QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO
—Japan Open Team Championship 2019—


20190203_fn2_thumb-1

QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO





TEAM U-JAPAN
髙阪剛、横井宏考、ミノワマン、所英男、中村大介

TEAM CARPE DIEM
ハイサム・リダ、デヴィット・ガルモ、山田崇太郎、トーマス・ミッツ、レダ・メブトゥシュ 

TEAM SHREK(仮称)
関根“シュレック”秀樹、中村勇太、セルジオ・リオス・ダ・シルバ、デクラン・ムーディー、イゴール“ファットニンジャ”タナベ

TEAM NEO JUDO
小見川道大、出花崇太郎、吉田善行、松本光史、小澤幸康

1チームの総体重は430キロ(レギュラーウェイト)


1月16日に試合の組み合わせ割り箸抽選がQUINTET.1優勝メンバーのクレイグ・ジョーンズによって行われ、TEAM U-JAPAN対TEAM NEO JUDO、TEAM CARPE DIEM対TEAM SHREK(仮称)が対戦することが決まりました。


抽選会(笑)の模様

1回戦第1試合
TEAM U-JAPAN対TEAM NEO JUDO

1回戦第2試合
TEAM CARPE DIEM対TEAM SHREK(仮称)



ルール(抜粋)
試合場は12m四方のレスリングマット。
場内外とのエリアは設けない。
転落等の危険がある場合、試合を中断し安全な位置に移動して同姿勢から再開。

試合は5対5の勝ち抜き戦で、引き分け場合、次の選手と交代。
勝敗は、サブミッション(関節技)、絞め技、失格(指導3の累積)、レフリーストップの4種類の1本勝ちのみで決まる。
大将同士のみ指導差での決着があり、同数の場合チームでの指導差で決定。それも同じ場合、大将戦の旗判定で決着。

試合時間は基本8分。
体重差がレギュラーウェイトで20キロ以上(ライトウェイトで10キロ以上)ある場合は4分間。

基本的に打撃はなしのグラップリングのみ。

下記の行為が禁止行為となります。
  • ヒールフック
  • スラム及びスパイキング(頭部に直接ダメージを与えるような攻撃)
  • ネッククランク(頸椎のみをねじる行為)
  • 体重を乗せたネックロック
  • かに挟みによるテイクダウン(スタンド)
  • ジャンピングクローズドガード
  • 噛み付き、⻭を押しつける
  • 頭髪、体⽑、⿐、⽿を掴む
  • 性器または⽬への攻撃または圧迫
  • 意図的なあらゆる種類の外傷的打撃(パンチ、肘、膝、頭突き、キックなど)

  • 指導となる反則。
    違反行為(指導の対象)

    • 膠着を誘発するクローズドガード
    • ポジションをキープするだけで攻撃の意図が見られない場合
    • スタンドでテイクダウンを狙わずディフェンシブに動き回る行為
    • 故意に対戦相手を試合場から転落させようとする行為
    • 故意に試合場から逃避する行為
    • 一度に3本以下の指を掴む
    • 対戦相手を掴んでいない状態で座る行為
    • 主審及び2名の副審全員が消極的と判断した場合
    • 審判の指示に従わなかった場合

    指導を受けた選手は、A試合場中央で四つんばいになった状態(レスリングのパーテルポジションと同じ)、B相手の背中に対して直角に立つ、Cカレッジスタイルのいずれかを選択し再開。

    両者指導の場合、立ち技からの再開。
    反則によりダメージが大きい場合、1回でも反則負けとなる場合があり。

    また、シューズの着用、ファウルカップの着用、体にクリームやオイル等と塗布すること、貴金属類の着用は禁止。

    1回戦のオーダーは発表されている通りで、決勝(次戦)は試合に出場していない選手を優先的に組まなければならない。

    審判委員長は中井祐樹氏。

    ルール詳細