4月28日、神奈川県立武道館で関東大会の神奈川県予選個人戦が行われ、男子2名、女子14名の代表が決まりました。


男子個人戦(無差別級)
決勝リーグに進出したのは、千野根選手、中野選手、高山選手、安藤選手の4名。
何れも桐蔭学園の選手です。

決勝リーグでは、団体戦でもエースの千野根選手が全て一本勝ちで3勝し優勝。
2位には、千野根選手には一本負けしたものの、、残りの試合を一本勝ちした高山選手が入り、関東大会の出場権を獲得しました。

決勝リーグ
千野根○(小外刈り)△中野
高山○(内股)△安藤
千野根○(肩固め)△高山
安藤○(優勢)△中野
千野根○(払い腰)△安藤
高山○(払い腰)△中野


女子個人戦
48キロ級
決勝リーグに進出したのは、渡邉選手、佐藤選手、片野選手の横須賀学院の3名に金子選手(三浦学苑)。
選手権3位の渡邉選手が3試合とも一本勝ちで優勝。2位には佐藤選手が片野選手を優勢勝ちで退けて関東大会の出場権を確保しました。

決勝リーグ
渡邉○(横四方固め)△佐藤
片野○(合わせ技)△金子
渡邉○(払い腰)△片野
佐藤○(合わせ技)△金子
渡邉○(内股)△金子
佐藤○(優勢)△片野

52キロ級
決勝リーグに進出したのは葛巻選手、岩瀬選手の横須賀学院2名と松坂選手(日大藤沢)、甲斐選手(三浦学苑)の4名。
3試合とも優勢勝ちで勝った岩瀬選手が優勝。2位には、甲斐選手を反則勝ちで下した葛巻選手が入りました。

決勝リーグ
岩瀬○(優勢)△葛巻
甲斐○(払い腰)△松坂
葛巻○(合わせ技)△松坂
岩瀬○(優勢)△甲斐
岩瀬○(優勢)△松坂
葛巻○(反則勝ち)△甲斐


57キロ級
決勝に進出したのは、清水選手、石澤選手の三浦学苑2名と沼沢選手(光明相模原)、濱名選手(横須賀学院)の4名。
石澤選手が3試合とも一本勝ちで優勝。2位には残りの2試合を一本勝ちした清水選手が入りました。

決勝リーグ
沼沢○(崩れ上四方固め)△濱名
石澤○(合わせ技)△清水
清水○(大内刈り)△沼沢
石澤○(肩固め)△濱名
清水○(払い腰)△濱名
石澤○(大内刈り)△沼沢


63キロ級
決勝リーグには山田選手、藤森選手の横須賀学院2名に渡邊選手(桐蔭学園)、小宮山選手(三浦学苑)の4名。
3人が2勝1敗で並びましたが、内容差で山田選手が優勝し、2位には藤森選手が入りました。

決勝リーグ
山田○(大外刈り)△藤森
渡邊○(裏投げ)△小宮山
渡邊○(優勢)△山田
藤森○(大内刈り)△小宮山
山田○(内股)△小宮山
藤森○(優勢)△渡邊


70キロ級
決勝リーグには野崎選手、横山選手の横須賀学院2名と選手権無差別級3位の朝飛選手(桐蔭学園)、澁谷選手(湘南学院)の4名。
朝飛選手が3試合とも貫禄の一本勝ちで優勝。2位には2試合を一本勝ちした横山選手が入りました。

決勝リーグ
朝飛○(内股)△澁谷
横山○(崩れ袈裟固め)△野崎
朝飛○(小外刈り)△野崎
野崎○(足払い)△澁谷
朝飛○(内股)△横山
横山○(崩れ袈裟固め)△澁谷


78キロ級
参加2名のため、いきなり決勝が行われ佐藤選手(三浦学苑)が優勢勝ちで竹川選手(光明相模原)を下し優勝。

決勝
佐藤○(優勢)△竹川


78キロ超級
決勝リーグには佐々木選手(白鵬女子)、沼沢選手(光明相模原)、内田選手(横須賀学院)、小宮選手(相洋)の4名。
小宮選手、佐々木選手、内田選手の3人が2勝1敗で並び内容差で小宮選手が優勝し、佐々木選手が2位。

決勝リーグ
内田○(小外刈り)△沼沢
佐々木○(払い腰)△小宮
小宮○(内股)△沼沢
内田○(優勢)△佐々木
小宮○(合わせ技)△内田
佐々木○(内股)△沼沢

DSC_0471
DSC_0472