神奈川県総体柔道個人戦の組み合わせが発表されました。
試合は、5月18日、19日に神奈川県立武道館で行なわれます。

5月18日
男子60キロ級、66キロ級
女子48キロ級、52キロ級、57キロ級、63キロ級、70キロ級、78キロ級、78キロ超級

5月19日
男子73キロ級、81キロ級、90キロ級、100キロ級、100キロ超級

男子個人戦組み合わせ

女子個人戦組み合わせ


男子
73キロ級(81名)
第1シードは選手権予選優勝の有馬雄生選手(東海大相模)、第2シードは選手権予選2位の須永陸也選手(桐蔭学園)、第3シードは選手権予選3位の下里成已選手(横浜)、第4シードは選手権予選3位の鈴木健太選手(日本大学)となりました。
ベスト8に残った中島大成選手(相洋)が有馬選手の山、番場裕太選手(武相)が鈴木選手の山、芝田光輝選手(立花学園)が下里選手の山、塚田瞭馬選手(桐光学園)が須永選手の山に配されました。
日大藤沢勢は、内田遼選手が番場選手の山に配され、2回戦で古都全選手(相洋)と対戦です。
勝ち上がると3回戦で昨年の全中73キロ級優勝、全日本カデ73キロ級3位の平野蒼空選手(桐蔭学園)と対戦する山場が待っています。
勝ち上がるとベスト16で番場選手と対戦になります。
一之瀬太晟選手は塚田選手の山に配され、2回戦で本多海空斗選手(相洋)と佐野悠人選手(藤嶺藤沢)の勝者と対戦です。
勝ち上がると3回戦で寺田吉英選手(日本大学)との対戦になりそうです。
ベスト16では塚田選手、椙本真玄選手(東海大相模)、白井岳選手(横浜)の勝者と対戦になりそうですが、白井選手でしょうか。
優勝候補は有馬選手ですが、須永選手も虎視眈々と狙っており、新戦力の平野選手にも注目です。
内田選手は厳しい組み合わせですが、ここを勝ち抜けばいいところまで上がりそうです。


準々決勝





準決勝


決勝


優 勝 
準優勝 
第三位 
第三位 

81キロ級(53名)
第1シードは選手権予選優勝の高橋真輝選手(横浜)、第2シードは選手権予選2位の山本成寿選手(桐蔭学園)、第3シードは選手権予選3位の西岡伊織選手(東海大相模)、第4シードは選手権予選3位の松永蓮太郎選手(慶応義塾)となりました。
関東予選無差別級のブロック決勝に残った白坂奏選手(相洋)が高橋選手の山、ベスト8に残った三谷総司選手(立花学園)が松永選手の山、五島隆太選手(武相)が西岡選手の山、山本昇汰選手(日本大学)が山本成寿選手の山に配されました。
日大藤沢勢は、加藤歩夢選手が高橋選手の山に配され、1回戦で橋本卓典選手(逗子開成)と対戦です。
勝ち上がると2回戦で高橋龍冴選手(武相)と下山晃毅選手(浅野)の勝者と対戦です。
3回戦では高橋選手と対戦になりそうです。
高橋真輝選手の勝ち上がりが濃厚ですが、山本成寿選手、西岡選手もこれを追いかけます。


準々決勝





準決勝


決勝


優 勝 
準優勝 
第三位 
第三位 


90キロ級(30名)

第1シードは関東予選無差別級3位の秦七伎選手(慶応義塾)、第2シードは関東予選無差別級4位の佐藤涼火選手(東海大相模)、第3シードは昨年インターハイ予選81キロ級2位のニャン ババカル選手(横浜)、第4シードは田所力輝斗選手(横浜)となりました。
その他の有力選手は、田所選手の山に全日本カデ90キロ級3位の近藤那生樹選手(東海大相模)がおり、1回戦で山野井翔一選手(日大藤沢)と対戦です。
持田龍己選手(桐蔭学園)が順当に行けば2回戦で佐藤涼火選手と対戦する組み合わせで、この試合の勝者が準決勝進出となりそうです。
優勝候補は秦選手ですがやや取り味が遅いので、近藤選手、ババカル選手、持田選手、佐藤選手などにもチャンスがあります。


準々決勝





準決勝


決勝


優 勝 
準優勝 
第三位 
第三位 


100キロ級(30名)

第1シードは関東予選無差別級優勝の安藤健志選手(桐蔭学園)、第2シードは関東予選無差別級2位の工藤海人選手(東海大相模)、第3シードは中野智博選手(桐蔭学園)、第4シードは山本銀河選手(東海大相模)となりました。
いずれも学校を代表するエースクラスが集中しています。
これ以外の有力選手は、関東予選無差別級でブロック決勝に上がった今城拓己選手(日本大学)、金子竜士選手(東海大相模)あたりでしょうか。
日大藤沢からは葉山幸昌選手が山本選手に1回戦で挑みます。
決勝は安藤選手と山本選手の勝者と中野選手と予想します。


準々決勝





準決勝


決勝


優 勝 
準優勝 
第三位 
第三位 


100キロ超級(15名)

第1シードは全日本カデ優勝の菅原光輝選手(東海大相模)、第2シードは藤島将太選手(東海大相模)、第3シードは関東予選無差別級でブロック決勝に上がった町方昂睴選手(桐蔭学園)、第4シードは葉山喜司選手(日大藤沢)となりました。
この4名がベスト4に勝ち上がりそうですが、伏兵も隠れていそうです。
全日本カデに出場した尼田光志朗選手(東海大相模)は町方選手の山にいて、対戦が楽しみです。
優勝争いは菅原選手が中心になると思いますが、初戦で当たると思われる前川優翔選手(藤沢翔稜)には、壁は厚いものの頑張って欲しいですね。


準々決勝





準決勝


決勝


優 勝 
準優勝 
第三位 
第三位 



スポンサードリンク