中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

2017年05月

東京都総体柔道個人戦

先日の神奈川県総体柔道個人戦に続き、5月28日に東京都総体柔道男子個人戦、女子団体戦も講道館にて開催されました。



このところ東京都の充実振りは著しく、東京を制する者全国を制するという感じでした。
今年はその図式がやや崩れた感があるものの、未だに強いことに間違いはありません。



私が高校生だった頃は、世田谷学園が2年連続で高校3冠(選手権、インターハイ、金鷲旗)の真っ只中。
続く二番手に国士舘、ベスト4には足立学園、正則、修徳、日大一などが入っていた時代です。



では、順番に男子7階級の結果を見てみます。

60キロ級
60キロ級は、春の選手権も都代表になり、全国ベスト8の足立学園 上領選手が準決勝で国士舘 中里選手に破れる波乱。
決勝は上領選手のチームメイト、武岡選手が勝ちあがりました。
武岡選手は右、中里選手は左のケンカ四つ。激しい組手争いが続きます。
武岡選手の隅返し、中里選手の肩車ともに浅く、ポイントまではもう一歩です。
中里選手の腰車で大きく崩されますが上手く体を捻り腹ばいでポイントなし。武岡選手は指導2まで追い込まれます。
中里選手は猛攻を仕掛けますが、ポイントを取ることができずGSへ。
GSに入り、劣勢な武岡選手が内股から右小外掛けで体を預け技ありを取り、逆転勝ちをしました。

優勝 武岡(足立学園)
第2位 中里(国士舘)
第3位 田中(日体大荏原)
第3位 上領(足立学園)


66キロ級
66キロ級は、春の選手権の都代表、日体荏原 小野里選手が決勝まで1本勝ちで勝ち上がりました。決勝では駒大高校 新井選手左、小野里選手は右のケンカ四つ。
新井選手は内股、小野里選手は背負いで攻めます。小野里選手の背負いは惜しくも場外。
押し気味に試合を進めますが、決定打が出ずGSへ。
GSに入って早々、大外刈りで技ありを奪い、見事に連続で代表になりました。

優勝 小野里(日体大荏原)
第2位 新井(駒大)
第3位 丸本(岩倉)
第3位 松村(足立学園)


73キロ級
73キロ級は、春の選手権予選で苦杯を舐めた日体荏原 塚本選手が順調に勝ちあがり、決勝で安田学園 近藤選手との対戦です。
お互い左組みの相四つです。
近藤選手は背が高く、塚本選手はやややり難そうです。遠間から近藤選手が組み際の大外に入りますが、体幹の強い塚本選手がこれをしぶとく返し、技ありを奪います。
そのまま上手く時間を使い、逃げ切り成功です。
以前から団体戦での活躍は目を見張るものがありましたが、高校の個人では初タイトルではないでしょうか。
全国での活躍が楽しみな選手ですが、大きな選手とやる時の輝きが今ひとつだったのが気がかりです。
前回塚本選手を破った国士舘 斉藤選手は、ベスト8で明大中野 間瀬選手に1本負けを喫し、都代表で全国ベスト8だった日体荏原 森選手も同じくベスト8で安田学園 近藤選手にGSに縺れる熱戦ながらも技ありを取られ、涙を飲みました。

優勝 塚本(日体大荏原)
第2位 近藤(安田学園)
第3位 間瀬(明大中野)
第3位 三谷(国士舘)


81キロ級
81キロ級は、昨年までの絶対王者日体荏原 藤原選手が抜け混戦模様。春の選手権都代表の国士舘 長島選手が準決勝で足立学園 押領司選手にGSの指導で破れ、反対側からは同じく足立学園 白石選手が準決勝で修徳 尾川選手を破り進出。
足立学園同士での決勝となりました。
白石選手が右、押領司選手が左のケンカ四つの争いです。
同門同士ということで、手の内を知り尽くしているので、やり難そうです。
徐々に白石選手が押し、指導が溜まり、最後は袖釣り込みで押し込まれ3個目の指導が与えられ反則負け。
白石選手が嬉しいインターハイ出場を勝ち取りました。

優勝 白石(足立学園)
第2位 押領司(足立学園)
第3位 小川(修徳)
第3位 長島(国士舘)


90キロ級
90キロ級は、春の選手権で階級がまとめられたために開催されていませんでした。
決勝に勝ち上がったのは、準決勝で日体荏原 内藤選手に一本勝ちした国士舘 織茂選手と、国士舘 安藤選手に技ありを奪った日体荏原 菅原選手。
両選手とも、準決勝で同門の選手が敗れていますので、敵討ちの様相となった決勝戦です。
両選手とも負けられない戦いということでGSに雪崩れ込み、菅原選手が一本勝ちで決着をつけました。

優勝 菅原(日体大荏原)
第2位 織茂(国士舘)
第3位 安藤(国士舘)
第3位 内藤(日体大荏原)


100キロ級
100キロ級も90キロ級同様に春の選手権では無差別級にまとめられたため、開催されていませんでした。
決勝には、準決勝で東海大高輪台 金崎選手をGSで一本勝ちで下した国士舘 道下選手と、国士舘 清水選手に一本勝ちした修徳 中村選手が勝ちあがりました。
道下選手左、中村選手右のケンカ四つです。
道下選手は体落とし、中村選手は、払腰、小外、袖釣り込みなどで攻めます。
一進一退の攻防が続き、GSへ突入。
決勝はGSまでもつれ、中村選手が何とか技ありを奪取し、優勝を決めました。

優勝 中村(修徳)
第2位 道下(国士舘)
第3位 清水(国士舘)
第3位 金崎(東海大高輪台)


100キロ超級
100キロ超級は、春の選手権都代表の八王子学園 戸高選手と足立学園 山本選手が二強。
そこに全日本カデ90キロ超級チャンピオンで故斉藤仁さんの次男、国士舘 斉藤立選手が虎視眈々と頂点を狙う構図です。
準決勝で戸高選手と斉藤選手が激突し、斉藤選手が内股一閃。見事に一本勝ちで決勝進出です。
決勝には山本選手が順調に進出です。
斉藤選手が1年生ながら都大会を制することができるか注目されました。
斉藤選手は左、山本選手は右のケンカ四つ。
斉藤選手は内股、体落とし中心に迫力のある攻めを見せ、山本選手が捌く展開です。山本選手は指導2まで追い詰められ、絶体絶命。
しかし、GSに入り、組み際に小外刈り技ありを奪い、山本選手が上級生の意地を見せ、斉藤選手を下して優勝です。
山本選手は春の選手権の団体戦で国東高校に負けた悔しさを晴らすチャンスですね。

優勝 山本(足立学園)
第2位 斉藤(国士舘)
第3位 戸高(八王子学園)
第3位 村上(日体大荏原)


ということで、7階級中、3階級を足立学園と日体荏原が取り、残り1階級を修徳が取るという結果でした。
国士舘は1階級も取れず、悔しい結果に終わりましたね。
足立学園が3階級制覇したのは初めてのことだそうです。


いずれの階級も、インターハイでの活躍が期待できますから、楽しみですね。
神奈川県勢との争いも見ものです。
皆さん、ケガのないように稽古を積んで、活躍されることを楽しみにしています。

2017inhi7
画像は東京都高等学校体育連盟柔道専門部HPからお借りしました。

炎の乱取り祭り 5月2回目

本日は日本工学院八王子専門学校での炎の乱取り祭りでした。


今月は2回目の開催。



今回も多くの参加者がいました。
ここでは、柔道人口の減少ということは無縁なようです。



それもこれも日本工学院八王子専門学校を率いる、マスターズ世界チャンピオンの宮本功三先生の人徳の為す技ですね。



多くの選手が宮本功三先生を慕って集まっています。



今回も、オヤジから小学生まで、男女問わず参加していましたよ。



これはなかなか見られる光景ではありませんから、素晴らしいことですね。



そんな訳で、私も後進の育成に貢献する意味から、小学生たちと連続で5本やらせてもらいました。


楽しそうに稽古する姿を見ると、こちらも嬉しくなります。
このまま生涯、柔道を続けて欲しいものです。


その後は自分の稽古を。
昨日、鎌倉武道館での稽古で20代の若手の先生と連続4本もやってしまい、かなり体にダメージが蓄積(^^;


子供たちとの稽古の後は、7本やりました。
途中で、足も痙攣しそうになり、全体的には抑え目の稽古になりました。


それでも、同年代の釣り繋がりでもある、平松さんとは熱のこもったいい稽古ができました。

若い選手ともやることが出来、怪我した肩の調子も確認できました。


そんな訳で、完全燃焼。
image


やり切りましたよ。


こんな炎の乱取り祭りですが、柔道が好きな方であれば誰でも参加できます。
ぜひ、多くの柔道好きな方に来ていただきたいと思います。
もちろん子供たちも参加OKですからね。


次回は6月4日です。
来週ですね。
私は、山中湖チャプターの運営があるので参加出来ませんが、ぜひ一緒に稽古をやりましょう!

6月は最終週も開催ですから、そちらもよろしくお願いいたします。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ