12月26日に開催される、令和2年全日本柔道選手権大会の組み合わせが発表されました。

2020alljapan01
Photo by 講道館




第1シードはウルフアロン選手、第2シードは加藤博剛選手、第3シードは太田彪雅選手、第4シードは小川雄勢選手となっています。

組み合わせ

1回戦
1-1 藤原崇太郎〇( 0:00)〇田中大貴
1-2 長澤憲大〇( 0:00)〇山本考一
1-3 小林悠輔〇( 0:00)〇五十嵐遼介
1-4 野々内悠真〇( 0:00)〇横田雄斗
1-5 後藤龍真〇( 0:00)〇飯田健伍
1-6 西本幸弥〇( 0:00)〇高木育純
1-7 制野孝二郎〇( 0:00)〇福本翼
1-8 羽賀龍之介〇( 0:00)〇黒岩貴信
1-9 佐藤正大〇( 0:00)〇七戸龍
1-10 鈴木直登〇( 0:00)〇海老沼匡
1-11 佐々木健志〇( 0:00)〇古田伸悟
1-12 澤建志郎〇( 0:00)〇杢康次郎
1-13 石原隆佑〇( 0:00)〇大町隆雄
1-14 安田知史〇( 0:00)〇小川竜昂
1-15 下和田翔平〇( 0:00)〇近藤弘孝
1-16 永山竜樹〇( 0:00)〇河坂有希
1-17 松村颯祐〇( 0:00)〇尾原琢仁
1-18 田中源大〇( 0:00)〇今泉雪太郎

1回戦の注目は、鈴木直登選手対海老沼匡選手、永山竜樹選手対河坂有希選手の2試合でしょう。
まず、鈴木直登選手対海老沼匡選手。
高校3年生で東北予選を勝ち上がり出場権を手にした100キロ級の鈴木選手。対する海老沼選手は73キロ級の選手ですが、通常から過酷な減量を強いられているので、無差別の全日本での暴れぶりは期待できます。勝ち上がった選手は、ここ数年の全日本での活躍ぶりが凄まじい加藤博剛選手との対戦が待っています。
永山竜樹選手対河坂有希選手の試合も目が離せません。
通常60キロ級で戦う永山選手と90キロ級の河坂選手の対戦です。
60キロ級では異次元のパワーを誇る永山選手ですが、90キロ級の河坂選手に通用するか?
勝ち上がると飯田健太郎選手が待ち受けます。


2回戦
2-1 ウルフアロン〇( 0:00)〇藤原崇太郎、田中大貴
2-2 石内裕貴〇( 0:00)〇長澤憲大、山本考一
2-3  中野寛太〇( 0:00)〇小林悠輔、五十嵐遼介
2-4 熊代佑輔〇( 0:00)〇野々内悠真、横田雄斗
2-5 小川雄勢〇( 0:00)〇後藤龍真、飯田健伍
2-6 西山大希〇( 0:00)〇西本幸弥、高木育純
2-7 影浦心〇( 0:00)〇制野孝二郎、福本翼
2-8 羽賀龍之介、黒岩貴信〇( 0:00)〇佐藤正大、七戸龍
2-9 加藤博剛〇( 0:00)〇鈴木直登、海老沼匡
2-10 垣田恭兵〇( 0:00)〇佐々木健志、古田伸悟
2-11 佐藤和哉〇( 0:00)〇澤建志郎、杢康次郎
2-12 王子谷剛志〇( 0:00)〇石原隆佑、大町隆雄
2-13 太田彪雅〇( 0:00)〇安田知史、小川竜昂
2-14 向翔一郎〇( 0:00)〇下和田翔平、近藤弘孝
2-15 飯田健太郎〇( 0:00)〇永山竜樹、河坂有希
2-16 松村颯祐、尾原琢仁〇( 0:00)〇田中源大、今泉雪太郎

2回戦からはシード選手が登場します。
ウルフアロン選手には、藤原崇太郎選手、田中大貴選手の勝者、加藤博剛選手には前述の通り鈴木直登選手と海老沼匡選手の勝者、太田彪雅選手には安田知史選手、小川竜昂の勝者、小川雄勢選手には、後藤龍真選手、飯田健伍手の勝者が挑みます。
ウルフ選手と藤原選手の対戦は見てみたいですね。
全日本での曲者ぶりが際立つ垣田恭兵選手には、佐々木健志選手、古田伸悟選手の勝者が挑戦しますが、佐々木選手との対戦を期待するのは私だけではないのでは。
向翔一郎選手は、下和田翔平選手、近藤弘孝選手の勝者と対戦になります。


3回戦
3-1 2-1の勝者〇( 0:00)〇2-2の勝者
3-2 2-3の勝者〇( 0:00)〇2-4の勝者
3-3 2-5の勝者〇( 0:00)〇2-6の勝者
3-4 2-7の勝者〇( 0:00)〇2-8の勝者
3-5 2-9の勝者〇( 0:00)〇2-10の勝者
3-6 2-11の勝者〇( 0:00)〇2-12の勝者
3-7 2-13の勝者〇( 0:00)〇2-14の勝者
3-8 2-15の勝者〇( 0:00)〇2-16の勝者

中野寛太選手と熊代佑輔選手、小川雄勢選手と西山大希選手、影浦心選手と羽賀龍之介選手、七戸龍選手の勝者、加藤博剛選手と垣田恭兵選手、佐藤和哉選手と王子谷剛志選手、太田彪雅選手と向翔一郎選手、飯田健太郎選手と松村颯祐選手といった対戦が可能性としてあります。
どの対戦もワクワクする組み合わせですね。
影浦選手と七戸選手の試合は実現して欲しいカードのひとつですね。


準々決勝
4-1 3-1の勝者〇( 0:00)〇3-2の勝者
4-2 3-3の勝者〇( 0:00)〇3-4の勝者
4-3 3-5の勝者〇( 0:00)〇3-6の勝者
4-4 3-7の勝者〇( 0:00)〇3-8の勝者

最初の2試合は、ウルフ選手と熊代選手、小川選手と影浦選手と予想します。
加藤選手と垣田選手の対戦は、どちらに軍配が上がるか微妙です。両社とも、大きな選手と戦う時に真価を発揮するタイプです。似た物同士の戦いはどうなるでしょうか。全日本の実績では加藤選手なんですが、ここはわかりません。対する佐藤選手と王子谷選手は、勢いで佐藤選手が勝ち上がりそうです。加藤選手、垣田選手いずれも佐藤選手のような正攻法の右組は得意な印象です。
最後の試合は、太田選手と飯田選手と読みます。ここは飯田選手に何としても頑張って欲しいという、個人的希望です。

準決勝
5-1 4-1の勝者〇( 0:00)〇4-2の勝者
5-2 4-3の勝者〇( 0:00)〇4-4の勝者

ウルフ選手が敗れるとすれば、熊代選手だと思います。
試合間隔が空き、それがどう影響するか?また、ケガの状況も気がかりです。
小川選手と影浦選手は、勢いで影浦選手が抜け出すでしょうか。
普通に考えれば、ウルフ選手が勝ち上がり、影浦選手との準決勝だと思いますが、熊代選手と影浦選手の試合も見たいですね。
もうひとつは、加藤選手と期待を込めて飯田選手。
こちらも先輩、後輩対決です。巧さで加藤選手が勝るか、それを飲み込む若さと勢いが爆発して飯田選手がレジェンド超えなるか?

決勝
5-1の勝者〇( 0:00)〇5-2の勝者

誰が勝ち上がっても、注目のカードになりますね。
個人的には、ウルフ選手と飯田選手の決勝を見たいですが、他の選手が指をくわえて見ているはずがありませんので、違うカードになることも大いにあり得ます。
皆さんの予想はどうでしょうか?

本当に今年の全日本は、面白いカードが山積みです。

優 勝 
準優勝 
第三位 
第三位 
第五位 
第五位 
第五位 
第五位 


ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村