8月9日から13日の5日間、鹿児島県の鹿児島アリーナ(鹿児島県鹿児島市永吉1丁目30番1号)にて2019年全国高等学校総合体育大会柔道競技が行なわれます。

組み合わせが発表されましたので、神奈川県代表選手の結果をまずは記載します。
のちほど、団体戦、個人戦を別途記載します。

about_handbook_coverimg
Photo by 全国高等学校体育連盟

大会日程
8月9日 9時開始
開会式 
男子団体戦 3回戦まで

8月10日 9時開始
男子団体戦 4回戦から決勝まで 
男子個人戦 60キロ級、66キロ級
表彰式

8月11日 9時開始
男子個人戦 73キロ級、81キロ級、90キロ級、100キロ級、100キロ超級
表彰式
15時
女子開会式
女子団体戦 2回戦まで

8月12日 9時開始
女子団体戦 3回戦から決勝まで
表彰式
女子個人戦 48キロ級、52キロ級、57キロ級
表彰式

8月12日 9時開始
女子個人戦 63キロ級、70キロ級、78キロ級、78キロ超級
表彰式
閉会式


それに先立ち、7月4日に鹿児島アリーナにて組み合わせ抽選が行なわれ、団体戦、個人戦の組み合わせが決定しました。

男女ともに各都道府県の代表1校(開催県の鹿児島県のみ2校)の48校のトーナメント戦で争われます。
男子団体戦は体重無差別の5人の点取り試合で、オーダーは固定です。
女子団体戦は体重無差別の3人の点取り試合で、オーダーは固定です。

競技規則
 (1) 国際柔道連盟試合審判規定による。
 (2) 「優勢勝ち」の判定基準
 ア 団体試合は、「技あり」又は「僅差」(「指導」差2)以上とする。チームの内容が同
等の場合は、代表選手を任意に選出して代表戦を行う。
代表戦で得点差がない場合は、ゴールデンスコア方式の延長戦を行う。
延長戦は、「技あり」以上の得点があった時点、又は「指導」の数に差が出た時点で
試合終了とする。
 イ 個人試合は、「技あり」又は「僅差」(「指導」差2)以上とする。試合終了時に得点
差がない場合は、ゴールデンスコア方式の延長戦を行う。
延長戦は、「技あり」以上の得点があった時点、又は「指導」の数に差が出た時点で
試合終了とする。
 (3) 試合時間は、団体試合、個人試合とも4分間とする。但し、延長戦(ゴールデンスコ
ア)は、時間制限を設けない。 

競技方法
(1) 団体試合(男子・女子、点取り試合) 
- 3 -
ア 試合は、トーナメント戦とする。
イ トーナメント戦の勝敗の決定は次による。
 (ア) 判定基準
 a 選手対選手それぞれの試合の勝敗は、「技あり」又は「僅差」以上とする。
 b 「僅差」は、指導差が2とする。
 (イ) 「技の内容」と「指導」の重み
【一本勝ち=反則勝ち>技あり>僅差】の順とする。
 (ウ) 団体試合のチーム対チームの勝敗の決定
 以下の項目に従って勝敗を決定する。
 a 勝ち数の多いチームを勝ちとする。
 b aで同等の場合は、「一本」による勝ち数の多いチームを勝ちとする。
 ※ 但し、一本勝ちと反則勝ちは同等とする。
 c bで同等の場合は、「技あり」による勝ち数の多いチームを勝ちとする。
 d cで同等の場合は、代表戦を行う。
 代表戦は、その対戦に出場した選手の中から任意に選出して行う。
 e 代表戦で「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、ス
コアをリセットして、ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、勝敗を決する。
延長戦で、「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、
スコアをリセットして、再度ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、必ず勝敗を
決する。
このことは、1回戦から決勝戦までのすべての試合に適用する。
 (2) 個人試合(男子・女子)
ア 体重別試合とする。
イ 試合は、トーナメント戦とする。
※ 「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、スコアをリセッ
トして、ゴールデンスコア方式の延長戦において、勝敗を決する。
延長戦で、「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、スコ
アをリセットして、再度ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、必ず勝敗を決する。
このことは、1回戦から決勝戦までのすべての試合に適用する。 


実施要綱

組み合わせ

男子団体戦
東海大相模はプールCに入り、1回戦で沖縄尚学(沖縄)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は新田(愛媛)と対戦。
3回戦は延岡学園(宮崎)、大成(愛知)、東海大大阪仰星(大阪)の勝者と対戦です。

プールAには国士舘(東京)、プールBには崇徳(広島)、埼玉栄(埼玉)、鹿児島情報(鹿児島)プールCには大牟田(福岡)、木更津総合(千葉)、福井工大福井(福井)、プールCには北海(北海道)、田村(福島)、作陽(岡山)が配されています。
プールCはかなり厳しい組み合わせになった印象です。


男子個人戦
60キロ級 林音樹(東海大相模)
林選手はプールCに配され、2回戦で川村海舟選手(高知・中村)と豊永奏太選手(石川・津幡)の勝者と対戦です。

66キロ級 笠康介(東海大相模)
笠選手はプールDに配され、1回戦で大城盛舟選手(沖縄・沖縄尚学)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は大越祐貴選手(福島・田村)と対戦です。

73キロ級 有馬雄生(東海大相模)
有馬選手はプールBに配され、1回戦で河本侑大選手(岡山・関西)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は早川潤選手(沖縄・沖縄尚学)と対戦です。

81キロ級 高橋真輝(横浜)
高橋選手はプールAに配され、1回戦で杉本将一朗選手(北海道・北海)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は間春樹選手(新潟・開志国際)と対戦です。

90キロ級 秦七伎(慶応義塾)
秦選手はプールAに配され、1回戦で小林岳選手(鳥取・鳥取東)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は中村峻平選手(福岡・沖学園)と対戦です。

100キロ級 工藤海人(東海大相模)
工藤選手はプールDに配され、1回戦で大橋洸俊選手(石川・津幡)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は堀田孝起選手(徳島・阿波)と対戦です。

100キロ超級 菅原光輝(東海大相模)
菅原選手はプールCに配され、1回戦で島健輔選手(兵庫・神戸国際大附)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は菅本直志選手(山口・高川学園)と対戦です。



女子団体戦
桐蔭学園はプールAに配され、2回戦で山形中央(山形)と東大阪敬愛(大阪)の勝者と対戦です。
3回戦は熊本西(熊本)、鶯谷(岐阜)、津幡(石川)の勝者と対戦です。

プールAには鹿児島南(鹿児島)、埼玉栄(埼玉)、プールBには比叡山(滋賀)、大成(愛知)、須磨学園夙川(兵庫)、プールCには富士学苑(山梨)、長崎明誠(長崎)、創志学園(岡山)、プールDには敬愛(福岡)、帝京(東京)、藤枝順心(静岡)が配されました。


女子個人戦
48キロ級 佐藤暖心(横須賀学院)
佐藤選手はプールBに配され、1回戦で田中華選手(佐賀・佐賀商)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は増本遥日選手(富山・富山商)と対戦です。

52キロ級 山北朱莉(桐蔭学園)
山北選手はプールCに配され、1回戦で川西陽菜選手(岡山・創志学園)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は山本萌選手(佐賀・小城)と対戦です。

57キロ級 江口凜(桐蔭学園)
江口選手はプールDに配され、1回戦で中島美輝選手(北海道・北海)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は千代村沙都貴選手(和歌山・箕島)と対戦です。

63キロ級 鈴野杏優(横須賀学院)
鈴野選手はプールCに配され、1回戦で奥井花奈選手(愛知・大成)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は仲尾芹菜選手(奈良・天理)と対戦です。

70キロ級 朝飛真美(桐蔭学園)
朝飛選手はプールCに配され、1回戦で富永実希選手(徳島・徳島北)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は山下朱音選手(長野・松商学園)と対戦です。

78キロ級 佐藤陽(三浦学苑)
佐藤選手はプールBに配され、1回戦で千田理名選手(富山・小杉)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は平岡七愛選手(広島・広島皆実)と対戦です。

78キロ超級 小宮奈々(相洋)
小宮選手はプールDに配され、1回戦で菊池百音選手(福島・喜多方桐桜)と対戦です。
勝ち上がると2回戦は山本菜月選手(大阪・星翔)と対戦です。



ブログランキングに参加しました。


柔道ランキング