第68回全国七大学柔道優勝大会が7月6日~7日に福岡県の福岡武道館で開催されます。

第68回全国七大学柔道優勝大会HP

いわゆる寝技に特化した七帝ルールで行なわれる今大会は、七帝戦と呼ばれ各大学が仲間のために死力を尽くして戦う大会です。

稽古量が全てを決めると言われる七帝柔道は、従来の講道館ルール、IJF国際ルールとも一線を画し、引き込みあり、寝技の攻防に待て、場外はなし、立ち技も一本勝ちのみ(技ありはあるものの優勢勝ちはなし)という過酷なルールです。

立ち技は選手のセンスに拠るところも多いですが、寝技については反復したものが強くなります。
私が主に稽古している鎌倉柔道協会錬成会でも、参加している選手に七帝出身の方がおり、肌で実感しています。

仲間のためならどんなに苦しいことでも我慢できるという、今の日常ではちょっと忘れられた関係が見られる大会です。
卒業したOBの熱の入れようもかなりのものです。
今回も鎌倉柔道協会錬成会のメンバーの関係者は現地入りしています。


DSC_0179
このお三方は鎌倉が誇る北大柔道部OB


男子は15人の団体戦で抜き勝負で行われます。
試合時間は6分で、副将、大将戦は8分で行われる長期戦です。
トーナメント戦ですが、敗者復活戦から決勝進出も可能なルールです。

男子組み合わせ

65909680_314612299420250_4921737465552699392_n
初日が終了し、準決勝進出を果たしたのは東京大、東北大、大阪大の3校。
残る1つの枠を、敗者復活戦から京大と名古屋大が争います。
今大会はどの試合も思わぬ大差がつく結果となりました。
北大は残念ながら2敗となり、初日で姿を消すことに。

1回戦
A 東京大〇(4人残し)△京都大
B 東北大〇(3人残し)△名古屋大
C 北海道大△(4人残し)〇大阪大

敗者復活戦1回戦
D 九州大
△(3人残し)〇京都大
E 
名古屋大〇(7人残し)△北海道大

敗者復活戦2回戦
F 
名古屋大〇(3人残し)△九州大

敗者復活戦3回戦
G 
京都大△(1人残し)〇名古屋大

準決勝
H 
東京大△(1人残し)〇東北大
I 大阪大〇(1人残し)△名古屋大
received_464834217661331
received_628474244297787


決勝
J 
東北大(引き分け)大阪大
 月岡(引き分け)斉藤
 布施(引き分け)横塚
 
月岡(引き分け)斉藤
 菅原(引き分け)伊藤
 山田(引き分け)横塚
 布施(引き分け)斉藤
 月岡(引き分け)文野
received_487408152006651


15人戦って決着付かず、代表戦に突入。
代表戦は同じ選手の出場が認められ、決着がつくまで何回も行われます。
一人目、二人目、三人目、四人目、五人目、六人目と行い全て引き分け。
会場の時間の都合で次の七人目で最後ということになります。
しかし、両選手とも譲らず、七人目も引き分けとなり、両校優勝です!



優 勝 東北大 大阪大
第三位 
東京大 
第三位 名古屋大


女子は3人の団体戦で点取り試合のリーグ戦です。
今回の出場は、京都大・九州大の合同チーム、大阪大、北海道大、東京大の4チーム。


1 京都大・九州大    1勝1敗1分
2 大阪大    3勝
3 北海道大    2敗1分
4 東京大    1勝2敗

①京都大・九州大  0対1  大阪大
②北海道大  1対2  東京大
京都大・九州大  1対1  北海道大
大阪大  2対1  東京大
京都大・九州大  2対1  東京大
大阪大  2対1  北海道大

received_624950474655425


決勝
大阪大  1対1  京都大・九州大
抽選で大阪大が優勝。



ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村