒で出場した2年目の選手。
増田俊也氏から声を掛けられた選手です。
この方、現在鎌倉柔道協会で一緒に稽古しています。
北大らしくない、立ち技の強い(本人曰く、寝技は苦手とのこと)方です。




まだ、読んでいない方はぜひ。
胸が熱くなると思います。













ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

全日本柔道合宿

全日本柔道チームがナショナルトレーニングセンターで合宿をしているそうです。







ここで、何と今回は七帝柔道との合同練習が行われるそうです。

七帝柔道とは、北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学の旧帝国大学で行なわれている柔道のことです。

この七帝柔道は、高専柔道の流れを汲み、寝技に特化した柔道を行います。
従来の講道館ルール、IJF国際ルールとも一線を画し、引き込みあり、寝技の攻防に待て、場外はなし、立ち技も一本勝ちのみ(技ありはあるものの優勢勝ちはなし)という過酷なルールです。
いわゆる寝技に特化した七帝ルールと呼ばれ、七帝戦言われる全国七大学柔道優勝大会はこのルールが採用され、15人の団体戦で毎年開催されています。
各大学が仲間のために死力を尽くして戦う大会です。

稽古量が全てを決めると言われる七帝柔道は、立ち技と違い反復したものが強くなるという寝技の特性を生かしたルールで、初心者でも強くなれるのが特徴です。

逆に言えば、立ち技は弱い選手も多いです。
しかし、寝技に関しては化け物のように強い選手が出現します。


今回、全日本柔道チームの合宿に、七帝柔道の選手も参加し、合同練習するということです。
IJFルールで普段戦う全日本チームの選手は、寝技の技術の高さに驚くのではないでしょうか。
この技術を取得すれば、来るオリンピックでも有効な手段となるはずです。

従来の講道館柔道は、立ち技に重きを置き、寝技を軽視してきた歴史があります。
元々講道館柔道以外にも大日本武徳会(GHQにより解散)や高専柔道というものもありましたが、第二次世界大戦の終戦後に講道館柔道に一本化された歴史があります。(高専柔道は七帝柔道として細々と受け継がれました)

立ち技重視の講道館柔道と寝技重視の七帝柔道は、ルールの面からも相容れない関係でした。
講道館柔道の選手が七帝柔道の選手に引き込まれ、あっけなく押さえ込まれたことから、講道館柔道では引き込みが禁止されたそうです。

そんな歴史背景を良い意味で無視し、ワンチームとしてオリンピックに挑むという意気込みの現われではないでしょうか。
この判断をした、井上康生監督、そして関係者を賞賛したいと思います。

そして、同じ日にレジェンドの岡野功先生の講義もあったそうです。





何と濃密な1日なんでしょうか。

そして岡野功先生といえば、「バイタル柔道」が有名ですが、残念ながらDVD版の販売が終了するそうです。



興味のある方はお早めに。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ