WBA世界ミドル級タイトルマッチ
チャンピオン村田諒太VSスティーブン・バトラー

村田選手は序盤から前に出てプレッシャーを掛けつつ、ワンツー主体に攻めました。
対するバトラー選手は、カウンターや早いジャブで先手を取ろうとしますが、村田選手のプレッシャーを持て余し気味です。
村田選手のワンツーの後の左ボディが効果的だったように思います。
4ラウンド位からバトラー選手の動きが鈍ってきた印象です。
最後は左フックでしたが、その前からのダメージもずいぶんあったようです。
完勝と言って良いのではないでしょうか。

村田諒太〇(5ラウンド 2:45 TKO)△スティーブン・バトラー
 
Screenshot_20191223-231224


IBF世界フライ級タイトルマッチ
チャンピオンモルティ・ムザラネVS八重樫東

3ラウンドまでは足を使った八重樫選手のペースでしたが、4ラウンドから突如打ち合いを挑みます。
このラウンドは八重樫選手が押し切った印象ですが、ダメージも間違いなく溜まりました。
5ラウンドも流れは変わらず、悪くないペースですが被弾するシーンも増えます。ボディを打つ八重樫選手、ムザラネ選手はジャブ、ストレートで対抗島します。
7ラウンドに入り、強いパンチを八重樫選手が被弾します。やや押され気味。
8ラウンドにはボディ、顔面とパンチを受け、ダウン寸前になるも気力で立て直す八重樫選手。
大橋会長はタオルを持って、止めるタイミングを伺います。
そして運命の9ラウンド、ムザラネ選手のいいパンチが入り、効いてしましますが八重樫選手のファイティングスピリットは衰えません。しかし、限界を察知したレフリーが反撃しようとした八重樫選手を抱き抱え、試合を止めます。
今回の試合も出し切った八重樫選手。
タイトルは取れませんでしたが、その戦いぶりはしかと目に焼き付けました。お疲れ様でした。

モルティ・ムザラネ〇(9ラウンド 2:54 TKO)△八重樫東

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
チャンピオン寺地拳四朗VSランディ・ペタルコリン

サウスポーの相手に対し、距離を上手く取って対処する拳四朗選手。
いつもと比べ、相手のパンチを受けるシーンもあるものの、出入りの激しいボクシングで的を絞らせません。
そして3ラウンド、狙い澄ましたボディストレートで最初のダウンを奪い、立て続けにボディで2度のダウンを追加。
このラウンドはゴングで救われましたが、5ラウンドには相手のパンチを受けるシーンもありましたが、最後は左ボディで止めを刺しました。
見事なKO勝利です。

寺地拳四朗〇(4ラウンド 1;08 TKO)△ランディ・ペタルコリン







ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村