神奈川県高校総体柔道競技団体戦の組み合わせが発表されました。

男子団体戦は5人の点取り試合、女子団体戦は3人の点取り試合で行なわれ、オーダーは固定、体重無差別で行なわれます。

男子団体戦
3校から4校でリーグ戦を行い、1位校が決勝トーナメントに進出です。

組み合わせ

メンバー表

第1試合場
リーグ①
桐蔭学園対湘南学院
桐蔭学園対光明学園相模原
湘南学院対光明学園相模原

リーグ戦②
鶴見大附属対秦野・秦野総合
桐光学園対藤沢翔稜
鶴見大附属対藤沢翔稜
桐光学園対秦野・秦野総合

リーグ戦③
横浜対鎌倉学園
茅ヶ崎対神奈川工業
横浜対神奈川工業
鎌倉学園対茅ヶ崎

決勝トーナメント1回戦
リーグ戦②の勝者対リーグ戦③の勝者

第2試合場
リーグ④
慶応義塾対横浜創学館
慶応義塾対逗子開成
横浜創学館対逗子開成

リーグ戦⑤
相洋対山手学院
相洋対柏木学園
山手学院対柏木学園


第3試合場
リーグ⑥
立花学園対相模田名
立花学園対新羽
相模田名対新羽

リーグ戦⑦
武相対慶応義塾湘南藤沢
武相対浅野学園
慶応義塾湘南藤沢対浅野学園


第4試合場
リーグ⑧
日大藤沢対日大
日大藤沢対希望が丘
日大対希望が丘

リーグ戦⑨
法政二対伊志田
平塚工科対桜丘
法政二対平塚工科
伊志田対桜丘

リーグ戦⑩
東海大相模対藤嶺藤沢
東海大相模対二宮
藤嶺藤沢対二宮


決勝トーナメント1回戦
リーグ戦⑧の勝者対リーグ戦⑨の勝者


準々決勝
リーグ戦①の勝者対リーグ戦②対③の勝者
リーグ戦④の勝者対リーグ戦⑤の勝者
リーグ戦⑥の勝者対リーグ戦⑦の勝者
リーグ戦⑧対⑨の勝者対リーグ戦⑩の勝者


準決勝



決勝


優勝争いは桐蔭学園と東海大相模の2強が抜け出しています。
オーダーは、桐蔭学園はエースの中野智博選手を登録せずに温存し、安藤健志選手も補欠登録になっています。
対する東海大相模は、近藤那生樹選手を登録せずに温存し、有馬雄生選手が補欠登録となっています。
桐蔭学園は中野選手、安藤選手の2名の配置が勝敗を大きく左右することになりそうです。中堅持田龍己選手、副将町方昂睴選手の副将は変更ないでしょうから、対戦相手を見ながら配置してくると思います。
東海大相模は中堅工藤海人選手、副将山本銀河選手、大将菅原光輝選手の変更はないと思いますので、近藤選手、有馬選手は先鋒、次鋒のいずれかに配置されると思います。
両チームはオーダーの読み合いになると思います。実力的には東海大相模が一歩リードしていると思いますが、オーダーは桐蔭学園がやや有利なようにも見えます。さて、どうなりますか。

母校日大藤沢は日大、希望が丘と同じリーグに配されました。
今年の日大はかなり強力なメンバーを揃えており、苦戦は必至です。葉山喜士選手が確実に1点を取り、その他の選手が失点をどれだけ抑えるかがポイントだと思います。
先鋒の一ノ瀬選手の踏ん張りが流れを作りますので、期待したいと思います。



女子団体戦
3校づつ4つのブロックにてリーグ戦を行い、1位校が決勝トーナメントに進出です。

第1試合場
桐蔭学園対湘南学院
桐蔭学園対二宮・伊志田
湘南学院対二宮・伊志田


第2試合場
三浦学苑対日大藤沢
三浦学苑対白鵬女子
日大藤沢対白鵬女子


第3試合場
相洋対立花学園
相洋対横浜創学館
立花学園対横浜創学館


第3試合場
横須賀学院対法政二
横須賀学院対光明学園相模原
法政二対光明学園相模原


準決勝
第1試合場の勝者対第2試合場の勝者
第3試合場の勝者対第4試合場の勝者


決勝


優勝争いは桐蔭学園と横須賀学院の争いとなりそうです。
桐蔭学園は全国選手権無差別級優勝の朝飛真実選手を補欠に置き、恐らく大将に投入すると思います。
先鋒には関東予選63キロ級優勝の猪川そよ選手、中堅に全日本カデ57キロ級優勝の江口凛選手という布陣です。
横須賀学院は先鋒にインターハイ予選63キロ級2位の横山莉子選手、中堅にインターハイ予選52キロ級2位の葛巻七美選手、大将にインターハイ予選78キロ超級2位の内田好夏選手を配置しました。補欠には63キロ級の笹原芽依選手が入っていますが、インターハイ予選63キロ級優勝の鈴野杏優選手は登録外となっており、中堅に入ってくるのではないかと思います。
桐蔭学園は大将に入るであろう朝飛選手での得点が濃厚ですから、横須賀学院としては体重差のある中堅戦で何が何でも先制したいところです。しかし、桐蔭学園江口選手の実力もかなりのものですから、どうなるでしょうか。
母校日大藤沢は、三浦学苑、白鵬女子という強豪揃いのブロックに入りました。両チームとも実力校ですので、全力を尽くしてもらいたいと思います。