中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

2017年05月

柔道界の古い体質

柔道は良くも悪くも古い体質を持っています。


目上の方に対する礼儀などは、他の競技に比べても厳しいと思います。
これなどは、とても良いことだと思いますが、中にはこれを間違えて理解する方も出現します。


全日本柔道連盟のHPに一般社団法人愛知県柔道連盟 副会長の高濱久和(たかはま ひさかず)氏(66歳)の平成29年5月23日から平成30年5月22日まで「会員登録停止」処分、併せて指導活動の禁止、同期間「指導者資格停止」処分が掲載されていました。


内容を見ると、酷い内容です。
自身の立場を利用し、様々な暴言を吐いたり、周囲に吹聴したり、圧力を掛けたりしたそうです。


柔道の世界は前述の通り、目上の人に従う考えを持っています。
もちろん、先人の考えを尊重するのは良いことです。それが間違っていないならば。


悪い面では、絶対服従の傾向に陥りやすいことです。
今回の場合、県の柔道連盟の副会長ということから、発言力は大きかったのではないかと思われます。
当然、自身より立場の弱い方は、何を言われても「はい」としか言い難い状態だったと思います。


その関係をいいことに、こんなことをやってしまったのでは、今までの功績も色あせてしまいますね。


私自身、この高濱氏とは一切関係ありませんので、どのような人物かも知りません。
周囲の複数の方の証言もあったようですから、事実なんだと思います。


過去はこのようなことがまかり通った時代もありましたが、今はダメです。
相手を敬う気持ちを持ち、接することが大切ですよね。


柔道人口の減少という問題がある中で、競技としてだけでなく、柔道という武道のイメージダウンに繋がる案件でした。
さすがに、全日本柔道連盟も隠蔽しなかったですね。
こういうことの積み重ねが大切だと思います。


先生と呼ばれる立場の方たちですから、先生に相応しい立ち居振る舞いが必要だと思います。
現状に胡坐をかいていては、成長できませんからね。
image



明日は、日本工学院八王子専門学校で炎の乱取祭りです。
ちょっと残念なニュースで、気が滅入ってますが、気を取り直して多くの方と稽古し、経験を積みたいと思います。

2017年日本ベテランズ国際柔道大会要綱

2017年日本ベテランズ国際柔道大会の要綱が届きました。


image



今年は6月17日、18日の2日間、和歌山県の白浜町で開催されます。


和歌山県は私のご先祖様の出身地でもあり、縁深い土地なので、何が何でも出場し、悲願の優勝を勝ち取りたいところでしたが、残念ながら土曜日の17日に河口湖でバストーナメントがあり、今のところ限りなく不出場です。


しかし、1%の可能性に掛けエントリーだけはしておきました(^^;



さて、そんな日本ベテランズ国際柔道大会ですが、試合のルールがどうなるかが気になっていました。


というのも、オリンピック終了後に国際柔道連盟試合審判規定が改正され、有効の廃止(正しくは技ありに統合)、試合時間の短縮、指導差による勝負の決着はなしなど、大幅に変更がありました。


そのルールがベテランズ大会でどのようになるか、気になっていました。(出られるか分からないのにも関わらず)


今回届いた要綱には、試合時間は従来通り変わらず、技の効果は国際ルールと同じ、但し技の効果の差がなければ指導差でも勝敗を決するルールになりました。
全くポイントが同じ場合、旗による判定で勝敗を決するようです。


団体戦の場合は、指導差が2あった場合に優勢勝ちとなるそうです。


指導は累積3で反則負けになるので、これは国際ルールと同じですね。
組手も同様のようですから、技を直ぐに掛ければ、片襟、クロスグリップ、ピストルグリップ、ポケットグリップ、帯を握るもOKです。


昔は、背中の正中線を越えて持つと、片襟になりましたが、今は片襟になりません。


柔道着の着こなしは、乱れたら直ぐに直すことが求められています。
これはとってもいいことだと思います。



主にはこんな感じです。



しかし、試合に出場出来なければこんなことを知っていても意味がないですね。



何とか奇跡が起きて試合に出られないかな~。


ご先祖様、何卒お願いいたします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ