3月16日に岐阜メモリアルセンターにてWBO世界フライ級チャンピオン田中恒成選手と元WBA・IBF世界ライトフライ級チャンピオンで、WBO世界フライ級4位の田口良一選手の対戦が決定しました。

Screenshot_20190110-223639


チャンピオンの田中選手は初防衛戦となります。


両者は2017年の大晦日に当時WBO世界ライトフライ級チャンピオンだった田中選手とWBA・IBF世界ライトフライ級チャンピオンだった田口選手の統一戦が計画されていましたが、田中選手が防衛戦で眼窩底骨折を起こし流れた経緯があります。


田口選手は減量が厳しくなり、ヘッキー・ブドラー選手との防衛戦では動きが鈍かったですが、階級を上げたことにより回復していると思います。
田中選手も階級を上げたことでパワーが付いているのは間違いありません。
しかし、あの井上尚弥選手も田口選手を倒せませんでしたから、田中選手もダウンを取るのは難しいのではないでしょうか。
好試合になること間違いないと思います。
ロングレンジからのパンチは田口選手、スピードでは田中選手だと思いますので、距離の取り合いが重要になりそうですね。


日本人対決であり、さらに実力者同士の試合ですから、間違いなく盛り上がることでしょう。
試合が待ち遠しいですね。