2月1日、2日で受講してきた公認柔道指導者C指導員資格。

先日、無事に合格し、2020年3月8日付けで認定証が届きました。

DSC_0467



公認柔道指導者C指導員は、
全日本柔道連盟の加盟・構成団体が主催する各都道府県大会において、その出場するチームまたは選手の監督を務める資格を有する。また、本連盟またはその加盟・構成団体が主催する全国および各地区レベルの大会(各都道府県大会のレベルを超える大会)において、A指導員またはB指導員が監督を務める下で、その出場するチームまたは選手のコーチとして帯同する資格を有する。

ということです。

県内の大会では、チームの監督として登録できるということです。


資格の有効期間は、取得した日から4年を経過した次に来る3月31日までです。
私の場合、2024年3月31日までとなります。
この間に、講習会を受講し、規定のポイント(C指導員は6ポイント、B以上は10ポイント)を満たせば資格が更新されます。

C指導員として、2年間の経験を積めば、B指導員への受験資格が生まれます。(ただし、参段以上)

B指導員は、
全日本柔道連盟またはその加盟・構成団体が主催する大会において、その出場するチームまたは選手
の監督を務める資格を有する。

ということですので、全国大会の監督を務めることができます。

2022年3月で2年経過しますので、B指導員への受験資格が生まれます。
次は、これを目指したいと思います。