6月22日~23日に日本武道館で2019年度全日本学生柔道優勝大会が開催されます。

男子団体戦7人制、女子団体戦5人制、3人制の点取り試合3部門で争われます。

2019b
画像は全日本学生柔道連盟よりお借りしました。


男子団体戦(62校出場)
オーダー変更は試合毎に認められますので、監督の手腕の見せ所です。
代表戦は任意の選手となり、判定の基準は個人戦に準じます。

昨年優勝の東海大、準優勝の筑波大、3位の天理大、国士舘大が第1シードとなり、ベスト8の山梨学院大、日本体育大、明治大、中央大が第2シードとなりました。

組み合わせ

プールA(シード校東海大、山梨学院大)
シード校は昨年と同じ組み合わせになりました。
東海大と山梨学院大のベスト8進出は固そうです。

プールB(シード校天理大、日本体育大)
シード校は昨年と同じ組み合わせになりました。
天理大はベスト8進出は手堅そうですが、日本体育大は3回戦で日大との対戦が予想され、大きな山場を迎えます。

プールC(シード校筑波大、明治大)
筑波大はベスト8進出は手堅そうですが、明治大は3回戦で國學院大との対戦があります。

プールD(シード校国士舘大、中央大)
国士舘大はベスト8進出は手堅そうですが、中央大は3回戦で早稲田大との対戦があります。


女子団体戦5人制(31校出場)
先鋒、次鋒は57キロ以下、中堅、副将は70キロ以下、大将は無差別となり、試合毎のオーダー変更が認められています。
代表戦は任意の選手となり、判定の基準は個人戦に準じます。

昨年優勝の山梨学院大、準優勝の龍谷大、3位の桐蔭横浜大、国士舘大が第1シードとなり、ベスト8の帝京科学大、帝京大、東海大、福岡大が第2シードとなりました。

組み合わせ

プールA(シード校山梨学院大、福岡大)
山梨学院大は2回戦から登場し、日大と岡山商科大の勝者と対戦です。
福岡大は東北福祉大と1回戦で対戦です。

プールB(シード校国士舘大、帝京大)
国士舘大は松山東雲女子大と1回戦で対戦です。
帝京大は星槎道都大と1回戦で対戦です。

プールC(シード校龍谷大、東海大)
龍谷大は広島国際大と1回戦で対戦です。2回戦は東京学芸大との対戦が濃厚です。
東海大は中京大と1回戦で対戦です。

プールD(シード校桐蔭横浜大、帝京科学大)
桐蔭横浜大は日本体育大と1回戦で対戦です。
帝京科学大は筑波大と1回戦で対戦です。勝ち上がると環太平洋大との対戦が濃厚です。



女子団体戦3人制(32校出場)
体重無差別で、試合毎のオーダー変更が認められています。
代表戦は任意の選手となり、判定の基準は個人戦に準じます。

昨年優勝の早稲田大、準優勝の明治国際医療大、3位の九州共立大、創価大が第1シードとなり、ベスト8の慶応義塾大、姫路独協大、福岡工大、東京女子体育大が第2シードとなりました。

組み合わせ

プールA(シード校早稲田大、姫路独協大)
早稲田は城西国際大と1回戦で対戦です。
姫路独協大は松山東雲短期大と1回戦で対戦です。

プールB(シード校九州共立大、東京女子体育大)
九州共立大は大東文化大と1回戦で対戦です。
東京女子体育大は名古屋商科大と1回戦で対戦です。

プールC(シード校明治国際医療大、福岡工大)
明治国際医療大は防衛大と1回戦で対戦です。
福岡工大は了徳寺大と1回戦で対戦です。

プールD(シード校創価大、慶応義塾大)
創価大は埼玉大と1回戦で対戦です。
慶応義塾大は福岡教育大と1回戦で対戦です。
スポンサードリンク