中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

2つの背負投げ

背負投げというと、柔道を代表する技のひとつで、柔道をやったことのない人でも名前くらいは知っている技です。


背負投げの名手と言われる方はたくさんいますが、その中の一人が内村直也先生。

内村先生は、日本工学院八王子専門学校で行なわれる炎の乱取祭りで知り合い、背負投げの講習会に参加させてもらいました。
私はそもそも背負投げが苦手で(正確には両手背負いと言われるもの)、高校時代に習得を目指し背負投げのスペシャリストであり、指導者としても素晴らしい理論をお持ちであった高校の大先輩である高木俊作先生に指導していただいたのですが、まったく身に付かなかったという苦い経験があります。

そんな私ですが、自分で出来なくても教えることは出来るようになりたいと思い、この講習会に参加してきました。

内村先生は、「すべての局面を「投げ」で解決!背負投の入り方57」というDVDを作られており、そのバリエーションの豊富さに驚かされます。



「すべての局面を「投げ」で解決!背負投の入り方57」

このDVDには様々な技への入り方が書かれています。
この中のひとつに、両袖を絞られた状態から「後回りさばきのローリング一本背負投」というものがあります。

「後回りさばきの”ローリング一本背負投」


私は、両手背負いはほぼできませんが、一本背負いはまだできます。
ということで、これを研究しながら練習しています。
体の使い方が通常の背負投げと違い、払い腰のようなイメージで使うので、比較的違和感無く取り組めました。
鎌倉柔道協会錬成会で一緒に稽古している北海道大学柔道部OBの西岡さんと一緒に勉強中です(笑)

ちなみに、西岡さんが主将だったドキュメンタリーの七帝での伝説の試合を発見。

平成3年七帝戦準決勝 京大 有田 対 北大 西岡 

どうみても一本ですが、投げた西岡さんもびっくりしていたような(^^;


そんなある日、ひょんなことからYouTubeの動画で、「古賀稔彦」に一本勝ちした超二流と呼ばれた柔道家「堀越英範」というタイトルの動画を見て愕然としました。


「古賀稔彦」に一本勝ちした超二流と呼ばれた柔道家「堀越英範」


この2つの背負投げ、同じ理論のような気がします。

堀越英範先生は、78キロ級ながら全日本選手権にも出場しベスト16に輝くなどした柔道家です。
同年代の選手ということで現役時代の試合も見ていましたが、素晴らしい背負投げの名手でした。

堀越先生は三重県出身で1968年生まれ、内村先生は愛知県出身で1970年生まれ。
偶然なのか、それとも共通の入り方なのか分かりませんが、あまりにもこの2つの背負投げは似ていますね。

このローリング式の背負投げは、釣手の手掌で相手の手首の辺りを包むのですが、この動作も同じ、後ろ回りで入る入り方も同じ、横方向にローリングするのも同じです。
入る前には、古賀稔彦先生が右の釣手で堀越先生の左の釣手を押さえているのが分かると思います。

このような入り方は、私自身初めて聞いた(見た)ものでしたが、ここまで同じように入り、投げている映像があるとは。
これは1996年のアトランタオリンピックの国内予選(全日本選抜体重別柔道選手権)の時ですが、時代を超えたのか、内村先生がこの映像からヒントを得たのか、それとも同じ思考で考え付いたのか。
面白いものですね。

今度会う機会があったら、聞いてみたいと思います。



背負い投げ57 内村直也

背負い投げの天才、内村直也先生のDVDです。

DVD「すべての局面を『投げ』で解決!背負投げの入り方57」

色々な組んだ状態を、背負い投げで投げてしまいます。
何を隠そう、私は背負投げが苦手です。
一本背負いはまだ出来るのですが、普通の背負い投げが出来ないんです。

引手の使い方が得意な内股と違うので、背負い投げの引手が出来ないのが理由の一つ。

最初にこのDVDを見て真似したの両袖を絞られた状態からのローリング式の背負い投げ。
これは私にとってもイメージしやすかったです。
いわゆる外巻き込みのイメージです。

ひとつ出来ると現金なもので、次に挑戦したくなるものです。


次に覚えたいのは、相四つで半身になった状態からの背負い投げ。
足は前周り捌きです。

背負い投げで、前周り捌きで入る人は少ないと思います。
この入り方は、高校時代に高木俊作先生に教えてもらい、練習していました。
(もちろん物にはなりませんでしたが)

内股でも前周り捌きの入り方があります。
いわゆる追い込みの内股です。
私はこの入り方が得意なので、なんとなく良いイメージがあります。
Screenshot_20180715-211532

Screenshot_20180715-211541

この相四つ、半身の入り方は、背負い投げというより隅落としです。
釣り手の使い方が独特ですね。
突き上げるように使うのがポイントなんだと思います。

昨日の稽古で早速試してみましたが、引手の引き付けがなかなか難しいです。
釣り手も大切なんですが、引手の引き付けが思いのほか重要です。
ここが引き付けられないと、簡単に返されてしまいます。

何とか物にしたいですね。

内村先生と稽古する機会があれば、また質問したいと思います。

その前にDVD買って、繰り返し見ます!



すべての局面を「投げ」で解決!背負投の入り方57
内村直也 Naoya Uchimura
株式会社eJudo
2017-06-30


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ