中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

動画

学生柔道 逆境を乗りこえて 体重別選手権2009~2019



2009年~2019年の全日本学生柔道体重別選手権大会の軌跡をまとめた特別番組が、10月11日(日)19時~21時にBS11にて放送されます。

下記で振り返ると、当たり前ですが現在も活躍している選手の名前が見られます。
東京オリンピック代表もたくさんいますね。
後の世界チャンピオンでも勝っていないこともあり、色々な視点で見ると面白いですね。
特に、2013年の73キロ級の決勝は、後に2018年のバクー世界柔道選手権の73キロ級決勝で再び相まみえることとなる、安昌林選手と橋本壮市選手の対戦でした。
これは、特に注目ですね。

このような特集は、とても良いことだと思います。



2009年は、現在YouTubeで活躍している川端龍選手、オリンピックメダリストの中矢力選手、田知本遥選手が優勝しています。


2010年は中矢力選手が連覇し、世界選手権銀メダリストの七戸龍選手、今も現役の大野陽子選手が優勝しています。橋本壮市選手は、一階級上の81キロ級で2位でした。


2011年はオリンピックメダリストの山部佳苗選手が優勝。橋本壮市選手は、一階級上の81キロ級で3位でした。大野陽子選手は連覇ならず。


2012年は原沢久喜選手が優勝、大野将平選手は3位でした。山部佳苗選手は連覇です。


2013年は、現韓国代表の世界チャンピオン安昌林選手が決勝で橋本壮市選手を下して優勝。世界チャンピオンの永瀬貴規選手が2位、長澤憲大選手が3位、カナダ代表のレイズカヨル選手、世界選手権2位の角田夏実選手、世界チャンピオンの梅木真美選手が優勝しています。


2014年は長澤憲大選手がが優勝し、向翔一郎選手はベスト8。カナダ代表で世界チャンピオンの出口クリスタ選手は3位、梅木真美選手は連覇。個人的に応援している佐俣優依選手が優勝しています。


2015年は小川雄勢選手が優勝、世界チャンピオンの渡名喜風南選手はベスト8、同じく世界チャンピオンの志々目愛選手は3位、出口クリスタ選手は前年に続き3位。


2016年は向翔一郎選手、ウルフアロン選手が優勝、小川雄勢選手は決勝で影浦心選手を破り連覇、渡名喜風南選手は3位、出口クリスタ選手は初優勝、朝比奈沙羅選手は優勝でした。


2017年は出口クリスタ選手が連覇しました。


2018年


2019年




ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村

リネール敗れる!




10月3日にフランス国内大会であるフランスクラブ選手権(団体戦)に出場した、オリンピック2大会連続金メダリストのティディ・リネール選手が、準々決勝で対戦したジョセフ・テヘー選手に指導3による反則負けで敗れました。

これに対し、リネール選手は審判への不満を募らせていたようで、フランス柔道連盟に異議申し立てを行うようです。

試合動画を見る限り、お互いに組手に拘り、最初に両者に対し消極的指導。
次いで相手が前に出る圧力にやや屈し、場外に出たリネール選手に場外指導。
最後は挽回せんと前にリネール選手が出るものの、テヘー選手が組手を自由にさせず膠着状態となり、主審は両者に組み合わない指導を与え、リネール選手は万事休す。

最後の場面は、テヘー選手が組手を嫌がっていたので、私ならテヘー選手のみに指導を与えました。
微妙な判定ではありますが、リネール選手もそこまで感情的になる必要を感じませんでしたが、裏事情があったようです。

リネール選手が所属するチームの女子チームのエントリーを巡って、一悶着あったようです。
そのために、いつも冷静なリネール選手が感情的になったようですね。

復帰当初よりも状態は上がっているようですが、以前のリネール選手ならば相手にしなかったような相手です。
それを投げ切れないというのは、状態としてどうなんでしょうか?
特に相手の圧力に負け場外に下がってしまったシーン(相手が明らかに押していましたが)は、やや物足りなく映りました。

リオデジャネイロオリンピックの決勝も、今回と似たような状態だった気がしますが、あの時とはルールも異なり、今回は敗れることに。
オリンピック3連覇に黄色信号が点滅したのではないでしょうか。


皆さんは、どう見ますか?





ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ