中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

指導

2019年度「B・C・準」指導者養成講習会・更新講習会実施予定一覧

2019年度「B・C・準」指導者養成講習会と更新講習会の実施予定一覧が発表されました。

Screenshot_20190628-222701


神奈川県のC指導者養成講習は2020年1月18日、19日の2日間、東海大学で開催される予定のようです。

B指導者養成講習会

C指導者養成講習会

準指導者養成講習会

更新講習会

公認柔道指導者資格制度規程

フィッシングショーの日程と被っていますが、今年はこちらを優先させようと思います。

この公認指導者資格制度というのは、平成25年から始まり、公益財団法人全日本柔道連盟(以下「本連盟」という。)における柔道指導者のさらなる資質の向上および指導力の強化を図り、これをもって日本柔道の普及・発展に寄与することを目的に制定されました。

指導のランクとして、A、B、C、準の4段階あります。

(1)A指導員
指導者を養成するために必要とされる程度の高度な指導力を有する者。
指導者向け講習会の講師を務める資格および本連盟またはその加盟・構成団体が主催する大
会において、その出場するチームまたは選手の監督を務める資格を有する。また、A 指導員取得者は日本スポーツ協会公認スポーツ指導者(コーチ)を取得することが望ましい。
 
(2)B指導員
選手の指導に必要とされる専門的な指導力を有する者。
本連盟またはその加盟・構成団体が主催する大会において、その出場するチームまたは選手
の監督を務める資格を有する。また、B 指導員取得者は日本スポーツ協会公認スポーツ指導者(指導員)を取得することが望ましい。
 
(3)C指導員
選手の指導に必要とされる基礎的な指導力を有する者。
本連盟の加盟・構成団体が主催する各都道府県大会において、その出場するチームまたは選
手の監督を務める資格を有する。また、本連盟またはその加盟・構成団体が主催する全国お
よび各地区レベルの大会(各都道府県大会のレベルを超える大会)において、A指導員また
はB指導員が監督を務める下で、その出場するチームまたは選手のコーチとして帯同する資
格を有する。

(4)準指導員
 単独での指導は認められないが、A 指導員、B 指導員、C 指導員による選手の指導を補佐できる者。

それぞれの資格を取得するのにも条件があり、最初に取得できるのがCもしくは準指導員となります。
この2つについては、年齢と段位に制限がありますが、そこまで厳しいものではありません。

初段を取得した18歳以上であれば準指導員の、2段を取得した20歳以上であればB指導員の受講資格があります。

現時点で指導者ライセンスを持っていなくて困ることはないのですが、将来的なことを考えて取得しようと思います。



スポーツ界のパワハラ問題

このところスポーツ界で何かと話題に上がるパワハラ問題。

近いところでは、体操、大相撲、アメリカンフットボール、レスリング、ボクシングとありました。
一番最初に問題となったのは柔道だったと思います。

昨日のニュースで、パワハラ防止フォーラムというものが超党派で構成されるスポーツ議員連盟主催で開催されたそうです。
ここに元貴乃花親方がいたので多くのニュースで取り上げられていましたが、ここは大きな問題ではありませんので置いておきます。

私が中学、高校と柔道をやっていたころは、パワハラという概念などなく、当たり前でした。
その流れがずっと続き、一番最初に問題になったのが柔道でした。

女子柔道強化選手への暴力問題

体罰だけでなく、言葉の暴力もあり、様々な問題が含まれていたものです。
再発防止に向けて一番頭を悩ませたのが柔道界だったと思います。
昨日のフォーラムでも柔道界の事例を基に話されたようです。
もちろん全柔連会長の山下泰裕氏も同席していました。

柔道界からパワハラをなくそうパンフレット

この問題は非常に深く、複雑なものでした。
本気で改革に取り組まなければ達成できないものです。
指導者自体も、考え方、行動を改めなければいけません。


誤解を恐れずに敢えて書くならば、柔道と言う競技は格闘技であり、一歩間違えれば競技中や練習中に死ぬこともあるものです。
そのため、そのような状態の時に厳しい口調で注意することもあります。
また、試合に勝って欲しいということで、練習中に追い込むことも珍しくありません。
指導している側には、全く悪い意識がないのが曲者です。当初は、良かれと思ってすることが発端だからです。
ところが当初言う側(やる側)は、相手のことを思っての行動だったはずが、徐々にエスカレートしてしまい、最後はパワハラということに発展してしまうことが考えられます。
ここに落とし穴があるのだと思います。

指導者と選手の関係は対等で、お互いにリスペクトしなければならない関係です。
このリスペクトする関係が崩れると、いかなる言動であっても受け入れ難くなるのではないでしょうか。
言う側(やる側)にとっては大したことのないものであっても、受ける方がそうだとは限りませんからね。

特に現在指導者として活躍している方は、現役時代にもっと大変な目に合っていた方も多く存在すると思います。
自分の時はこうだったからという思考を、どうしても持って指導しがちですが、これは良くないことなんだと思います。



言う側が問題なのですが、言われる側に問題がゼロかというと、そんなこともない場合もあり、このジレンマが更に指導者がエスカレートしていく要因になることもあります。
しかし、これでは意味がありませんよね。
大切なのは、問題の原因を紐解き、解決に向けてどう取り組むかですよね。
目的と目標を間違えてはいけないということです。


叱ると怒るというのは、意味が違います
叱るのは、指導の目的で行うものです。
怒るは、感情です。
似たようなものですが、本質は大きく違います。
指導される側は、この違いを理解できていない時があるのも事実ですし、指導される側が誤解されたり、間違いやすい部分でもあります。
叱る時には、何故という理由を噛み砕いて説明しなければいけませんよね。


対人での問題なので、なかなか一筋縄でいかない問題ですが、選手の成長が一番の「目標」のはずです。
何のためにその目標を達成したいのかというのが「目的」です。
似て非なるものですが、このことをお互いにしっかりと理解して取り組むことが、パワハラ根絶には必要なのではないかと思います。


指導するというのは本当に難しいです。
柔道では、指導者ライセンスが導入され、ずいぶん時間が経過していますが、これも必要なものなのだと思います。
来年2月に神奈川県の指導者ライセンスの講習がありますが、申込損ねてしまいましたので、次回に持ち越しです。

記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ