中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

2017年06月

えひめ国体神奈川県予選展望

2017年の第72回国民体育大会の柔道競技は、愛媛県松山市の愛媛県武道館(愛媛県松山市市坪西町551)で10月7日~9日の日程で開催されます。
image




私が出場したのは1992年に山形県山辺町の町民総合体育館で開催された第47回べにばな国体。
あれから25年も経過しています。
地元の人に歓迎された、思い出に残る大会です。



その愛媛国体の出場権を掛けた神奈川県予選が7月1日(土)に、神奈川県立武道館で開催されます。


少年男子と成年男子は、先鋒 60kg級、次鋒 73kg級、中堅 90kg級、副将 少年は100kg級、成年は90kg以上、大将 体重無差別 の5人戦です。

今大会から、成年女子及び少年女子は、女子に統一され、先鋒 52kg級(少年)、次鋒 57kg級(成年)、中堅 63kg級(少年)、副将 78kg級(少年)、大将 体重無差別(成年)の混成5人戦となります。
昨年までは、少年女子と成年女子は別々で開催でしたから、ちょっと寂しいですね。


ということで、少年の部の大胆予想をしたいと思います。
前述のように体重区分が通常の試合とは違いますので、面白い試合が増えるのではないでしょうか。


先鋒60キロ級
本命はインターハイ出場の中山選手(桐蔭学園)。
対抗に大石選手、半田選手の桐蔭学園勢と高橋選手(日藤)でしょうか。
狩野選手(光明相模原)も虎視眈々と狙っています。
準々決勝での大石選手との戦いが楽しみですね。

次鋒73キロ級
本命は73キロ級のインターハイ代表の佐藤選手(桐蔭学園)ですが、66キロ級にも好選手が多いので面白い戦いが見られすです。
73キロ級インターハイ予選2位の古澤選手(慶応)、ベスト4の笠選手(東海大相模)、相澤選手(日大)に対し、湯本選手(桐蔭学園)、相田選手(相洋)、新井選手(日大)、平石選手(横浜)の66キロ級勢がどのように挑むか。減量がないのもプラス要因ですね。

中堅90キロ級
ここは大本命の村尾選手(桐蔭学園)がいます。
笹谷選手(東海大相模)もインターハイ予選のリベンジをしたいところです。
81キロ級の選手もスピードで翻弄したいところですが、村尾選手はスピードもありますからね。
隙のない好選手です。

副将100キロ級
この階級も大本命の関根選手(桐蔭学園)がいます。
平下選手、榎田選手の東海大相模勢はなんとか一矢報いたいところですが、関根選手の牙城は険しいですね。

大将無差別
今回、この階級が面白いです。
無差別級ということで、体の小さい選手も出場可です。
賀持選手(桐蔭学園)は81キロ級の選手ですが、この無差別級にエントリーです。
団体戦でもメンバーに入り、大きい選手を苦にしませんので、どうなりますか。
本命はインターハイ代表の石川選手(東海大相模)ですが、決勝で敗れた千野根選手(桐蔭学園)もリベンジを狙っているでしょう。
石川選手はベスト8で賀持選手と当たる組み合わせですから、この戦いは楽しみです。
決勝は、この勝者と千野根選手でしょうか。
いずれにしても面白い試合となりそうです。


国体は団体戦です。
普段は違うチームでも、この時ばかりはチームメイトです。
神奈川を代表し、頑張って欲しいですね。

膝の治療法

先日から左膝に違和感がありました。

膝の裏側が張っていて、歩きにくい感じです。



原因は思い当たらず、圧痛も強くありません。



少し前(GW)にボートの上から飛び降りてから、膝が引っかかるような感じがあったので、あの時に半月板を痛めたのかと思っていましたが、その後症状は消失していました。




そして、前述のような症状が発生です。




しばらくは、以前にもご紹介したチタンテープを貼り、様子を見ていましたが、あまり芳しくありません。
image





坐骨神経痛も疑いましたが、痛みの出かたがおかしいので却下。
次に考えたのが、足底筋等の炎症ですが、炎症が起きるようなことやっておらず却下。



すると、入浴中に何気無く両膝裏を触っていたら、左膝の腫れに気づきました。
原因はこれですね。


とすると、やはりGW中にボートから飛び降りた際に、半月板を痛めていたのだと思います。
そして炎症を起こし、軽く水が溜まっているような状態なんでしょう。


確かに、膝のちょっとした動きの際に、膝がズレるというか引っかかるというか、良く分からない違和感がありました。



ということで、炎症を抑えるために湿布をして、ハンドタオルを折りたたみ、膝裏に当て、包帯固定を施しました。いわゆる圧迫固定ですね。
image

image




膝に水が溜まるのは、前方が有名ですが、裏側も結構な確率で発生します。
image

麦垂帯です。

このような時は、注射で抜くこともありますが、圧迫固定で吸収させることもあります。
注射は誰しも好きではないと思いますので、意外とこの方法は効果的です。


私も一晩これで様子を見たら、調子が良くなっていました。

打撲や捻挫、挫傷など出血を抑えたい時にも使える方法です。
以前、おでこに膝蹴り食らったときも、この方法で出血を抑えました。


ということで、不明な時はもちろん専門家に診せることが大事ですが、応急処置としてこんな方法もありますので、頭の片隅にでも入れておくと良いと思います。


Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ