2月23日から25日に、ドイツのデュッセルドルフで行われる、グランドスラムデュッセルドルフに出場する日本選手団が、全日本柔道連盟のHPで発表されました。



2018deusseldorf
(Phot by 全日本柔道連盟


男子
100kg超級
原沢久喜選手(日本中央競馬会)  
王子谷剛志選手(旭化成)  

100kg級
羽賀龍之介選手(旭化成)  

90kg級
ベイカー茉秋選手(日本中央競馬会)  
小林悠輔選手(旭化成)  

81kg級
山本悠司選手(天理大学)  
小原拳哉選手(パーク24)  

73kg級
大野将平選手(旭化成)  

66kg級
橋口祐葵選手(パーク24)  

60kg級
永山竜樹選手(東海大学)  

女子
78kg超級
朝比奈沙羅選手(東海大学)  

78kg級
佐藤瑠香選手(コマツ)  

70kg級
新添左季選手(山梨学院大学)  
大野陽子選手(コマツ)  

63kg級
津金恵選手(筑波大学)  

57kg級
宇髙菜絵選手(コマツ)  
山本杏選手(パーク24)  

52kg級
志々目愛選手(了徳寺学園) 


過去に世界チャンピオンになった選手やメダリストも多く、豪華なメンバーです。
今週末に開催される、グランドスラムパリと並んで、楽しみですね。
世界選手権の代表争いが白熱してきます。

注目は、体調不良が続いていた男子100キロ超級の原沢選手、ケガから復帰の羽賀選手、ベイカー選手、休養明けの大野選手、世界チャンピオンながらグランドスラム東京で阿部選手に破れ、巻き返しを図る志々目選手です。