中学時代に始めた柔道の魅力に嵌り、格闘技全般が好きになりました。
柔道整復師の資格を取得し、一時期は仕事として取り組んでいました。
柔道、格闘技、トレーニング、治療のことを中心に書いていきます。
よろしくお願いします。

2017年04月

オイル交換から全日本柔道選手権TV観戦

本日は朝イチで車のオイル交換へ行き、その後買い物を済ませ、午後から全日本柔道選手権のテレビ観戦予定。


10時のお店の開店時間に合わせてお店に向かいますが、なんとオイル交換待ちの列が。


オイル交換の順番は12時頃になるということ。


お願いして、一度店外に出て買い物に向かいます。


買い物では欲しい商品が見つからず、ひとつだけ買ってオイル交換に戻ります。
オイル交換が始まり、待合室で本を読みながら待ち、約一時間で終了です。


その後実家に向かい、母の様子を見ながらBS-NHKで全日本柔道選手権を観戦です。


s-2017_ajjc_poster0228


リオデジャネイロオリンピックの73キロ級の金メダリスト、大野選手の試合は面白かった。


3回戦では、原沢選手が今大会で引退を表明している百瀬選手に一本負けの波乱が。


小川選手と垣田選手の試合は垣田選手の上手さが光りましたね。


ベスト4は王子谷選手、七戸選手、上川選手に勝ったウルフ選手、そして最後の一人が同じように国士舘大学出身の戦いを制した加藤選手。


王子谷選手と七戸選手、ウルフ選手と加藤選手で準決勝です。


王子谷選手は落ち着いていましたね。
安定した戦いぶりで、七戸選手に完勝でした。
2本持った時の安定感は抜群ですが、ケンカ四つや組めない時に課題がありますかね。


加藤選手は巴投げがこの日はいつも以上に切れていました。準決勝もウルフ選手相手に炸裂しましたね。
最後はウルフ選手のスタミナに負けましだが、見事な戦いだったと思います。


決勝は王子谷選手とウルフ選手の東海大学の卒業生と現役の戦いです。


高校は東海大相模と東海大浦安の争いです。


決勝は王子谷選手の安定感が光りましたね。
マイペースで前に出て、先に攻める。
いい柔道だったと思います。

ウルフ選手の得意な組み手に何度かなりましたが、慌てずに抑えましたね。

アクシデントで治療があったのも追い風だったかもしれません。

最後の攻めは迫力ありましたね。


3度目の優勝、おめでとうございます!

これで、世界選手権の代表も決まったことでしょう。
活躍を期待します!

全日本柔道選手権と全国柔道高段者大会

全日本柔道選手権が29日、日本武道館で開催されます

s-2017_ajjc_poster0228


高校生の頃は、会場に見にいったのですが、最近は見てもテレビ観戦です。



今年はオリンピック明けの大会で、ハンガリーのブタペストで開催される世界選手権の代表を決める大会でもあり、東京オリンピックに向けた大事な試合でもあります。


今大会はIJFの試合審判規定に準じて行うことから、従来の試合とはいささか趣が変わってくると思います。

投げてポイントを取る柔道をやらないといけませんから、見る方としては分かりやすい結果になりやすいですね。

しかし、基本的に国際ルールは、体重別の試合を想定して作られていますから、全日本のような体重無差別の場合は体の小さい選手がちょっと不利なことは否めません。

そんな大会ながら、73キロ級のオリンピックチャンピオンの大野選手が挑戦するそうですから、戦いぶりが楽しみですね。


優勝候補は、全日本選抜体重別も制した、東海大相模-東海大学出身の王子谷選手。

自身3度目の優勝を目指しています。

神奈川の高校出身ですから、頑張って欲しいですね。


対抗はオリンピック銀メダリストの原沢選手。

このところ、グランプリシリーズ、全日本選抜体重別と負けが続き、オリンピックの負けから立ち直っていないような感じです。

オリンピックでは、リネール選手の上手い柔道に封印されましたが、あの試合がきっかけでルール改正が進みました。

2回目の優勝目指して気合が入っていると思います。


世界選手権銀メダリストの七戸選手も虎視眈々と頂点を狙っていますし、元世界チャンピオンでリネール選手に勝っている上川選手も悲願の日本一を目指しています。


上川選手は大型選手ながら、足技が上手いです。

大野選手とも当たる可能性がありますが、大野選手はウルフ選手という大きな壁を越えなければなりません。
その前にも試合がありますから、なかなか一筋縄ではいかないはずです。
大野選手の1本を狙う柔道は、誰が見ても面白いと思いますので、要注目ですね。


小川選手も一気に掛け上げる可能性がありますし、加藤選手の寝技は凄いし、どの試合も面白そうですね。



柔道をやっている者として、全日本選手権は出場するだけで名誉な大会です。

どの選手も悔いのない戦いをして欲しいですね。

ということで、29日はテレビで観戦です。



そんな全日本柔道選手権の前日、春日の講道館では、全国高段者大会が開催されます。
先輩、後輩、友人、知人が参加すると思いますが、私も五段に昇段したら参加したいものです。


全国からたった1試合のために、時間とお金と労力を掛けて集まってきます。
本当に柔道が大好きな選手の集まりです。

私は今まであまりこの感覚を理解できていませんでしたが、一昨年に日本マスターズの試合に出場してから、その感覚を徐々に理解できるようになってきました。

出場される選手の皆さん、ケガに気をつけて頑張ってください。

記事検索
Amazonライブリンク
広告
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ライブドアブログ