5月6日に東京都でも関東高校柔道大会の団体戦予選が行われました。
男子の決勝は高校選手権優勝の国士舘と修徳が対戦。

    国士舘           修徳
先鋒 室山 △(合せ技)〇 名取 小外刈りで2回の技ありを奪う
次鋒 小林 △(合せ技)〇 長尾 背負い投げで2回の技ありを奪う
中堅 柳沼 〇(反則勝)△ 高野 指導3の反則により決着
副将 斉藤 〇(大外刈)△ 小嶋 大外刈で一本勝ち
大将 安藤 〇(合せ技)△ 岡田 大外と内股で2回の技ありを奪う

国士舘が0対2のビハインドを3連勝で逆転いし、修徳を下し優勝。
ベスト8進出校は関東大会の出場権をそのまま獲得。
ベスト16で敗れたチームによる厳しい敗者復活戦を勝ち上がった3校含め、東京都開催の関東大会ということで11校が出現権を獲得しました。

男子団体戦
優勝        
国士舘
準優勝    
修徳
三位        
足立学園、日体大荏原
五位        
安田学園、工学院、明大中野、東海大高輪台
敢闘賞
正則学園、岩倉、杉並工

女子は高校選手権2位の帝京が国士舘を下し優勝。
ベスト8進出の8校が関東大会の出場権を獲得しました。

女子団体戦
優勝
帝京
準優勝
国士舘
三位
渋谷教育学園渋谷、淑徳
五位
東海大菅生、東海大高輪台、藤村女子、修徳

関東大会東京都予選結果