2019年日本ベテランズ国際柔道大会は福井県の福井県立武道館で5月18日、19日の2日間開催されます。

2019v001
2019年日本ベテランズ国際柔道大会

私は昨年のM4(45歳~49歳)のカテゴリーからひとつ上のカテゴリーM5(50歳~54歳)に上がり、初めての大会です。
年齢的にはアドバンテージが大きいですね。

試合の数日前、日本マスターズ協会から着電があり、試合のエントリーフィーの入金確認が取れないとの事。
随分前に入金したことを伝えると、名前の読み違いで見つかったということで、ホッと一息でした。

この試合向け、GWは10日間の強化練習(笑)を自身に課し、1週間前の神奈川県高段者大会に出場し、調整を続けてきました。


大会前日に同じく大会に出場する平松慶氏と車で移動です。
調整の練習を滋賀県立伊香高校で行ないました。
何故かというと、日本工学院八王子専門学校の炎の乱取祭りで稽古をやった脇坂博也君が、地元の伊香高校に戻り先生としていたため、お誘いを受けた次第です。
10時半前に高校に着き、急いで着替えて乱取を5本ほどやらせてもらい、体重調整を行うことができました。
伊香高校のみなさん、ありがとうございまいた。

received_2788978664477389

DSC_0259

稽古終了後、脇坂先生に連れられ、つるやパンでサラダパンを購入に。
映画「カメラを止めるな!」で一躍全国区となったサラダパンを作っている本店が目と鼻の先にあったのです。
DSC_0261

DSC_0263

DSC_0272

そして、このパン屋さんの手前には、「すし慶」という店があり、先には明楽寺(みょうらくじ)というお寺があり、何だか不思議な気分に。

DSC_0262

DSC_0264

DSC_0265

私や平松氏とは何にも関係ありませんが、思わず顔を見合わせました(笑)


続いて福井に移動し、スーパー銭湯で時間調整を兼ねて汗を流し、サッパリとして会場入り。
既に計量、受付が始まっており、友人たちとも合流です。

DSC_0273

DSC_0266

無事に受付、計量をパスし、明日に備えて宿に向かいます。
今年も昨年に続き、母親を連れてきており、あわら温泉へ移動。
福井のビッグベリーにも顔を出し少し驚かせた後、東尋坊に寄り道しましたが、あいにくの曇り空でサンセットは見られず。

DSC_0268

DSC_0271

ホテルにチェックインし、温泉を楽しみ、夕食を全て平らげ、早めに就寝しました。


翌日、9時過ぎに会場入りし、組み合わせを確認。
M5 66キロ級は、11名の参加でしたが、直前で昨年優勝の岡村先生がケガのため欠場するという事をご本人から伺い、関東から一人だから頑張れと気合を入れていただきました。

60688257_1966679153436799_5299683047023575040_n

DSC_0275

DSC_0274

そんなこともあり、組み合わせは9名でしたが岡村先生が欠場のため8名での争い。
私は2回戦からで、新潟県の山岸和重六段と対戦です。


事前情報はまったくなく、組手すらも分かりませんでした。
始まると、動きの感じから右組みというのが分かり、ケンカ四つの定石通り釣手から取り、上からプレッシャーを掛けながら引き手を取り、足技から攻めます。
慌てて攻めないように注意しつつ、山岸選手は組際に小内刈りを狙ってきていたので、そこにも対処します。3回目の待ての後、引き手を持ち、内股のフェイントの後に小内刈りで牽制を入れ、体制を整えようと体が伸び上がる瞬間に巴投げが上手く決まり一本勝ちできました。
昨年西尾選手に一本負けした巴投げで勝てました。



準決勝は愛知県の平賀誉治参段です。
準々決勝は非常に力強い試合運びが印象的でした。
組手は右で、再びケンカ四つです。
先ほど同様に釣手から押さえ、上からプレッシャーを掛けつつ引き手を取り、足払いをひとつ入れてから右に動き得意の出足払い一閃。
タイミングよく決まりました。

決勝は和歌山県の谷前昇五段です。
準々決勝は不戦勝、準決勝のみ戦っており、2試合目で体力も十分です。
組手は左の相四つです。
引き手から取るのがセオリーですから引き手を押さえ、釣手も取ります。
その状態で前に引き出しつつ巴投げに入ると大きく飛び技ありを先制できました。
その後、谷前選手も反撃に出たいところですので、2種類の巴投げを中心に攻め、指導2まで追加します。そして、最後も巴投げを打ったところで時間となり優勢勝ちです。

技ありを先制したことにより、気持ちの中で守りきりたいという弱気が大きくなっていました。
何とかその気持ちを抑え、攻めることをしようと奮い立たせながらの3分間でした。
試合終了後に余裕はなく、両足は痙攣する寸前、息も上がっていました。

DSC_0296


2015年の日本ベテランズ国際柔道佐賀大会に初めて出場し3位。
リベンジを狙って翌年もエントリーしますが、仕事の関係で計量に間に合わず不出場。
その翌年もエントリーはしたものの仕事の都合で欠場。
2018年愛媛は出場するも再び3位。
そして今年、ようやく優勝を勝ち取れました。



何とか勝ちたいと、ホームである鎌倉柔道協会錬成会、母校日大藤沢高校での稽古、日本工学院八王子専門学校の炎の乱取祭り、藤沢翔稜高校、錬成塾、GOKITA GYM、最後の調整をさせていただいた伊香高校など多くの方にお世話になり、稽古を積んだ結果です。
この場を借りてお世話になった方々に御礼申し上げます。


試合前の段階では勝ちたくて仕方ありませんでしたが、試合が近づくに連れ勝ち負けを余り気にしない心境に変化していました。
落ち着いて試合に挑めたのが良かったのでしょう。

それはこのサインを一番最初に見つけたからかも。
DSC_0295
べにばな国体に出場した時の監督、鉄人中西英敏先生のサインを何故か一発で見つけてしまいました。


個人的に当然初の日本一という称号は非常に重く、嬉しいものでもあります。
2021年にはワールドマスターズゲームズが関西圏を中心に開催され、柔道競技は米子で開催されるそうです。
来年、66キロ級で2連覇を狙うか、階級を上げて(下げて?)2階級制覇を狙うかは未定ですが、ワールドマスターズゲームズにも出場したいと考えています。


2014年に18年ぶりに柔道に復帰し、5年掛かりここまで戻し、これからも続けることと思います。
生涯の目標として、この大会には出場を続けたいと思います。

最後は高校の大先輩でM8 81キロ級で優勝した岩本先生と入り口で写真を撮らさせていただきました。

DSC_0298

さあ、また頑張りましょう!