2019年世界ジュニア柔道選手権は10月16日~20日にモロッコのマラケシュで開催されます。


WORLD CHAMPIONSHIPS JUNIORS 2019


日本代表
男子
60キロ級 末松賢(明治大)、市川龍之介(東海大)
66キロ級 武岡毅(國學院大)、桂嵐斗(日本大)
73キロ級 塚本綾(日本体育大)※昨年準優勝
81キロ級 竹市大祐(大牟田高)
90キロ級 増山香補(明治大)※昨年3位
100キロ級 神垣和他(明治大)
100キロ超級 松村颯祐(東海大)


女子
48キロ級 渡邉愛子(東海大)、古賀若菜(南筑高)
52キロ級 川田歩実(修徳高)
57キロ級 袴田佳名瑚(藤枝順心高)
63キロ級 浦明澄(日本体育大)
70キロ級 朝飛真実(桐蔭学園高)
78キロ級 黒田亜紀(富士学苑高)、和田梨乃子(三井住友海上)※昨年優勝
78キロ超級 髙橋瑠璃(山梨学院大)

大会スケジュール(日本との時差は8時間)
10月16日
男子60キロ級、66キロ級、女子48キロ級、52キロ級
予選ラウンド 9時開始
決勝ラウンド 16時開始

10月17日
男子73キロ級、女子57キロ級、63キロ級
予選ラウンド 9時30分開始
決勝ラウンド 16時開始

10月18日
男子81キロ級、90キロ級、女子70キロ級
予選ラウンド 10時30分開始
決勝ラウンド 16時開始

10月19日
男子100キロ級、100キロ超級、女子78キロ級、78キロ超級
予選ラウンド 10時30分開始
決勝ラウンド 16時開始

10月20日
男女混合団体戦
予選ラウンド 12時30分開始
決勝ラウンド 16時開始


男子
81キロ級 
竹市大祐(大牟田高)

竹市選手はプールCに配され、1回戦で2019年ヨーロッパジュニア3位のZARUDNEVS,Aleksejs(LTA)選手と対戦し、右袖釣り込み腰で1分23秒一本勝ち。
2回戦は2019年グランプリブタペスト優勝、2019年グランドスラムバクー3位のGRIGALASHVILI,Tato(GEO)選手と対戦し、肩越しに背中を取る組手に対応できず、その状態を嫌って下がったところに大内刈りを合わされ、1分33秒一本負け。
初戦も感じましたが、ややフィジカルが弱く、組手に課題を感じました。国内ではそのようなことは感じませんでしたので、やはり海外勢との力の差を感じましたね。しかし、まだ高校生なので、これからが楽しみなことに違いはありません。


準決勝
AKHALKATSI,Vladimir(GEO)〇(大内返し 1:34)△SCHIMIDT,Guilherme(BRA)
GRIGALASHVILI,Tato(GEO)△(小内刈り 3:37)〇KARAPETYAN,David(RUS)


優 勝 GRIGALASHVILI,Tato(GEO)
準優勝 KARAPETYAN,David(RUS)
第三位 GRIGALASHVILI,Tato(GEO)
第三位 SCHIMIDT,Guilherme(BRA)
第五位 BEDEL,Kenny Komi(ITA)
第五位 FATIYEV,Murad(AZE)
第七位 KURBONMURODOV,Jaloliddin(UZB)
第七位 TROIANSCHI,Damian(POR)


90キロ級 
増山香補(明治大)※昨年3位

増山選手はプールBに配され、2回戦でANUARULY,Bexultan(KAZ)選手と対戦し、開始10秒左背負投げで一本勝ち。
3回戦はKABHULIANI,Ilia(ESP)選手と対戦し、背負投げで技ありを奪い、最後は大内刈りで2分17秒一本勝ち。

3位決定戦

昨年3位の増山選手は順調に勝ち上がり、勝負所の準決勝で優勝候補のBEKAURI,Lasha(GEO)選手と対戦。この試合に限っては力の差が見られました。3位決定戦は押し気味に試合を進めていましたが、一瞬の隙を衝かれました。全体的に得意の背負投げを中心に上手く攻めていましたが、この背負投げを生かす足技、そして寝技といったところが次の課題ではないでしょうか。


優 勝 BEKAURI,Lasha(GEO)
準優勝 GOZ,Roland(HUN)
第三位 MAI,Louis(GER)
第三位 PIRELLI,Gennaro(ITA)
第五位 増山香補(明治大)
第五位 MILETIC,Toni(BIH)
第七位 HAN,Juyeop(KOR)
第七位 MORISHIGUE,Igor(BRA)






女子
70キロ級 
朝飛真実(桐蔭学園高)

朝飛選手はプールAに配され、1回戦でLOBNIK,Metka(SLB)選手と対戦し、うつ伏せになった相手の腕を強引に引き出し横四方固めに抑え込み技ありを先制。その後、決め手を欠き、時間だけが進むも、残り5秒で内股が決まり、3分55秒一本勝ち。苦戦のスタートです。
2回戦は KOK,Silja(NED)選手と対戦し、この試合もやや固く、釣手の崩しがない状態で技に入るため決まらないことが続きますが、3分45秒小外刈りで一本勝ち。
プール決勝はRICKEN,Mina Agneta(GER)選手と対戦し、開始早々に内股で技ありを奪い、次いで両袖の内股を仕掛けると相手が足を上げて耐え、そこを払い腰に変化して技ありを追加し、44秒合せ技で一本勝ち。ようやくいつもの朝飛選手に戻ったか。


準決勝
朝飛真実(桐蔭学園高)〇(合せ技 4:00)△TCHANTURIA,Mariam(GEO)

初戦の1回戦、2回戦は動きも固く、危ない場面も散見されましたが、尻上がりに調子を上げ、終わってみれば全試合一本勝ちで優勝という結果でした。内容的には危ない場面も目立ち、得意の内股に頼りすぎることもあり、攻守のバランスや寝技に課題も残りました。

優 勝 朝飛真実(桐蔭学園高)
準優勝 TAIMAZOVA,Madina(RUS)
第三位 FEREOL,Morgane(FRA)
第三位 GALANDI,Marlene(GER)
第五位 RICKEN,Mina Agneta(GER)
第五位 TCHANTURIA,Mariam(GEO)
第七位 KHAIRI,Oulaya(MAR)
第七位 NARYNOVA,Moldir(KAZ)


GEORGIA TAKES THE LEAD ON DAY 3



予選ラウンド




決勝ラウンド




ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村