イタリアのナポリのMostra d'Oltremare Pavで7月4日~7日に行われる第30回ユニバーシアード競技大会柔道競技の代表選手が決定し、全日本柔道連盟より発表されました。
ユニバーシアードということで、体重区分がいつもと少し違い、男女5階級で開催され、男女別の団体戦も行います。

第30回ユニバーシアード競技大会代表選手

国際大学スポーツ連盟HP

大会公式HP

SUMMER UNIVERSIADE NAPLES(IJF)

組み合わせ

結果



スケジュール(時差は7時間あります)
7月4日
男子90キロ級、90キロ超級、女子70キロ級、70キロ超級
11時00分 予選ラウンド試合開始
18時15分 決勝ラウンド試合開始
19時30分 表彰式
 
7月5日
男子73キロ級、81キロ超級、女子57キロ級、63キロ超級
11時00分 予選ラウンド試合開始
18時15分 決勝ラウンド試合開始
19時30分 表彰式

7月6日
男子66キロ級、女子52キロ級
11時00分 予選ラウンド試合開始
18時15分 決勝ラウンド試合開始
19時30分 表彰式

7月7日
男女団体戦
10時00分 予選ラウンド試合開始
18時15分 決勝ラウンド試合開始
20時30分 表彰式


男子
66キロ級 桂嵐斗(日本大学1年)
世界ランク5位で2019年グランドスラムパリ、グランドスラムバクー優勝のVIERU,DENIS選手(MDA)に注目です。

2017年世界カデ66キロ級王者の桂選手はプールBに配され、2回戦でAGAMAMMEDOV,Hekim選手(TKM)と対戦し、2分20秒指導3による反則勝ち。
3回戦はBEKESSOV,Damir選手(KAZ)と対戦し、1分18秒合せ技で一本勝ち。
プール決勝はNURILLAEV,Sardor選手(UZB)と対戦し、3分19秒指導3による反則勝ち。
準決勝はBOROS,Bence選手(HUN)と対戦し、お互いに技ありを取り合いゴールデンスコア4分54秒内股で技ありを奪い優勢勝ち。
決勝は世界ランク5位で2019年グランドスラムパリ、バクー優勝のVIERU,Denis選手(MDA)と対戦し、小外刈りで技ありを奪われ優勢負け。惜しくも準優勝です。


73キロ級 石郷岡秀征(筑波大学3年)
世界ランク10位で2019年アジアパシフィック選手権73キロ級優勝のTSEND-OCHIR,TSOGTBAATAR選手(MGL)、世界ランク17位で2019年アジアパシフィック選手権73キロ級3位のTURAEV,KHIKMATILLOKH選手(UZB)に注目です。

2019年ローマヨーロッパオープン73キロ級3位の石郷岡選手はプールBに配され、2回戦でHADJOUDJ,Mohamed選手(ALG)と対戦し、ゴールデンスコア4分14秒背負投げで一本勝ち。
3回戦はUDESIANI,Beka選手(GEO)と対戦し、3分52秒背負投げで一本勝ち。
プール決勝はTSEND-OCHIR,TSOGTBAATAR選手(MGL)と対戦し、隅返しで技ありを奪われ優勢負け。
敗者復活戦に回り、VENNEKOLD,Lukas選手(GER)と対戦し、背負投げで技ありを奪い優勢勝ち。
2戦目はGUSIC,Marko選手(MNE)と対戦し、46秒裏投げで一本負け。
7位で終了です。


81キロ級 友清光(国士舘大学3年)
世界ランク17位で2019年グランドスラムバクー81キロ級3位のGRIALASHVILI,TATO選手(GEO)に注目です。

2019年オディヴェーラスヨーロッパオーブン81キロ級優勝の友清選手はプールCに配され、KURTAN,Zsombor選手(HUN)と対戦し、2分14秒袖釣り込み腰で一本勝ち。
2回戦はLUPTAK,Jan選手(SVK)と対戦し、袖釣り込み腰で技ありを奪い最後は1分24秒一本勝ち。
3回戦はKOC,Muhammed選手(TUR)と対戦し、ゴールデンスコア6分15秒内股で技ありを奪い優勢勝ち。
プール決勝はCHILARD,Nicolas選手(FRA)と対戦し、4分袖釣り込み腰で一本勝ち。
準決勝はGOTONOAGA,Dorin選手(MDA)と対戦し、ゴールデンスコア4分53秒指導3による反則勝ち。
決勝はLEE,Moon Jin選手(KOR)と対戦し、技ありを取り合い延長に突入。ゴールデンスコア5分55秒友清選手が技ありを奪い合せ技で一本勝ちで優勝です。


90キロ級 田嶋剛希(筑波大学4年)
世界ランク50位で2018年世界ジュニア優勝のBEKAURI,LASHA選手(GEO)に注目です。

2019年グランドスラムエカテリンブルグ90キロ級3位の田嶋選手はプールBに配され、2回戦でSHEROV,Erlan選手(KAZ)と対戦し、1分30秒袖釣り込み腰で一本勝ち。
3回戦はBOBONOV,Davlat選手(UZB)と対戦し、ゴールデンスコア6分39秒指導3による反則負け。


90キロ超級 中野寛太(天理大学1年)
世界選手権への出場経験があるPARK,LIAM選手(AUS)、2019年グランドスラムバクー100キロ超級2位のSHAKHBAZOV,RUSLA選手(RUS)に注目です。

全日本選手権に2年連続出場の中野選手はプールBに配され、1回戦はSILVA,Joao Cesarino選手(BRA)と対戦し、3分35秒指導3による反則勝ち。
2回戦はYEA-ON,Kunathip選手(THA)と対戦し、2分30秒払い腰で一本勝ち。
プール決勝はSPIJKERS,Jur選手(NED)と対戦し、1分01秒支え釣り込み足で一本勝ち。
準決勝は2019年アジアパシフィック選手権、2019年グランプリトビリシ、2019年グランプリマラケシュ(いずれも100キロ級)で3位のKHURRAMOV,Mukhammadkarim選手(UZB)と対戦し、2分19秒出足払いで一本勝ち。
決勝はSHAKHBAZOV,RUSLAN選手(RUS)と対戦し、ゴールデンスコア4分29秒隅落としで技ありを奪われ優勢負け。
惜しくも準優勝でした。


無差別級 中野寛太(天理大学1年)
中野選手はプールBの1回戦でKOTSOIEV,Rustam選手(AZE)と対戦し、隅返しで技ありを奪われ優勢負け。
敗者復活戦はKUUSIK,Mattias選手(EST)と対戦し、2分7秒出足払いで一本勝ち。
SPIJKERS,Jur選手(NED)と対戦し、2分7秒大外刈りで一本負け。

男子団体戦
2回戦
日本 3対2 ジョージア
桂嵐斗  〇(内  股)△TUTASHVILI Giorgi
石郷岡秀征〇(大外刈り)△ UDESIANI Beka
友清光  △(優勢勝ち)〇GRIGALASHVILI Tato
田嶋剛希 △(隅  返)〇BEKAURI Lasha
中野寛太 〇(合わせ技)△TSIKORIDZE Amirani


準々決勝
日本 3対1 モルドバ
桂嵐斗  △(優勢負け)〇VIERU Denis
石郷岡秀征〇(隅  落)△STERPU Victor 
友清光  〇(袖釣込腰)△GOTONOAGA Dorin
田嶋剛希  (不  戦) MOCANU Iurie
中野寛太 〇(  不戦勝  )


準決勝
日本 1対3 韓国
桂嵐斗  〇(一本背負)△SHIN Ho
石郷岡秀征△(反則負け)〇KANG Heoncheol 
友清光  △(優勢負け)〇LEE Moon Jin
田嶋剛希 △(合わせ技)〇KIM Taeho
中野寛太  (不  戦)


3位決定戦
ドイツ 0対3 日本
桂嵐斗  〇(優勢負け)△HOFACKER Sebastian
石郷岡秀征〇(隅  落)△VENNEKOLD Lukas 
友清光  〇(袖釣込腰)△HUNFELD Janosch
田嶋剛希  (不  戦) PETERSILKA Falk
中野寛太  (不  戦) BOUIZGARNE Benjamin Bachir 


決勝
ロシア 3対2 韓国

優 勝 ロシア
準優勝 韓国
第三位 アゼルバイジャン
第三位 日本


女子
52キロ級 武田亮子(龍谷大学3年)
世界ランク35位で2018年世界選手権出場のPARK,DA SOL選手(KOR)に注目です。

2019年オーバーヴァルトヨーロッパオープン52キロ級優勝の武田選手はプールDに配され、2回戦でBABIO,Nawaliatou選手(FRA)と対戦し、3分56秒指導3による反則勝ち。
3回戦はDANILOVICH, Kseniya選手(BLR)と対戦し、2分37秒合せ技で一本勝ち。
プール決勝は
KNETIG,Emoke(HUN)と対戦し、1分7秒肩固めで一本勝ち。
準決勝はWURFEL,Annika選手(GER)と対戦し、袖釣り込み腰で技ありを奪い優勢勝ち。
決勝はPARK,Da Sol選手(KOR)と対戦し、ゴールデンスコア6分1秒小内刈りで技ありを奪い優勢勝ちで優勝です。

57キロ級 富沢佳奈(東海大学2年)
世界ランク27位で2019年グランドスラムパリ3位のKIM,JISU選手(KOR)に注目です。

2019年アジアパシフィック選手権57キロ級2位の富沢選手はプールAに配され、1回戦でSTARKE,Pauline選手(GER)と対戦し、3分56秒指導3による反則勝ち。
2回戦はBRIENZA,Beatrice選手(ITA)と対戦し、1分54秒横四方固めで一本勝ち。
プール決勝はBOUJU,Sif選手(DEN)と対戦し、2分9秒袈裟固めで一本勝ち。
準決勝はSKORA,Mariia選手(UKR)と対戦し、3分45秒横四方固めで一本勝ち。
決勝はDEBERDT,Gaetane選手(FRA)と対戦し、3分10秒合せ技で一本勝ち。
全試合一本勝ちで優勝です。


63キロ級 幸田奈々(帝京科学大学4年)
世界ランク27位で2019年グランドプリトビリシ2位のVAN DEN BERG,GEKE選手(NED)に注目です。

幸田選手はプールAに配され、1回戦でTANG,Lai Man選手(MAC)と対戦し、49秒合せ技で一本勝ち。
2回戦はBAYARBAT,Baasanjargal選手(MGL)と対戦し、1分20秒袖釣り込み腰で一本勝ち。
プール決勝はHORLAVILLE,Yasmine選手(FRA)と対戦し、3分18秒合せ技で一本勝ち。
準決勝はHAN,Hee Ju選手(KOR)と対戦し、46秒小外刈りで一本勝ち。
決勝はVAN DEN BERG,Geke選手(NED)と対戦し、1分49秒横四方固めで一本勝ち。
全試合一本勝ちで優勝です。


70キロ級 田中志歩(環太平洋大学3年)
世界ランク31位で2019年アジアパシフィック選手権2位のMATNIYAZOVA,Gulnoza選手(UZB)に注目です。

2019年アジアパシフィック選手権70キロ級優勝の田中選手はプールAに配され、1回戦でLORINC,Renata選手(HUN)と対戦し、40秒腕絡みで一本勝ち。
2回戦でCHRISTENSEN,Helene選手(DEN)と対戦し、1分16秒合せ技で一本勝ち。
プール決勝はHOFMAN,Urszula選手(POL)と対戦し、1分13秒合せ技で一本勝ち。
準決勝はMAEKELBURG,Sarah選手(GER)と対戦し、ゴールデンスコア5分54秒横四方固めで一本勝ち。
決勝はMATNIYAZOVA,Gulnoza選手(UZB)を破ったTAIMAZOVA,Madina選手(RUS)と対戦し、ゴールデンスコア4分7秒内股で一本勝ち。
見事に全試合一本勝ちで優勝です。


70キロ超級 秋場麻優(環太平洋大学4年)
2019年アジアパシフィック選手権78キロ超級2位のHAN,MI JIN選手(KOR)に注目です。

2019年グランプリフフホト78キロ超級3位の秋葉選手はプールDに配され、2回戦でZALECZNA,Anna選手(POL)と対戦し1分52秒横四方固めで一本勝ち。
プール決勝はMOHORIC,Veronika選手(SLO)と対戦し1分35秒合せ技で一本勝ち。
準決勝はGUSHCHINA,Anna選手(RUS)と対戦し、3分52秒腕絡みで一本勝ち。
決勝はHAN,MI JIN選手(KOR)と対戦し、ゴールデンスコア4分35秒指導3による反則負け。
惜しくも準優勝でした。


無差別級 秋場麻優(環太平洋大学4年)
秋葉選手はプールAに配され、1回戦でSIRBULET,Cristina選手(ROU)と対戦し、1分28秒払い腰で一本勝ち。
2回戦はAKBULUT,Sebile選手(TUR)と対戦し、34秒横四方固めで一本勝ち。
プール決勝はKYRYCHENKO,Vasylyna選手(UKR)と対戦し、43秒背負投げで一本勝ち。
準優勝はERDENEBILEG,Gandiimaa選手(MGL)と対戦し、44秒内股透かしで一本勝ち。
決勝はHAN,MI JIN選手(KOR)と対戦し、ゴールデンスコア7分46秒指導3による反則勝ちで優勝。
90キロ超級の借りを返しました。
Japanese women resume domination on tatami


女子団体戦
2回戦
日本 3対0 ウズベキスタン
武田亮子〇(合わせ技)△KELDIYOROVA Diyora
富沢佳奈〇(大外刈り)△MAMEDOVA Amina
幸田奈々〇(大外返し)△KOMOLDINOVA Khojinsa
田中志歩 (不  戦) MATNIYAZOVA Gulnoza 
秋場麻優 (不  戦) YULDASHEVA Nodira

準々決勝
日本 3対0 クロアチア
武田亮子〇(  不戦勝  )△
富沢佳奈〇(横四方固)△SIKIC Tena
幸田奈々〇(優勢勝ち)△OBERAN Iva
田中志歩 (不  戦) BABIC Lucija 
秋場麻優 (不  戦) MIOCIC Zrinka

準決勝
日本 3対0 ブラジル
武田亮子〇(合わせ技)△LIMA Yasmim
富沢佳奈〇(優勢勝ち)△NASCIMENTO Ketelyn
幸田奈々〇(上四方固)△MORAES Gabriella
田中志歩 (不  戦) SCHMIDT Aine 
秋場麻優 (不  戦) FACCHOLLI Sibilla

決勝
日本 3対0 ロシア
武田亮子〇(合わせ技)△BOBRIKOVA Daria
富沢佳奈〇(反則勝ち)△GOLOMIDOVA Natalia
幸田奈々〇(合わせ技)△BADUROVA Kamila
田中志歩 (不  戦) TAIMAZOVA Madina
秋場麻優 (不  戦) GUSHCHINA Anna


優 勝 日本
準優勝 ロシア
第三位 韓国
第三位 ドイツ


ブログランキングに参加しました。

柔道ランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク